釣行記

釣行記

2017年9月17日 (日)

9/16 三重釣り歩記会で傳八屋さん

16日は、9月度の三重釣り歩記会例会で「傳八屋さん」釣行でした。

いつもは第1か第2の土曜日が多い例会なのですがな、近ごろ夏場は鮎釣りに戻っている幹事の好人のせいで、今月度は第3土曜日となってしまいましたな。
たまたま2日と9日に鮎釣り大会に「三重釣り歩記会・鮎釣り部」としての参加が予定されたための開催日のズレで、申し訳なかったですな。

そのせいがあるのか参加数が少なく、当日まで7名から増えませんでしたわ。
ましてやそこに台風18号が…。

少なくとも雨は避けられず…風が吹かぬかが心配でしたな。

この日集まってくれたのは、
あっちゃん(AFC/岐阜)、河内のおっさん(三重釣り/名古屋)、くまさん(AFC/岐阜)、Jackyさん(三重釣り/甲賀)、しんさん(三重釣り/豊田)、そわっちさん(初参加/草津)に好人(三重釣り/津)の7人でしたが…。

朝傳八屋さん休憩所に入るとヤマトさん(三重釣り/日野)がおり、一緒に参加してくれるという、これで8人での貸切と大イカダで行こうと話がまとまり、受付に行きますな。

大将からは最初は大イカダ8人で貸切OKと声が出たのだが、だめですは3基ある大イカダとも予約が入ってますわ!?と来たもんだ…。
1台には2人での貸切だそうで、なんともはや豪気な方がいるもんだ!?

仕方ないので小イカダ12号をお願いして乗船場に向かう。

そのころにはまだ小雨模様だったのですが…。

先に、組み分けを行い、あっちゃん&くまさん組が1番で南側を選択、河内のおっさん&好人組が2番で西側、Jackyさん&そわっちさん組が3番で北側、しんさん&ヤマトさん組が4番で東側の釣り座を選択し、それぞれの釣り座でスタンバイ!

ここでまたもや好人が大失敗!? うん仕掛け道具が無い!? どうも車に置き忘れたようだ、やっちまったぜ!? こんなこと初めてでないかな?

帰り船に乗せてもらい、港からは軽トラに乗せてもらい送り迎えをしてもらってイカダに帰る…20分ぐらい遅くなったが…、いやぁ傳八屋さんには迷惑を掛けました。

イカダに戻るとまだ釣れたのは2匹だけ?だという…案の定活性は低いようだ。

雨足が酷くなる中釣りに参加するも当たりはこない。

最初の放流があってからやっと鯛が1匹拾えましたな…、シラサエサを少し横に誘ったときに、浮きを戻して当たりを確認合わせを入れます。ようやく鯛を1匹…ボズ逃れました。

コンビの河内のおっさんには全然当たりが拾えないようで少し焦りが…(笑)、まぁ釣り出したら次々釣る方なので大丈夫でしょう!?

その後にズボッと竿先が入り、ウグイのエサをスズキ(マダカ)をゲット!

皆さんもそこそこ釣りあげますが、本調子ではないですね。いつも大量に釣るヤマトさんも悩んでいますな。それといつもは大イカダの広いところで釣っているので、小イカダでは窮屈そう、サンマの引き釣りもままなりませんな!?

青物の放流があってしばし、二人が合わせきれない中好人のまたまたウグイのエサに当たりが!
大きめのカンパチが来ましたよ! このイカダでは唯一の青物になりましたね、ウレピーです!(笑)

その後に続けて鯛を2匹釣りましたが、釣れたのはここまで。

Jackyさんとそわっちさんらは寒いからと11時に無理を言って早上がりされていきましたな。

雨はますますひどくなる中、残った6人は最後まで釣りを楽しみます?(笑) 風はないので波立ちも弱く助かります。

1時半ロッドオフ。

二桁言ったのはヤマトさんだけか? 
好人は鯛3・スズキ1・カンパチ1の5匹で最近のアベレージでしたな。
河内のおっさんも結果5匹、他の方は2~3匹、しんさんも5匹ぐらいか?

