釣行記

釣行記

2017年7月24日 (月)

7/23 小鮎釣りとBBQで遊ぶ…

快晴で少し風があり過ごしやすい中での小鮎釣り…!と行きたかったのですが、23日は変なお天気でしたな…。

台風の気圧の関係か?曇り空ながら蒸し暑く風もなし、朝方少し雨がパラッと…、それでいて紫外線の強い一日でございましたな…。

そんな日曜日、恒例になりつつある三重釣り歩記会番外編「小鮎釣りとBBQして遊ぼう会」参加で、滋賀県は甲良町の犬上川河畔での小鮎釣りを楽しんできましたよ~。

関西・泉南の方面からでは少し遠い…時間的より高速代が高い!(笑)ですが、丁度良い?人数の皆さんにお集り願って楽しんでまいりましたな。

早い時間(朝6時)の道の駅「せせらぎ」集合としてましたが、皆さん早い!
好き人が5時40分頃着いたら皆さんとうちゃこされていて、としくんんは現場下見を終えてきてましたよ!

朝の挨拶とトイレ…河原にはトイレが無いので近くの道の駅は大事なポイント!(笑)

早速近くの釣り場に移動です。

甲良町金屋地内の現場にするには訳がありまして・・・。
1.無料の駐車スペースがある(沢山止まります)
2.足場が比較的良くて釣りやすい。
3.良い流れのあるポイント。
4.無料で釣れる。
5.BBQしても苦情こない(近くに民家無く、スペースも確保できる)

欠点?としては・・・
1.人気スポットでいつも人が多い!
2.釣れる時期が遅い!(ダム放流含む水量が増えないのが原因)
   (琵琶湖湖畔に近づくほど早くから釣れます。例えば芹川や彦根港、志賀の浜ほか)

当初計画からは人の出入りがありましたが、当日参加くださったのは「Kyontaさん」「としくん」「とも33号さん」「TAKEYOSIくんに彼女とはとこの子」「よっしーさん」に好人の8人どしたな。

さて現場報告です(笑)

6時で早いと思われたのですが、車多く人も多かったですね。
階段から下流は埋まっていたので全員で上流側のブロック帯に入ります。
このブロックは角型で水平に置かれてよい足場を形作っておりまして、往来も比較的容易なよい釣り場です。(笑)

ちなみにブロックには草は生えておりませんな(笑)

皆さん釣り始めますが、ともさんとKyontaさんは初めてのため指南です…、竿から仕掛けからすべて用意させてもらいましたが、唯一撒き餌だけは作ってくるようにと…(笑)

ちなみに撒き餌さですが、釜揚げシラスやちりめんと言われる物、これの300gぐらいをビニールの中で手でグニャグニャと潰します…20分もすればできます…、このまま使ってもよし、小麦粉やパン粉を繋ぎにして少し硬くしてもよろしいな!

2人には4.5m竿にパール付き5本針に撒き餌カゴスタイルでやってもらいます、まぁ慣れるまで…慣れれば大丈ぶい!

昨年の良かった時ばかり頭にありますが、今年は変??? 鮎がい・な・い???
川中を泳ぎ回る鮎に驚いたものですが、今年は鮎の影が薄い???

居るにはいるが偏っていますな!?
機械屋さんやにゃまずさんからは、良い悪いとの日記や案内をいただきけねんしてましたが、昨年ほどの鮎の沸き方ではなかったですし、川の水は段々と減水していきましたです。

さて皆さん、開始後ポツポツと掛けていかれますな。

好人めは余呉湖のワカサギ釣りで買った3mの短竿に同じ5本針仕掛けでスタートでしたが、鮎のいない場所付近に陣取ったようで長い間一人ボーズが続きましたな。
1時間近くはボーズだったでしょうか?

3mではあまりに短すぎて攻めきれないと判断し、竿を5.3mのハエ竿にチェンジします。ようやく釣れだしましたぞ~!!

それからはコンスタントに釣りあげましてね、すぐともさんは追い抜きましたです(笑)

ただ、5本針の仕掛けに反応が悪い気がして、3人ともに8本パールビーズ仕掛けに変更してからの方が、よく掛かりましたね。
いへ、5匹も6匹もと一辺には釣れないんですが、空振り無しに釣れてきた気がします。

が、新人のお二人は鮎に走られて仕掛けをぐちゃぐちゃにされること多く、仕掛けの予備がほぼなくなりましたわ!!

また、好人めは良い当り場所を見つけ、竿もまた3mの短竿に変更してから釣れ続けます、それは足元の流れ!
というか手前の強い流れの中に光明を得ましたな!

隣で釣る名張からお越しの安田さんは4.5mの竿で沖釣り、その間の辺りで掛かってきますな、沢山釣れましたよ!

9時半ころからともさんが飽きだしたような??
BBQはまだですか?ときた・・・10時か10時半からと突き放す(笑)

釣ってるととしくんが準備すると言ってきたので、10時半ころ中断してBBQ準備です。

ここからなが~いBBQタイム!

小鮎のから揚げは少し、それよりはとこくんには生鮎を焼いて食べるのが良かったようですな…(笑)
流しそうめんは大人気! 去年も人気で、来年あればこれはもう決定!

Kyonntaさんには得意のサラダを、その他焼肉に揚げタコ焼き(上げ方悪く不人気:笑)、デザートにスイカに桃と…、持ち寄りの食材で美味しくゆったりいただきました。

後半戦から午後の部突入!

今日の好人、朝一の不振を吹き飛ばしてよく釣れてきますな。
しかし、5連が2回だけで1匹掛けが多いですな。2連3連掛けを狙いますがなかなか?難しくて…、続けて3連掛けがくるともっと数は伸ばせたんですが…。

また、遡上が遅くて成長弱く、丁度の小鮎ちゃん、12㎝にもなるようなサイズは皆無でしたな。数はいるが食いつきが悪い!?気がしましたねぇ。

2時半ころ? 2時頃?記憶あいまい! 釣り終了!

みんなの釣果を確認してませんが100匹以上は硬いはず!(笑)

金曜日からこちら腰が痛くて動きが悪い中出かけましたが、屈む捻るなどしなければ動けるし釣りできるしで良かったです…帰ってから酷くなったか?

皆さんと、次回は「ワカサギ釣り」を!とお約束して?帰路につきました

帰って釣果を確認するとちょうど170匹。うちモロコ3匹含む:笑
腹だしするのに40分も…会社の子に上げようと頑張った!

楽しい一日終了です、海上釣堀とはまた違った趣がありますよ、次回はまたご参加くださいまし~!

この後の好人、27日は休みですが腰痛の養生に詰めようと思います…、その上で29日と30日の郡上八幡鮎合宿に参加予定でおます。
その翌週5日は三重釣り歩記会で夏場の「辨屋さん」釣行予定ですな。

またご一緒に遊んでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

7/16 船のタチウオ釣り(大阪第三八千代丸)

16日、ふと間違って?りょうさんお誘いの船タチウオ釣りに参加ポチッと押してしまった(笑)

とはいへ、久しぶりのサザンさんほか関西へのお邪魔なので、まぁ関西の釣り友さんへのご挨拶ということで…(笑)

サザンさんへは今年の2月以来、タチウオ釣りは去年の10月以来となりますな。

何時に出れば何時頃着くかもあいまいになり、朝までシュミレーションしていたが(笑)、出船場所の樽井港はサザンさんのある漁港。
そこからの出船なので、3時に出れば5時半に着くな!?と思いつつ1時40分に起きて2時40分には家を出ましたな。

それでも途中で心配になり、南阪奈道から引き続き高速ばかり走りましたら、丁度5時に樽井港に着き、今日乗る第三八千代丸さんの駐車場もすぐわかり車を止めました。
誰よりも一番乗りでしたな…。

すぐりょうさんとぐっぴさん到着。あとは順次到着される中、言われるまま乗船名簿を記入してましたな(笑)

釣座の抽選でとのかっちゃんに続いて2番が当たりラッキー、左舷大艫を選択しましたな。お隣はしばさんでしたが、舳先に向かい左舷側にはよっしーさん、ぶっちさん、とも33号さんにマップさんの6人が…。

右舷側には大艫からとのかっちゃん、TAKEYOSHIくんにお友達、ぐっぴさんにkyonntaさんと幹事のりょうさんの6人での出船でございましたな!

6時少し前に出船、一路どこへ向かうのやら…(笑)、関西空港の左端を回って大阪湾へ走っていきますが、行く途中はゆっくりと朝飯時間です。

チャーハンを食べ、春巻きと生きゅうりでビール1杯…ええ気分です。(笑)

およそ50分、どこかしらんがポイントにとうちゃこ~! 他の釣り船も終結していますな。

今日の八千代丸さんには、氷とエサ(イワシ)が付いてます。

早速エサのイワシをもらい釣り開始! 65mライン

新しく買ってきたD社製ゼブラ柄のテンヤを使用するが当たりが出ませんで…?

暫く当たりが出なかったが右舷側のとのかっちゃんに来ましたな、ええな~! 
そのうちTAKEYOSI君にもこちら側のよっしーさんにも大きめのが釣れてます、ええなぁ!

みなさん1~3匹ほど釣られたでしょうか?

わしと隣のしばさんには当たりすら来ない!?

りょうさんによればほに小さな当りを拾うんだ!?とのことだが、電動スロー巻き上げ、しゃくり巻?など駆使できることはするんだが、当たりらしきものが拾えませんな?

それでもどれぐらい経ってからでしょうか? 大きなググッという待望の当りを合わせましたよ~、待望の1匹ゲット! やれやれ…。

続いてもう1匹、少し小さめですけど釣れてくれました。

当りは明確に出ます…だから誘っていてグッと来ないときには当たりも来てない?論理ですが…(笑)

2匹が釣れてからしばらく間がありましたかな?

後ろの二人とよっしーさんは3匹目もゲットしてるし! ええな~!

時間の経過など覚えちゃいませんが、その後にわしは2匹を追加、計4匹になってましたが、5匹目が惜しい!?

掛かりましてな水面まで巻き上げてきて、船上へ引っ張り上げようとした瞬間にフッとタチウオがフックオフ!? でさよなら~(涙)

針が突き刺さってなかったんでしょうなぁ? 
それまでは完全に口の中まで刺さっていて、そんな外れるという状態は無かったので、不思議ですわ?

残念1匹ロスしましたな…。

気を取り直してがんばりますが、これ以降タチウオの反応ゼロリング!?

船も船団を離れたりあちらこちらに迷走?してますが、周りのみんなにも大層は釣れなかったですね!

竿頭はやはりりょうさんで11~12匹とか? 流石です!

去年の同時期も5匹、今年は4匹…釣れませんな? 
伊勢湾でのタチウオ釣りに変更していきますかな…昔のように(笑)

さあ来週23日は番外編「小鮎釣りとBBQで遊ぼう会」で、遠く滋賀県は犬上川中流域までお出かけいただきますな!
小鮎は沢山釣れるでしょうが、さあ何を食べれて楽しめるでしょうか? ご参加の皆さんよろしくお願いします!

続く翌週は、三重釣り歩記会「鮎釣り部」発足記念の岐阜”郡上長良川鮎合宿”参加で、有名な長良川での鮎釣りに参ります…6名かな7名かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

7/9 好人の鮎釣り(長瀬太郎生鮎釣り大会)

9日の日曜日は…、前日は海の釣り(傳八屋さん)で疲れてたのですが、当初からハガキ案内をもらっていた「長瀬太郎生川」での鮎釣り大会に、参加してきました。

前日夜、名張地方には”大雨洪水警報”が出たので心配したのですが、早めに解除にもなっていたので安心して出かけましたが、川の状況は(水位・濁り)心配でした。

6:20頃公民館に到着、すぐ受付だけ済ませてゆっくりと朝飯を食らい、着替えをします(笑)
知り合いは皆無で寂しい限り…(笑)
SさんとK村さんは北山川でのヒロさん主催大会に出ています。

この日の概要は…

名称 長瀬太郎生漁協主催「鮎釣り大会」 (ながせたろうがわ…と読みます)
場所 長瀬太郎生川は公民館裏を境にして、上は新布施橋から下流は麹屋橋までのお
    よそ500~600m区間?(公民館を境に上下流の2班に分かれます。)
時間 予選が 8:00~11:00 の3時間
    決勝が 13:00~15:00の2時間で行われます。
競技 鮎の匹数勝負です(数釣り)…例え5㎝でもここではカウントされます)
費用 参加費¥2000(オトリ2匹+昼食付き)…遊漁券は別途必要
区分 受付表の亭主順に番号札を引き、偶数・奇数組に組み分けし、予選の上下流が決
    まります。
    上下流での上位5位までが決勝進出となりますな。
集計 11:00から順次釣果の集計(釣り場から戻り、オトリ鮎込みの匹数を報告)
休憩 11:00~13:00
    お昼のカレーをよばれます(お変わり何杯でも…笑) お漬物も…
    この間に得点が集計され決勝戦への進出者も決まります。
    抽選会…決勝戦へ進めなかった人たちには、順位が発表され抽選で何かがもらえ
    ますな。
お開 一旦ここでお開きとなり、後は決勝戦を見るか帰ってもよし

とまぁこういう内容です。

好人は長瀬の年券を買っていなかったので、この日も日券¥3000と参加費¥2000を
収めて受付表を提出しますな。

7:20頃から、参加順位抽選が始まりまして登録順が決まります。
好人め引きますと37番札で”あちゃ~!?”ですよ!