偉い日に参加してくれたみなさんお疲れさんでした、そしてありがとさんでした!

10月の三重釣り歩記会は「レインボーさん」釣行会は7日です。ご参加予定の12名さんよろしくお願いします、一杯楽しみましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

9/14 好人の鮎釣り21(吉野川ショック!)

14(木)は今季21回目の鮎釣りで、奈良の吉野川にでかけてきました。

何時もの六田駅裏の橋本オトリ店に着いたのは8:20頃か…、予定8:00を少し回ってましたな。

すると現地にはタツさんがすでに来て見えましたな…、金曜じゃなかったっけ?(笑) 
それと昨年知り合った「アユノスケさん」も来て見えて、1年振りにお会いしましたな。

アユノスケさんとはブログへの相互訪問しており、親近感高いかたですな(笑) 往年のトーナメンターでお上手なことこの上なし!!

お二人は駅裏で釣られるというので、オトリを3匹買って好人一人で大鮎ポイントへ走りました。

9:30釣り開始!

まずは橋上の岩盤の所から泳がせますが一向にこない…よう釣りません!?
オトリの鮎を弱らせるばかりですな。(笑)

段々と瀬肩に近寄るも1匹もきませんわ。左岸の荒瀬に入ったはいいが、流れの幅が狭くて上手く竿と仕掛けをなじませられませんな。

上の荒瀬をあきらめて橋下の荒瀬に向かいます。前回はここで22~23㎝クラスを2匹掛けた場所ですが、今日はどうでしょう?と思いながら弱ったオトリを入れます。

と、このオトリは根がかりロス…凄い流れに取りに入れずで(泣)

すぐさま別のオトリにかへて入れ込みます。

この後来ましたよ大鮎が! 中盤の流れの中、石の横か?

ただ、ギュイーン!とかガツーンとかの擬音で表現するような強い急激な当たりではなくて、グーンと重しが掛かった感じ!?
うん掛かったかな?と思ったらぐいぐいと泳ぎだし、下流へ走る! お重い!

先日釣れた時と感触は同じで、下流へ走るのを竿で溜めて足場を固めます、下がりませんよ!
今年新調の竿は胴から先が大きな弧を描いてますが、大鮎の引きに耐えてくれますな、だんだんと足元に引き寄せます。

どれだけかかったか…、そう長くはなかったと思いますが今季最高の大きさの大鮎をキャッチできました。
26~27㎝はあり体高もすごくありメタボ鮎です!、

もうこれで十分、時間も来ていたので駅裏に戻ります。

駅裏では橋本店主ほかの釣り人に鮎を見てもらいましたな、口々に「大きいなぁよう取ったなぁ!」?と言われて嬉しくなりましたわ!

残念ながらタツさんにアユノスケさんはまだ戻っていませんでした。

そのまま友缶に入れ川に浸けておき昼食にします。

アユノスケさんが戻って見えたのでご一緒に食べましたな、タツさんは下流へ昼も食べずに下られた感じです(笑)

午後からはオトリ店の上流での竿だし。

1時を回ってしまい、少し遅くなったかと思いながら、瀬肩の少し上で泳がせました。ポツポツときて1匹大きめをキャッチミスでロスト。

大きくて引き抜きの高さに失敗いたしやしたな…、飛んできたんですが低すぎてタモの中にうまく入らずハリスが切れて逃がしやした。

その後もポツポツと拾いますが、いつもの中州周りでは当たりを拾えませんでした。

3時半になったのでロッドオフ。午後は7匹掛けて1匹ロスでした。

さて、オトリ店に帰り友缶を引き上げる際、少し大鮎を眺めようとして両手に乗せたんですが、この時にピョン!と跳ねて、あっと思ったら友缶外へ逃がしてしまいました。

タモを持って足元にいないかと探しましたら、深いほうへ背びれをたてて泳いでいきましてな、泣きましたわ!?

写真を撮ろうとも思っていたのですが、それもかなわず証拠の写真はありませぬ(涙)

下手で数を釣れない上に、こういう失敗はいけませんな。

タツさん、アユノスケさんのご両人は流石です、多くの鮎を釣ってらしたですな!