38名参加中37番目ということ…(涙) ということで奇数組に入ります。

奇数のトップ1と偶数のトップ2がジャンケンし、公民館裏を境とする上下流選択となり、
奇数トップが勝ちまして、上流域での釣りが決定されました。
後の人の意向は関係ありませんで、トップ№を取った人の特権ですな(笑)

どちらにしても1の人からオトリの配布順となっており、受け取ったら狙いの場所へ向かいますな。
好人目は37番、組半分としてもべコの17番目の配布順ですわ。場所取りは諦めてどこ
でも残り福期待だけですな(笑)

河原に行きオトリ配布。
1番の人は早速上流へ走ります。
上には板橋という有名で人気のポイントがありますから、知った人はまず女流へ入りますわな。

もともと公民館裏の下流域でしか今まで釣りしたことがない好人には、上流のどこが良いのかさへわかりませんからどこでもいいのです(笑)
タツさんからは大石の上のチャラ瀬が良いとも聞いていたのですがな、1歩届かず入れませんでしたわ。

で、その下流50~60mの所、瀬肩の1場所に入りました。
35番だったかの方が(落合さん)瀬を取られたので、その上に入ったのでしたが…。

好人には昨年の大会に初めて出て、チビ鮎2匹という笑えない結果があります。
もう1匹いたのですが余りのチビ鮎でリリースしたのですが、数釣り勝負で大きさは関係ない!のにとも言われ、報告時に笑われましてなぁ、これを払拭したくて今年もでましたんやわ(笑)

8:00の開始までに時間があります。
仕掛けをセットしたりして待ちますが間がありすぎて…。

先にも書きましたが前夜には大雨洪水警報が出されるほどの雨が降った?ようすでして、川は増水し濁りも少し入ってます…川は茶色く見える…釣れるんかいなぁ??

左岸の手前には泥で汚れた石ばかり…、中ほどから右岸寄りにはまぁまぁ鮎が居そうな感じの場所で…(笑)、右岸側がポイントに思えましたな。

この日の仕掛けは、竿が中硬硬8.1m、天井糸がナイロン0.8号、水中糸がいつものナイロン0.2号、ハリス1号、針6.5号4本イカリで臨みます…変わりばえしませんがな、短めの竿にしましたです(笑)

やっと8時に笛の音でスタ-ト! 
期待を込めてオトリを送り出しますな、掛かれよ~(笑)

ほどなくして下手の方に掛かります、だが少し小さめか!?

そして真ん中の石の裏手を泳がせていた好人にも当たりがきて1匹目ゲット!!
まぁまぁのサイズですよ!

まもなく2匹目きたぁ~! これで去年と同数です、でもサイスはいいよ!(笑)

しきりに下流の人が話しかけてくる中、ポツリポツリと掛かってきますな…狭い範囲ですよ10m四方ぐらいのところを上下したり、向こう岸を狙ったりします。

ほんとに動かず狭い場所での釣りです。

下流にはもう一人は入れる余裕はありますが、上流は好人の上には60mぐらいの空き場所がありますが、誰もいません?
そうあまり釣れそうな場所ではないからでしょう? 砂地といしがポツリポツリとあるポイントで…(笑)

上流大石の上手左岸側の人が良く竿を曲げてると下流の人が言う(笑)、この人の向かい側にいた若い人が久保ちゃんの知り合いだったとは?

下流の人と2人ぼつぼつ釣れまして…、私の釣り数をよく見てますわ。何匹目釣ったやろとか6匹目すごいなぁとかよく見てますわ(笑)

実は去年も参加されてた方で顔だけは知ってましたな。

開始後1時間で5匹、まぁまぁの出だしでしたが後が続かず、鮎が居なくなりましたな(悲)

川の両サイドに、上流も狙い下流も狙いと鮎を泳がせますが掛かってきません。

それでも何とか3匹追加して11時のサイレン前に竿をおきました。釣果8匹、オトリ込で
10匹の扱いです。

自分としてはよく釣れたなぁと思いのほか充実の気持ちで(笑)
早めに上がり、ぞくぞくと帰ってきて検量するのを横目に漬物をよばれながら冷たいお茶
でゆっくりさせてもらいますな。

好人の釣果の前には13匹が1人見えただけで、おぅひょっとして残れたか!?と一瞬思
いもしましたが、次々に記録は抜かれ、同匹数者6人を含めて沈みました(笑)

予選最高釣果は26匹…釣るもんですなぁ!
公民館の裏手での下流域の方だそうですな。
2位が23匹で上流域での釣り。
参加していた「岡田名人」に聞くと15匹とのこと…、厳しかったようだが予選は突破されてた!

結局同数10匹だけで6人もいて、全体の中で23位扱いでしてな、景品としてがまかつさんの帽子を選択してきました!

去年はけつに1~2人しかいなかったのですがな、今年は15名もいて嬉しかりけり!
場所での差がでたとのこと、今年はよかったんだに!(笑)

結局上位11名が決勝戦進出、12位以下に景品が配分された形です。

このあと13:00~決勝戦までに漁協提供のカレーライスで昼食をとりました。

着替えして決勝戦の観戦に場所に急ぎます。

間もなく1位の方でしょう1人来て2人目が来て…。とその前に3人の一般客が釣りのため入ります(一般優先だそうですな、知りませんでしたが?)

岡田名人が4番目か5番目できましてな、当然名人だけを見させてもらいます。

13:00にホイッスルが入り決勝戦がスタートです。

おや岡田名人苦戦ですぞ!?

場所が悪いのかなぁ? 昨年より少し下で50分ほど鮎の反応ない??
点数掛りの人とも調子悪いなぁ?と…。

下流の一般の人の方がよく掛かっている(といってもベテラン釣り師とのこと)、がようやくチビ鮎が掛かりましたな。

しかし最初のは余りに小さすぎたのか、元の養オトリで再度狙われてます。
5分後くらいにまたチビ鮎が!? 
これから少し活気づき連続してかけていかれる! 
狙い場所も本流れの左岸側でなくて、背裏の小さな流れで小さな群れ鮎ねらいらしい!?

2:15までに5~6匹掛けられたか?
しかし今回はダメだろうと思われ、15分に現場をあとにしましたな、残念でした。

今年も昨年優勝でシードとなった方が2連勝したらしい。

楽しい鮎釣り大会参加の巻でした。

しばらく鮎釣りはお預け! 13日は成人病検診、16日は大阪湾タチウオ、19日はまた糖尿病検診で半日病院、23日は小鮎釣り、ようやく27日に鮎釣り行けますかな?

みなさんまた遊んでください!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

7/8 三重釣り歩記会で傳八屋さん

8日は「7月度の三重釣り歩会」で傳八屋さん釣り会でした。
いかにも夏場の釣り、暑うございましたなぁ! しかし、熱中症などもなく、皆さんで楽しんできましたよ!

今日の傳八屋さん、大量放流の傳八デーということで「満員」のお客さん、凄いです。

本日の参加者は15名、全員男性ばかりの参加です。

イカダは5号に8人、6号に7人の振り分けですが、夏場の貸切は土日でも7人からOKで助かりますな。
それで5号イカダにはあっちゃんにくまさん(西)、棚ちゃんいJackyさん(北)、マナブンさんに河内のおっさん(東)、みっちゃんに澤ちゃん(南)の8人です。

好人は6号イカダ組、グッチさんに南川さんが西、にゃまずさんにまくらほんださんが北、好人に楽熊さんが(東)、そして南側にしんさんが一人で釣り開始!

7時前に釣り開始。

前に当たったのが忘れられずに大きな青キビナゴで青物系狙いからスタートするも当たりなし!? 残念!(笑)

西の南川さんがまず鯛を釣られ、そのあとで誰かがイサキを釣りあげたんでしたかな? 一人を除いてtの方には当たりがあり、 ハタマスの高級魚や鯛、青や青やと言いながらの大鯛などなにがしかのモーニングサービスで釣れてましたな…居残りも多かったのかな!?

好人もモーニングサービスのお零れに預かり、浮きが入りよい引きのもと釣れてくれたのが大きなシマアジ! やりましたよ~!

続いて真鯛が釣れました~、珍しく早めに2匹を手にできましたな! これらはすべて魚かしのエッサ150?という角切団子でしたな…。

でもここからがホロホロで・・・

一人蚊帳の外の楽さんがいたのですが、浮きは入れど一向に針に掛からない?が続きボヤいていたんですがな、同じ現象が飛び火して・・・
す~い、入った! スカッ!? なんやねん?? これはこれで楽しいが。面白くはない?(笑)

小物の放流後だったか楽さんにも当たりが来出して、すんなり好人の釣果を抜いて行った、このやろ~!(笑)

青を狙っても来ないしホロホロが続く・・・

そのうち東北の角の置き竿に当たり! 竿先がお辞儀をしだしましたな、が最初はスカッ!?
再度青虫つけて投入、同じように竿先がググ~と入ったところで合わせを入れて、やりました~立派なサイズの鯛ちゃん!

ここで鯛ちゃんを3連発! 4連発はなかった!?(笑)

そしてあと1匹が来てくれてこの日の全長かとなりましたな、下手くそです(泣)

西のグッチさんと南川さんには最初の方に当たりがでてましたな。
北側のにゃまずさんは、イサキ大漁もあり、またハタマスにカンパチと高級魚を交えツ抜けされてたし、まくらほんださんも今日は調子よく?朝からイサキほかを連発…北側の網際にイサキが偏っていた?…まあまあ沢山釣られてた。

しんさんは何のかんのといいながらもヒラメにカンパチなどツ抜けしていたと思うが…

楽さんと好人はよくにtものか真鯛とシマアジのみか…(笑)

好人の釣果は真鯛が5匹、シマアジ1匹の6匹でござった、まぁ近ごろのアベですな(笑)

この日は夏とはいへ曇り空に助けられたか…、大汗をかくほどではなかったもののやはり熱く、かき氷がほしかったですな!(笑)

5号イカダはよくわかりませんでしたが、河内のおっさんが騒いでいたなぁ!? 青物も相当数あがっていたし、まぁまぁ釣れていたんでしょうなぁ、あのjyackyさんまで早上がりしていったから(笑)

暑い中みなさんお疲れさんでした。
去年は暑いからと(と鮎行きたくて…)3か月間休止しましたが、今年は開催して良かったかな? 暑いなりに工夫されて楽しく釣りができました!

また来月は5日「辨屋さん」でお会いしましょう、15人さん予定であと1名さん空きがございますよ~!

そして、9月10月なんですがどこへ行こうか悩んでます。9月貞丸さん、10月レインボーさんとも考えますが、賛同してきてくれますやろか? ご意見お願いいたします。

11月は辨屋さん予定し、12月は傳八屋さんでの恒例「忘年釣り会でお泊り会」予定したいと思います、みんな一緒に釣りしてくれるかな!?

今月は、あぁ暑かった!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

7/6 好人の鮎釣り(北山川)

この休みは休息日に充て、8日の傳八屋さん釣堀への釣行準備と9日も鮎釣り予定のため、山の神のご機嫌伺いをする日?に充てようと考えていたが…。

ずっと遊びに行ってもよいと言ってくれたので、出かけることに…(笑)

そうなると、雨のせいで増水濁りの川などもあってどこへ行こうか悩みますな。
ましてここ3回連続で「鮎ちゃん」が釣れてないので、ぜひとも釣りたい!(笑)

そこへ「北山川が釣れてるよ!」という声が聞こえた(笑)し、K村御大も行くという!?

また現地ライブカメラを見てみたらよい流れをしていたので、走ることに…もちろん年券も持っているので…(笑)、解禁日以来の北山川に決定!

現地着8時少し過ぎ…平日でもあり時間がかかりますな。
K村さんすでに道の駅下で竿を出していましたな。

ゆっくり着替えてオトリを買います。
喫茶ヒロさん、営業休みの日なんですが「オトリ鮎」の販売はしてくれており助かります。

解禁日によく掛かった同じ場所に入りますな…8:40過ぎ開始。

解禁時とは水量が全然違いますな、すごい流れになっていましてな、今日は背針を打って沈ませないと潜りませんんな。

良さげな石も見え釣れるんちゃう?と思いましたが…?
実はK村さんは釣れないのか下に上にと移動されてる???
好人が入川したときには上流部に見えましたが…。

良さげなところを泳がせるが野鮎の反応ゼロリング!?

9時頃だったかK村さんが下ってきて「掛からんので場所変わる、支流の方に行く。」と言い残して居なくなった…(笑)

確かに全く鮎が居る気配がないんですわ?? 今日もボーズかと…??

その後8:30まで泳がせましたが見切りをつけて移動、K村さんを探します。

支流の小橡川を探すもK村さん見つけられず? どこ行ったんかいな?(笑)・・・探したもう少し上にいたらしい。

仕方ないので北山宮の下に入る。

岩盤に張り付く鮎が居て、そこにオトリを入れたら速攻でした、待望の1匹目!

12㎝ぐらいのチビ鮎ちゃんでしたがオトリにはなります。
それをオトリに同じ場所に…、すぐさま2匹がそして3匹目と大きめのが掛かり、嬉しいですねぇ!

引きとタモキャッチして喜び倍増! 鮎の滑りも最高です。

がその後が掛からなくなり…?下流へ下ります。

途中の小石底の流れには鮎が一杯います! でもみ~んなチビちゃんで…掛かるなよ!?と(笑)

少し大きめの石の陰でコツンと当たり! 待望の4匹目・5匹目が掛かりましたな。

午前中はここまで。
12時前にもなり、お腹が減るので再度K村さん探そうと思ったが…、本流の出合いの流れがガラ空きで…、車を入れた。

まずはお昼を食べる! 
準備中にK村さんから写真が送られ午前中10匹だったと! 
どこにいたんか当方5匹と送るが、その後そのまま走ってきたらしく見たら上の国道に車が止まり(笑) ここにいるよと!