台風が来ていることよりも、釣り堀1回と仕事が忙して早くて26日まで鮎釣りはお預けですわ。

16日は三重釣り歩記会で傳八屋さんお邪魔です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

9/9 好人の鮎釣り20(鮎釣りチーム選手権)

今季終盤の鮎釣り、先週の大きな釣り大会(シマノジャパンカップ鮎選手権)に続いて、今週も大きな鮎釣り大会に出てきましたよ!

どう考えても無謀な話なのですがな(笑)、三重釣り歩記会・鮎釣り部での参加ながら、好人はあくまで補欠参加で尚更に無謀ですがな…。

行ったところは合宿を行った岐阜県は郡上市内の長良川。
前に同じメンバー+1名で鮎釣り合宿をした場所です…あれ下見だったの?(笑)

参加したのは「第11回全日本鮎釣りチーム選手権」という全国大会、3人が一組で競うチーム選手権です。

我が鮎釣り部も2組6名でエントリーでの参加で、A・B・Cの3ブロックに3人が分かれて鮎釣し、チーム合計の匹数で競います。

当日の朝は早いので前日に出かけることにし、いつものおじん組3人トリオです。

8日の日は好人家に来てもらっての出発、すぐに御在所SAで夕食を済ませますな。

  ここからの写真はすべてK村さんからの借用です。

お二人はガッツリとトンテキ定食など、好人は軽く牛丼を…(笑)、

午後8:30過ぎに会場着。
すでに来ている車も見られますが、ここで車中泊します。

あとの3人、コンちゃんは今日は下見で竿を出して民宿へ、まっきぃさんは仕事を早めに切り上げ民宿泊まり。
タツさんは当日朝着ということで…。

大きなハイエースはよろしなぁ、ゆったりしていますなぁ! 後席で横に寝れます(笑)
2人は直ぐにお休みに…、好人はビールを1本! 外はひんやりと寒いです。
9時過ぎから12時前まではぐっすりと寝れましたな。

4:00ごろには次々と車が・・・

   

本部前の長良川(Cブロック)は少し増水してるようですが濁りはないようです。

  

精鋭がお揃いです(笑)、これは冗談ですがこの大会には鮎釣り会では超有名な皆さんが出られます。
TVに出て見える各名人ほか、釣り具屋選出のチーム(ドリームチーム)など多数で、彼らに会えるだけでも楽しみな大会ですな。

ここにはフィッシング游チームも参加しており、密かに岡田名人を応援してます。

   

受付・ゼッケン番号の抽選です…
ここで日券¥2000を買い、参加費(1人¥4000)を払い、記念品とゼッケンを受け取りますな。

記念品の一つは帽子です…これは協議中の着帽義務がありますな!

三重釣り歩記会:Aチームはゼッケン126番です。(AブロックにSさん、Bブロックにまっきぃさん、Cブロックがタツさんです)

三重釣り歩記会:Bチームは40番です。(AブロックにK村さん、Bブロックが好人、Cブロックにはコンちゃん)というチーム分け、ですが仲間のチームながらライバル関係にもなりますな(笑)

この時のゼッケン番号でBチームのは40番と早いので、オトリを早くもらえる、その分場所も選れると(良い場所が取れる…)思い、ラッキー! と思ってましたが・・・

  

本日の参加者は何人かな? 予定の150組よりは少し少なくて137組ぐらいか?
それでもそれだけ集まると凄い人・人・人ですわな。

6:00頃から開会式…ルール説明等々あり…、そのあと3ブロックに分かれていきます。

Aブロックが一番遠くてバスでの移動、SさんとK村さんが一緒でバスに乗り、歩かなくてよいので楽ですね。

ところがBブロックが一番多変だった。
B好人とまっきいさんなんですが、本部の場所から下流へ歩くこと歩くこと何百メートル? 釜淵橋のブロック会場までが遠かった!? まっきぃさんはともかくも好人はこれだけでクタクタ!? 若い人?には追い抜かれるし…。

その点Cブロックはその場だからAよりも楽、コンちゃんとタツさんの若い2人なのに(笑)

釜淵橋の上下、好人には今まで釣りしたことない場所だし、その上想定外のことが起こりますな。

何とオトリの配布順が思っていたのと違いますな!? 
40番だからまだ早いほう!と思い込んでいたのですがな、なんと3分割して3列同時配布なんですよ!?