一緒にお昼休憩後K村さんは対岸へ車で移動、向かい合がわせで竿をだすかと…。

午後の部開始。

解禁日にSさんの息子さんらが大釣りしていた場所。
こんな1等地に誰もいなとは? よう考えたら出水の後苔が付かずまだ鮎が居ついてないんでしょうねぇ?

午前中の道の駅下も同じだったんでしょう?ここでもすこぶる鮎の追いはないです!?

居つきそうな石が一杯あるんですがなかなか??

でも1匹目来ましたよ~! 少し小さいが十分ですな。それから2匹目も来ましたな。

でも後が続かない。

で、ここからビックリポン!?が2つ。後先忘れましたが…。

竿を出しながら石の上に乗ったら、左足を乗せた石がゴロンと転がってスッテンと転びましてな!? 尻を打つは首筋まで水に浸かるはで大変ビックリ!

滑ることはありますが石がゴロンと!? 

いやぁ濡れたなぁと思う間もなく”携帯が!?”とベストから取り出し乾いた石の上で乾燥です…幸いたいして濡れてませんでした。

左のおいど、今朝まだ痛いですわ。(笑)

もう1回は、オトリガ弱って浮いても来るので錘を付けたんですが…。
慣れないことをするもんでやはり石の間に錘が噛んでしまい外れません??それが深い流れの真ん中で…アチャー!

抜こうとして抜けず!? 
高切れさすには惜しいし、取りに行くことに、しかし流れは早く深いので慎重に! なんとか無事に戻れましたが、おお怖~でしたで!?

このオトリ取りの時はライブカメラに写っていたのかな? 誰かに見られていたようで、いやお恥しや!?(笑)

折角のよい本流筋だと思ったのですが、ここも鮎の居つきが悪く掛かりが遅いです。

粘る気もなくて2時半に竿をおきました。

今日も12㎝~15㎝の鮎7匹で惨敗、難しい!

帰り、3:10に上北山村を出て、休憩なしで走り続けて帰宅が5:45、やはり2時間半かかり遠いです。

明日8日は傳八屋さんでの三重釣り歩記会を楽しんできます。
9日は長瀬太郎生川の鮎釣り大会です、アホや(爆)、

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

7/2 好人の鮎釣り(大泣きの長瀬太郎生川)

暑くなりましたねぇ、でも川では比較的涼しく感じましたが…(笑) しかし笑ってる場合じゃなく大泣きの釣りとなりましたな、今回も…!?

前回の長瀬太郎生川ではよい思いができたので、今回も期待して出かけましたな名張の長瀬太郎生川。
今回は釣り友の「としくん」と「タツさん」との釣行でした。
Sさんからは天川へのお誘いもいただきましたが、としくんには遠すぎるので近場としましたな。

しかし今回はとしくんにも数で負ける散々の結果で…、大泣きの釣行でござった!?

7時過ぎの約束で向かいましたが、今日はものすごく早く走れ1時間で現地入りしましたが、すでに二人ともきてましたわ、早いです~!

一番のポイントを見に行きましたがすでに4人入っており、すぐさまあたらしオトリ店に戻り、横矢橋の上下流に入ることにしましたな。

初長瀬のタツさんに前回の好人の場所に入ってもらい、好人は橋真上へ。としくんは朝来た時橋上からみていたらしくて、さっさと橋下流へ行ってしまいました。

早速竿を出しているとしくんを見つつ好人は朝飯のパンを食らう(笑)

7:50期待を込めて養殖オトリを泳がせる…。

が期待に反して掛かってこない? 5分~10分~30分まったくこない?前回とえらい違いじゃ!?
上流ではタツさんがよく掛けているいるように見えたが…?

開始45分、最初のオトリの限界を感じてオトリ2号に交換する。

交換して間もなくやっと軽い当たりが来て鮎が掛かりました~! 待望の…!

しかしこれが11㎝クラスのチビ鮎ちゃん、しかも腹掛りしてる。

仕方ないが、このチビ鮎に仕掛けを通して泳がせますな。

すると間もなく今度はガツンときましたでぇ! 大きめの15㎝クラスですな、やっとまともな鮎ちゃん掛かりましたぁ!

この鮎をオトリに…、循環の釣りですな、期待して泳がせますな、石裏でまたまたガツンときてそこそこのサイズがキラキラさせて飛んできます。

うん?少し色合いが違う? オイカワ(シラハエ)で鮎とは違いました。

この後に悲劇が!?

再度オトリを泳がせようと向こう側の石の横に入れた途端、ぐるぐる?という感じがして竿がフッと軽くなりました???

えっ!? オトリが居なくなってる!? 仕掛け糸が風になびいて吹き流し状態??
どうしたんだ?何故なんだ??状態ですわ。

てっきりナマズかバスが居てオトリ鮎を喰ったのか?とも思いましたが…。 
とにもかくにもオトリ鮎が消えた!?(笑) 

原因はわかりました! 糸を寄せてきて仕掛けを点検すると…、ハナ環と言われるオトリ鮎の鼻に通す部分の留め具が無くなってますは!?

そのせいで鼻から抜け鮎が逃げた! と…。 食べられたんでなくてよかったがロスです。

仕掛け直しに1時間!

持っているはずの仕掛けがよくなくて…、水中糸との通し仕掛けを使うことに、目が見えないし光るので糸が見えなひ?? など1時間近くも掛かったんでないかい?

この時点ではまだ戦意喪失でもなかったんですが、使い古しの養殖オトリの再出番です。

でも掛かりません?

タツさんが下ってきて場所替わり。聞くとあまり釣れてないそうで…。

タツさんがいた前回の硬調だった場所へ入りますが…、うんともすんとも反応なしよ?

下からとしくんも上がってきたが3匹ほど釣っていたらしい!

2人とも休憩に入りたがってる(笑)が10:30まで我慢。

10:30を回って先に車に戻り昼休憩としますな、タツさんにはLINEで休憩するよ…と。

遅れて上がってきたタツさん交えて昼休憩でダベリング。

休憩中に場所変わろうかとなり、とりあえず公民館裏(大会会場になる)に移動。下見するが上流域とも人が多いということで最下流のキャンプ場下に入りまし田が…。

行動力のない好人は、車の下のあまりよさそうでもない場所へ(笑)

上流へ泳いで行ってもくれるのだが付き鮎が居なくて掛かってはこない? 
目の前に小さめの鮎が苔を食む行動をしているのだが、オトリを近づけても追わない?

暑さのせいもあり疲れがどっとでてやる気ゼロリング!?

下流の2人をしり目に2時に竿をおき、ゆっくり休憩してました。

今日の釣果、
午前中3匹…1匹チビ、1匹オイカワ、1匹逃走、残ったのはチビ鮎だけだが腹掛りで曳舟の中で昇天!?

午後はゼロリング! あぁ根気と腕が無い?