単純に150組だと50人づつの3分割…何のことはない40番だとベコに近い、あほらしいですわ、好人の前には約120人もの人がオトリを受け取り入川場所を選べますわな。

オトリを受け取って見てる間にどんどん人で埋まっていく! 上流側・下流側とも…。

上流側はもう選手で一杯かと判断し下流へ向かうが…、よき空いた場所がない??

何とか急瀬の場所に空きを見つけ割り込みますな(笑) 左岸側には上下流の人とに十分なるスペースがありましたが、対岸の人が真ん中まで出ており、少し気が引けたが…。

   

これはAブロックの釣り場の様子です。

  

下流側は急瀬がどれだけ続くのか、長い流れですがズラッと人・人・人ですわ。

試合開始は7:30、大きくホイッスルが鳴りました。

普段では入らない急瀬だし、釣れないだろうと思う中オトリを送り出しますが・・・

今日のタックルは、竿9m、水中糸メタコンポ0.07号、鼻カンハリス1.5号、8号チラシ針(ハリス1.5号)という仕掛け周りに、背針を打って臨みます。

やはり朝一は水も冷たいので・・・掛かりますかな、というよりこのきつい流れに鮎が居てくれるか?(笑)

緩い流れの所からオトリを泳がせながら、きつい流れに入れていきますが…??

入れて7分後ぐらい、突然オトリガ泳ぎません!?!?

何ということ針が岩に引っかかったようでうんともすんとも…、流れが速くて根掛り外しを出すものの届かず…あぁ
水中糸をもって引っ張ると…プッツン! やってしまった~!

開始間もなくオトリをロス(釣果マイナス1)するとともに、仕掛けの張替えに時間をロス!

張替えに20分もかかってしまった。

幸いにもその寒にも見える範囲の人には1匹も鮎は掛からずで…。
目の前にいた赤い帽子のドリームチームの若い人も、釣れずに前や後ろに竿を出したり動いているが…?

新しいオトリで1時間近く粘るも何の反応もなく動くことを決意。またまた下流域へ向かうが瀬の釣り場には人が一杯!
かといって、見える範囲の下流のトロ場までには遠すぎる…!?

仕方なく、またまた急瀬の空き場を見つけ…少し心苦しいが入らせてもらう。

声を掛けた人からの返事は全然釣れないという!?

そこから時間まで粘るがまったく当たりはこない。左岸側の上下の人には誰も来なかったように思うし、対面の右岸側に陣取る地元の釣り師3人にも反応はなかったように思いますわ。

ただ、右岸側の近くの下流側の人に当たりが来てから、その人は最低5匹は釣れていたはず!? 羨ましくも見ていたが、真向いの左岸の人には何も来なかった。

10:30の終了を待たずに10:00で終了しますな。
片づけるのと検量場所まで行くのに時間が掛かるとの判断です。

結局、1匹(オトリの残り)だけの検量で…ほに申し訳なし

そこから本部まで買える足取りの重さよ! 益々歩くのが億劫ながら、岐阜在樹の若い娘さん?と一緒に帰ってきたが…。
鮎釣りしだして2年目とか言ってたが、ほんとかなぁ!? 釣果はゼロとは言ってましたな。

先週のジャヤパンカップでは1匹の釣果、今回は釣果を稼ぐどころかマイナス1で…、いやぁ恥の上塗りですわ、お恥ずかしや!!!

当然チームの足を引っ張りましてな、BチームのK村さんが込8、コンちゃんが込6で予選落ち。
AチームのSさんも調子悪く、まっきぃさんもダメで、一人タツさんだけが込13匹でしたが、こちらも予選落ち。
タツさんはジャパンカップでの屈辱が晴らせたかな?(笑)

2回戦進出のボーダーラインは32~33点ぐらいだったでしょうか? 20チームが決勝に・・・

三重のフィッシング游チーム(ドリームチーム)も残念ながら2回戦進出はだめだったようで、一人の岡田名人に声を掛けると、同じBブロックにいた自分が釣れなっくて足を引っ張ったと…。

   

2回戦進出チームにはまた朝と違った帽子を着帽します。

さて落選した我々はどうするか…(笑)

お昼ご飯を食べながら2回戦を少し観戦し、景品の抽選会の16:00まで時間があるのでどうするか??

元気でやる気満々のK村御大とコンちゃん&タツさんは、会場少し上流へ釣りに行ったが…、Sさんと疲れ切った好人は温泉へ(笑)、まっきぃさんは寒暖差で熱があるとかで12時過ぎに帰路に浸かれた。

温泉に浸かり、地場のラーメンと生ビールを飲んで(好人だけよ)帰還するもまだ時間はたっぷり!
釣りの連中も全然帰っていなかった(笑)

下流側の試合を観戦に…、岡田名人も見ていたのでまたまたお声かけ。ここで一緒に来ていた島ちゃん(美杉在住)を電話で呼び出してもらう。
1年振りにあう島ちゃん、住所を言ったら過ぐに思い出してくれたが…(笑)

試合は12:30~15:30の2時間の戦い。

そろそろ終わりかけの3時頃になり、抽選券を入れてくださいとのアナウンスが…、二人はいれて3人にははよ上がれ!?と連絡(笑)

15:00過ぎから表彰式が… 

   

1位~3位まで、やはりプロの方々のチームが優勝されましたな。
1位が2連勝となるRSラシュラン組、このチームは地元を代表する全国規模の選手たちです。

2位はダイワのプロチームでしたな。3位のチームはよく知りません(笑)

そして抽選会が・・・

 

協賛された会社からの沢山の景品が一杯でして、中には最高20万の釣り竿も…。

しかしながら、残る5人の中で当たったのは私の小物バックだけ…お笑いですわ!せっかく遅い時間まで期待して残っていたのに(爆)

皆さんお疲れさんでした。来年も近くなら参加しましょう!

Sさんには往復の運転ありがとさんでした。

さぁ来週は1か月振りの海上釣堀で傳八屋さん、その前の14日にはまた吉野川へ行きましょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

9/2 好人の鮎釣り19(シマノJC参戦)

2日は大きな鮎釣り大会に出て遊ばせてもらいましたよ~(笑)

大会の名称は「2017シマノジャパンカップ・鮎選手権、関西B予選会」といいまして、全国的に開催されている大会の関西予選会の2回目ですわ~。

好人以外の方々はともかくも、好人には”無謀”以外何物でもない参加でして、下手っぴがアホですねえl(爆)

他のお仲間は、SさんにK村さんにタツさんの「三重釣り歩記会・鮎釣り部」の面々ですた。

4:00前に会場に入り一寝入り、1時間ほど寝てましたな。

(ここからK村さんの写真拝借)

    

沢山の車です・・・

   

目覚めると大勢の車に人・人・人

K村さんは小生の真後ろに駐車されてましたし、あとの二人とも合流。
好人は朝飯を食べますた(笑)

5:30~受付…参加賞やゼッケン(オトリ配布順や場所入り順が決まります)をいただきます。

好人のゼッケン番号は「43」 受付場所より上流になりますな。

ちなみに本日の参加者数は「139名?」だったと記憶…?

受付後に着替えをします。
もらった帽子を着帽し、帽子とベストにゼッケンを貼ります…目印ですな(笑)

(着替えをすまして説明会後、車に戻ると違反失格の可能性あります)

6:00過ぎから集合し、場所分け・ルールの説明など

この日は1番~70番が上流側で、71番以降が下流側に分かれての釣りになります。

ちなみに43番の好人は上流側の43番目のオトリ受け取り&入川順です。タツさんは25番で好き人より早く上流側。
SさんとK村さんは下流側で、K村さんは何と133番だったかと…(笑)

説明会後オトリ配布が始まりますが、大勢なので縦2列で順番を待ちますが、その前に菌を持ち込まないように靴を駅に浸します(ジアノックえきかな?)