3回連荘でゼロかゼロに等しい釣行で…恥ずかしいが体力が続かない…、長くたっているのがつらい!?腰にくるので大変ですわ。

さあ6日は休憩するか? 
8日は傳八屋さん行きが待っている(7月度三重釣り歩記会)、
9日は長瀬太郎生川での漁協の釣り大会へ無謀にも出る予定(川の状況が変わらなければ釣果ゼロも大いにあり得るが:笑)

まっきぃさん親子は岐阜で最良の釣果を稼いで見える!
Sさんは天川で良い釣りができたらしい!

としくんは8匹も釣ったという!
タツさんは、あの中でも午後に稼いで10何匹という。

腕のない根気のないのは好人だけ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

6/29 好人の鮎釣り(泣きの宮川上流)

6月は小遣い使い過ぎて…、よせばいいのに7月も小遣い一杯必要で…、そこで懐に優しい釣行を心掛けねばなりませんで…(恥)

ということで今日の鮎釣りは、年券を買っている宮川上流か青蓮寺川かと悩んでいたのですが、思いっきり竿が振れる河川、よく見るブログの釣果を参考にして…、結果”宮川上流”へ出かけてきましたが…。

8時過ぎ大原友鮎店さんへ。

少しお話をして情報をいただきますな。まぁ前日よく釣れたところは鮎がいなくなっていると思うのだが(海上釣堀と違って追加放流が無い…)、降りやすい(入川が楽)場所ということも考慮して上流域へ走ります。

地蔵を越えかまぐちで悩みながら…、大熊・荒瀬も肥えまして「中瀬」を見ると誰もいません!

以前のペチャペチャの中瀬と違って釣りやすそうな流れで、”鮎が居そう!?”と思わず入ることに…。

上流域から徐々に下ればいいや!と上手から泳がせていくことに。

上手の左岸本流の流れでオトリを泳がせたのが8:45 釣り開始です。

ここならすぐに掛かってくると思ったのですがな、5分たち10分たち、30分を越え1時間経過してもまったく鮎の反応ゼロリング!?

いや15分ぐらいにキラッと光って掛かったんですよ、だが小さい!? 小さい! 無事キャッチ…でもウグイの子でちた…あぁぁあ

そうこうしていたら、後半狙おうと思っていた下流の瀬尻に釣り人が…入られました。その上お上手な方で鮎を掛けている! あぁぁあ

瀬の中でより瀬尻からの深目で掛かっているようだが…羨ましくて焦る!

ずんずんと探りながら下る。右岸側の綺麗な石の流れの中も探るのだがまったく反応が無い???

とうとう下流の人が釣っている瀬肩までともちゃんを入れますが、何の反応もなくあきらめました、朝の2時間はまたまた丸ボーズです(泣)

もう少し上流へ走り、前の時にみっちゃんがポンポンと掛けた湯津ケ瀬をみると一人和歌山ナンバーの釣り人が…。

諦めて半次郎橋に戻り右岸側へ橋を渡り釣り場所を物色。よさげなところが空いてます。

川に降りる前に道路の上でお昼めしを食べますな。冷たい明太パスタにサラダほか、食べながらゆっくり休みましたです。

12:30 午後の部開始。

最初に見ていたポイントより下流の泳がせ場に入り竿を出します。

そうしたら入ろうとしていた瀬のところにすぐ人が…? 道路で友達と話をしていた人が負けじと後ろから降りてきて入られました、あぁあ

その上に泳がせていた中瀬で弱ったオトリちゃんが…、石に針が掛かり!?たいして引っ張りもしないのに水中糸からプッツン! ありゃあ!?

残りのこれも弱ったもう1匹のお出ましさせて…。

でも、小石底の所を泳がせても、強い流れの瀬を引っ張っても掛かりませんで、2時に諦めましたです。

2回続けて釣果ゼロリング…どころかマイナス1となりやした。

釣りの下手さ加減がいやになります。

K村さんは曽爾川で、Sさんは天川お出かけでお二人さんともよい釣果で・・・羨ましいですな(泣より恥しい)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

6/25 好人の鮎釣り(安曇川朽木)

週末前は大変暑かったのでが、それとは裏腹に昨日の日曜日は少し肌寒さを感じましたですな…。

そんな中での鮎釣行は滋賀県は安曇川朽木地区へ今季初釣行してきましたが、いやお恥ずかしや、鮎ちゃん1匹も釣れなくて…、全然愛想のない川ですわ!? いやいや釣る腕無いんでしょうなぁ?

珍しく釣り友のとしくんが鮎釣り行こうというので、決めたのが安曇川、ところが二人の思いの場所は違っていたようだ…。

荷物が一杯で2台で別々に走るなか、琵琶湖大橋を越えてしばし、としくんが右折を掛けて湖西道路へ…? クラクションを鳴らすも行っちゃった!?

電話すると、としくんの思いは安曇川広瀬地区だったらしい。好人目は安曇川朽木で…。十分話は通じていたと思うのだが…?(笑)

この朝、京都のタツさんからLINEが入っているのに出発してから気が付き…。それによるとご一緒できるらしく朽木へ向かうとしていたので、としくんには広瀬をあきらめ朽木に転換してきてもらった(笑)

途中で3台合流、取り合えず「村上オトリ店」へ向かう。

日券¥3000、オトリ2匹¥1000を買うも友缶には3匹入っておりサービスしてくれたrしい。

さて、どこで竿だしするかまよったが、村瀬橋下に入ることにし向かう。

前日にコンちゃんからは荒川が良い! K村さんには前によく釣った桑野橋のポイントを聞いてはいたが…、通いなれたタツさんや村上オトリ店の大将の意見等々吟味して?(笑)

村瀬橋の下流域の瀬肩~瀬、そして出合へ入ることにした。

橋の上流の細長い瀬には4人、下流の流れに1人、出合いに4人かな?先行者が見えたが十分に場所はありますな。
上流の瀬では以前竿を出したところだし、下流の流れというか対岸側が大きく変わっていましたな!?

左岸側しか車は入れなかった記憶があるが、右岸側には土砂が盛られ道が付いていた、川の流れも変わっていたようだ。

さあ、やっとこさおだしですわ、9時になっていたかな?

としくんは出合いのところで支流側へ、好人は激流の瀬は無理無理でその瀬肩へ、タツさんは激流の中へ攻め込みましたな!

対岸にいる方に釣らしてや~と声掛けし、どうですかと聞くとまるでダメ!?とのことで苦笑いされていた…が、この方と他に何人か”天理清流会”のおじさん達で今日は大会だという!
しかし残念なことにこの方も含めお仲間に好人目もあえなくゼロ匹でちたは…この場所?

いろいろ攻めてみたんですよ対岸までも…、まったく反応が無いんです??

オトリ店主が言われたし、川は見るからに苔落ちて白河状態。水は綺麗なんですよとても! 石も綺麗で?(笑)苔が流れ落ちてしまっているようです。
チビ鮎の跳ねも皆無ですわ!?

そうそうにとしくんが上がってきて、「1匹蹴られたがあと追いもない?」とのことで私の上で竿だししたが…。

釣れないし寒いしで早々にお昼に…。

丁度タツさんも上がってきた。荒瀬で4~5匹も掛けたらしい、お見事!ですなぁ。としくんと好人目当然ボーズで、あぁぁぁぁ

最初は11:30~昼飯!と決めていたのですがな、まぁ釣れんし根気が続かん!?寒いしということでお昼にしましたな。

としくん贅沢?にもラーメン食べたいという。具は持ってきてなくて煮込みはできないので、お湯を沸かしての高級カップラーメンとしましたな(笑)・・・準備はしてきてきてますんさ(笑)

お湯が沸く間に釣り談義…ちゅうか釣れん談義???

午後の部はどこにするか?とここの場所は見切り…偉そうによう釣らんだけ(笑)

村上オトリ店さん裏の場所で釣ろうとなり移動。

オトリ店さんには大勢の人達が! 何かいなと思ったらGFG関西の親睦会だそうだ。

オトリ店裏にもいい流れがりますな(初めてです)

としくんと並んで竿だしします。タツさんはだいぶ上流へいかれたな。

30分・1時間とオトリを泳がせますが反応はゼロリング??

きつい流れではオトリが浮いてくる(弱ってくる)ので余計に釣れなひ!?

好人背針仕掛けは使うが(使い切れてはいないが…)錘はよう使わんので(持っているが)、強い流れの中にオトリを上手く沈められませんのや!?

それやこれやでここでも釣果ゼロリング!?

そうそうに諦めて切り上げることに…。タツさん降りてきたが3匹ほど釣ったという!

もう少し釣っていくというタツさんを残して安曇川広瀬地区へ走ります。

コンちゃんのいう荒川地区を見つつ(ほうここら辺か?)、まずは両台橋を見る。釣り人はいるが小石の河原で鮎がいる雰囲気はない?

続いて有名ポイントの広瀬橋に向かうとここには大勢の釣り人がいますな。大きく川の流れが変わっていましたが、橋の上下流は良い感じのポイントです。

橋の真下から下流は茶色い石がびっしりでいかにも鮎がいそうだが…?

橋上にいた女性鮎師が見ている間に1匹掛けた! ええサイズにも見えたし、強い深い流れに錘を付けての引き釣りと、様になってますな、上手い!

ここからの道程が長い!

高島市内の道の駅何の里でしたっけ?時々じゃ山するのですが名前が?
踊りの祭りをやってましたな…、鯖寿司を買いました。

琵琶湖大橋までの渋滞、湖南市内の渋滞などありましたが、次には土山川のポイント見学して帰ってきました。帰着18:30疲れました。

金曜日の長瀬ではよい思いをしましたが、またも元に戻る腕のなさ…鮎釣りも場所やで~ということで、釣れなひ釣行記でした。

川の調子が回復したら、タツさんに声掛けしてもらってまた出かけたいと思います

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

6/23 好人の鮎釣り(長瀬太郎生川)

いやぁ昨日は暑かったですなぁ! 時折立ちくらみするほどの暑さの中、今季初の長瀬太郎生川で遊んできましたよ~。

残念なことに休みを変更したこともあり、この日は1人釣行ですわ。で、どこに行こうか考えたんですが、長瀬太郎生川に向かってました(笑)
ええ野洲川&土山川も解禁しており、一番家から近い川なんですがね、解禁日に出かけたとしくん情報がよくなくて…? それで、水況は変わらないけど18日に見た魚影の濃さにひかれて長瀬太郎生川にしましたな。

平日だからとゆっくり6時に起きて出かけ、現地着が8時を回ってましてな、ポイントをまず見て回ります。

管轄入り口の公園下はよく見えませんが見る気も薄く(笑)、次の横矢橋の”あたらしオトリ店”とその前には入っている様子。
そこからの上流域は、道から見えるポイントにはそれぞれ鮎釣り師がもう竿を出してますな。そして公民館を超えた中流域最終で、高い人気の”板橋”には、橋の上手に4人が入り、もう一人も着替え中、橋の下手には車が4台も…!?

こりゃあかん!?と思いあたらしオトリ店に戻ります。
板橋の上にはもう3km釣り場はありますが、釣りしたこともなく駐車場も知りませんのでパスですわ(よいポイントらしく釣果報告にはよく出てきますが…)

あたらしオトリ店で「日券¥3000」と「オトリ鮎2匹¥1000」を購入。

すると対象が車は目に見える柵の床尾に入れてと…。そこまで移動し車を止めて着替え。

すぐ横の階段を下りて横矢橋の上手のポイントに入ります。
橋の上流200mと下流は見える範囲空いてましたな。

橋のたもとでとも思ったのですがその上手100m無いぐらいの所のポイントが空いて!います。チャラ瀬に近い流れですが好人には{丁度良い!」(笑)

1個の友缶があり、1人釣り人が上流100mにいましたが、独占で泳がせますな(笑)

今日の仕掛けは8.1m中硬々鮎竿、天井糸は1号、水中糸はナイロン0.2号、針はオーナー一角6号4本錨からスタートです(ノーマル)

水は少なく深さは30㎝以下の瀬とはいえ片足で跳べる流れです(笑)

9時5分釣り出そうとしてチョンボです。 
鼻カンをつけようと鮎を握ろうとしたらピョン!と跳ねてオトリが飛び出てしまいまちた~!? ハレホレヒレ

開始前に1匹のロス…これはまずい1匹のオトリを大事に使わなくては…、まぁ目の前にオトリ屋さんはあるのだけれど…(笑)

しかし泳がせて10分、コツンと当たって14㎝が! オトリになる立派?なのが掛かりましてな、あらうれしや~!

これをオトリにまた10~15分。来ましたよ~15㎝、おっ調子いいじゃん!?

3匹目がまたまた来たもののこれは7㎝ぐらいのチビ鮎でリリース!

この間に好人と橋の間に1人入り、ときどき掛かるのが見える あぁぁぁ

好人目にも4匹目がきて13㎝、5匹目は大きく見えるやつが来たもののキャッチミス! ミスミスお帰りになりました。

1時間で5匹、ええ感じですわ。

釣れなくなったら上に下にとポイントをずらして狙いますな。間があって掛かってきますが小さめの鮎。
といっても上北山のような、そこまで小さくはないが大きくても15㎝止まりでしょうか!?
でもまぁまぁコンスタントに掛かってくれまちた!!

12時にお昼休憩。
車に戻りまずはビールをちょびっと。刻み野菜にマヨネーズを掛けて…、主食は天丼とざるそばのセットもの。もうこれでお腹は満たされまするな(笑)
しかし一人で食べるお昼、寂しゅうて味けのうございます。

午後は1時15分再開します。

現場には誰も入ってきてませんので、とりあえず朝の場所を上下して釣りますと、また同じように当たりが!
1時間半ほど稼ぎますな。

その後に夕方までの狙い場所として橋の真下に近いところへ移動しました。

ここは比較的流れもと良いし、大石が点在するなど大物が潜んでいるようなところもありますが、上手の流れの石は泥被りのようで汚いので、ほんとに橋のすぐ上手を流します。

ポツポツとここでも拾えましてな数を稼ぎます。

4時まで粘りましたが掛かるか間隔も空き、また足が攣る気もしてきて4時5分に竿をしまいましたです。

そして数を数えようとしてまた1匹スルリ、元気な奴ほど体のぬめりで掴めません!?再放流ですわ…もったいない!

オトリを入れずに21匹の釣果…珍しいですわなぁ!
このうち最放流が3匹と10㎝以下のリーリースが5匹で残り13匹を持ち帰りです。

20㎝クラスを釣りたいもんですなぁ!?

しかし小さな鮎は骨を気にせず食べれまして、それは美味しいございますな。

さぁ明日はとしくんと安曇川朽木に行こうと思うとりますが、朝起きて雨が酷いようなら中止もあり得ますし、どうなりますか???

今日は安曇川広瀬の遅れていた解禁日だそうでして、コンちゃんがお出かけしてまして朝電話くれました。まずまず釣れてるようでしたな。
K村さんは上北山村へお出かけ、18匹釣れたが小さいらしい。
まっきぃさんらはどこの川かな、写真だけ来たが岐阜の高原川に思うがなぁ、はてどこじゃろ?
鮎組残りのSさんは家族サービスデーじゃと…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

6/18 好人の鮎釣り(青蓮寺川解禁)

18日は名張の青蓮寺川の「鮎解禁日」でして、不安を感じながらも楽しみに出かけましたな。
が、不安的中!? わずか3時間で終了せざるを得ないほど心が折れましたですわ…。

青蓮寺川の解禁、行くかどうしようか悩みましたが…、ここ4年ほど通い顔なじみにもなりましたし、釣り友のSさんも行くというのででかけましたな。

当日出かけるため、夜は10時に寝て夜中1時30分起き、急いで出かけますが朝飯に昼飯の用意など、すべて前夜に用意しておりますので現場へ直行です。

3時過ぎ青蓮寺川に着き、一直線に目指す入川場所まで走ります。
と、すでに目的の場所には1台の車が止まってますし、河原にはしるしの付いた竹棒まで立っています。
こりゃ先を越されたと思いつつ、先日使った目印の点滅信号付きの棒をその近くに立ててから、漁協へ戻りました。

漁協であいさつと「年券」を購入。PCが壊れたとかで昨年の写真が机上に…、それを貼り「年券」が作られます。

皆さん早めにお目当ての場所に散りますな、今年は雰囲気が違う気が…。

予定の場所に向かう途中でSさんとすれ違い、声を掛け合いますがお別れ(笑)、狙う場所が違うため…。

好人の目指すは”二川”というポイント。

青蓮寺川の最上流部に当たり、その上流300mぐらいからは”奈良県曽爾村”で”曽爾川”と名称が変わりますな。
曽爾川にはSさんの息子の「隆くん」が行っているはず…。

このポイント昨年はまぁまぁ釣れましてな。下流の入りたいポイントは今年も人が一杯でここまで上がりましたが…。
先に信号立てに来た時に見てビックリ!? 予想通りに渇水で水がありません。幅狭い流れも弱い感じです。

着替えして河原で夜明けを待ちますが曇りのせいで夜明けが遅い(笑)そして寒い!

4:15頃ようやく明るくなりだして…、半近くに車で大気の人が降りてきてご挨拶。

棒を立てたのは自分ではないと言われる。そくさくと準備され竿を出されますな。
好人は5時まで様子見と決めてまして、じっくり見てました、が…掛かりませんな!?

5時になったので竿出します。

小さくなった流れの中にオトリを入れます。
よどみより流れのある場所がよいと思い入れましたが…、すると2分もしないで1匹目がコン!

おいおい来ましたよ、嬉しいですねぇ!
少し小さく14㎝の細身ですが黄色掛かってもおりオトリに十分になるやつですな。

これに代えて同じ場所に…、でもあとが来ません?? いる場所なのに??

10分後にようやく2匹目が…。これもよく似たサイズの鮎ちゃんでしたが…、途中でポチャリと針ハズレ、思わず「あっ!?」と声を出してしまいましてな、隣の人もビックリしてこちらを見てましたぜ(笑)

隣の人もようやく1匹目を掛けるの見ましたが、掛かりは悪そう(上がるときに2匹というてましたわ)

その後少し流れの下を探り3匹目、4匹目と掛かってきまして1時間で何とか3匹を手にできました。

が、ここまでで終わり粘れません。

それでももう1本の流れも…と思い竿だししましたが、泥だらけでとても鮎が住むところにあらずで…、いつもなら大鮎が潜んでいることもある流れですが…。

後から入ってきた2人組のおじさんたちもまったく釣れんと場所変わり…切り替え早い?

一緒に入った人も上がってきて少しお喋り。好人は朝飯をほおばりながら(笑)

その時に道路から声がして「もう上がるは!?」と…、誰あろうSさん。
名人が釣れんと!? 釣れたのはチビ鮎だし面白ないからもう上がるは…と。

まだ7時でっせ!? 曽爾を見て、その後天川へ走ったのか吉野で竿を出したのか定かではありません(笑)

好人は8時まで粘りましたがまったく掛かりませんので心折れました。

漁協まで下りお喋りを…。 上の橋の上で、これまた下流で竿だししてたが釣れんかったとお嘆きの地元の方と川を除きながらお喋りですわ(この方は着替え済)

着替えと言っても地元の人は、作業着に長靴や胴長で釣る人多く、タイツに足袋、など履き替える人も少ない(笑)

9時頃までいたが釣れそうにない!?ということで長瀬太郎生川を見学に走ります。

長瀬のあたらしオトリ店前の横矢橋から眺めると鮎がいますな! 

ここでも亀山の人とおしゃべり。 いますでいますで!ということでこの人は竿だししてみますはと着替えに行きましたが…。
少し眺めていましたが、少しは水量ありそうな(いつもよりは渇水ですよ)、鮎も見えるし。

その後上流の一級ポイントへ。

ここにはズラリと竿の放列が…。翌日の新聞にはここで21匹釣ったと書いてありましたが、昨年から見ると水量は少なかったが粘れば釣れるんですね。

その後に旧美杉村内を走って家(倉庫に)に帰り、ビール飲みながら昼飯を食らう(笑)

8m長さ用の仕掛けを整理したりと…これ今後青蓮寺川や長瀬太郎生川では8m~6mの竿を使うつもりでの準備だす(笑)
そして一日を終えました(涙)

この日の青蓮寺川での釣果は3匹(1匹バレ)、せっかく先週の北山川で楽しい思いができましたのに、元の木阿弥!? 下手なんですね。

そうそう、前日の17日は、滋賀県の野洲川に土山川も解禁でした。
このうちの土山川には釣り友のとしくんが出かけていたのですが、こちらも釣れなかったようで、12時頃電話があったなぁ、チビ鮎1匹だったと!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