並んでいたら偶然にも早い番号の列にSさんの息子のTくんがいまして声掛けします(笑)
8番をつけてましたな!

1番の人から全員上流域を目指していかれますな…若いから健脚ぞろいで(笑)、タツさんも早めに上流へ向かわれました。

好人はもう歩くのがしんどくて…、最初から受付近くに入る算段…釣れようが釣れよまいが釣ったこともない場所なので、どこがポイントなのかもしらないのでねぇ(爆)

で、上流部の最下流へ入りましてな、区分けの幟よりは100mぐらいは上流ですかな?

ここで7:00の開始を待ちます…上流へ向かった人は30分近くも歩く人もいるらしい?(笑) まだ現場へ向かったいる頃か…?

待っている間にふときくとTくんの声が聞こえる!? 
なんと上流3人目にいるじゃないですか!思わず近寄り声掛け(笑) 彼は上手なので彼がここにいるちゅうことは場所もいんだろうと得心したが…(笑)

Tくんが入っている目の前には岩盤が縦に長く2~3本入っている、いかにも鮎が居付きそうな場所…流石じゃ!と思ったのだが…。

好人のいる場所は玉石しかない場所でしたが、31日の午後の要領で頑張るしかないと…。

7:00 釣り開始、ホイッスルと陸上のスタート合図のピストルの音が鳴り響きます。ピストルは都合3回もなりましたが、フライングでもしたのかと…(笑)

さぁスタート!

手前からオトリを泳がせていきますが、何ら変化なく…(笑)
石のように見える影を追って少し上に上ったり、真ん中から左岸側へ寄ったりを繰り返しますが、当たりなし!?!?

上の人達見ていても釣れてないようですな…安心安心(爆)

境目近くまでくだりますが当たりは来ません。思ったより流心の流れは押しが強くまた深い! あまり左岸側へ寄ると背が足らず流されそう?(笑)

Tくんとの間にいた2人は早くに場所を移動していったが…。

思い切ってTくんのいる上に行くことにした。

聞くと1匹は釣れたと…でも1匹だから苦しいわな…

上から徐々に釣り下がってくる人がいてうまく場所取りできませんな、Tくんは逆に下がっていった。

真ん中に立ちこんで左岸を狙う人たちを尻目に、右岸岸寄りから真ん中を狙ってると、コツともいわずに掛かりましたよ、待望の1匹が!!

小さいやつですが釣れてない中嬉しいですわ!

これをオトリにして2~3匹はと目論むが、ぜんぜんだめ!?(笑)

また下へ下っていく。

最初好人が釣っていた場所より幟寄りでTくんが掛けている。もう一人降りてきた人も掛けている!

くそ~粘らなあかんのやなぁ!? いやいや、やはり狙いどこ泳がせ方など違うのでしょう!?

Tくんは込8匹まで伸ばしましたな。

10:00前になり皆さん続々と帰って見えます…10時帰着第1予選の決まり。時間オーバーは失格です。

好人は込3匹 釣れただけましと思いましょう!?(笑)

 

1次予選の結果だそうですが、有名な方々も見えていたようで、ダイワの瀬田名人とか…勝負のジャンケンに参加しているのを見に行ってしまいましたわ…ミーハーだす(笑)

最後の抽選会まで待たずにお昼だけ食べて4人揃って大鮎狙いに…。 

前回と同じ場所を泳がせるもこの日もビクともこない!? 少し上のタツさんも同じようだ…。

S&Kご両人のいる橋上に向かうが、二人は釣れてるよう…場所の差だな(笑)

思い切って橋真下の荒瀬を狙うことに!

思ったより足場はよく…、しかし凄い流れの中にオトリを泳がせられるかが問題!

背針を打ち、なおかつ錘をかませてみた(笑)

すると来ましたぜ! 

竿が良いので下がらずに溜められます…バカでかくないだけか!?(笑)

それでも22~23㎝はある立派なやつ!

最初これをオトリにするには迷って曳舟に入れたが…(笑)、思い返してオトリに付け替えた。
するとほどなくしてまた大鮎が掛かりましてな、岸にまで寄せましたが…葦の根に掛かってしまい、掛け鮎だけハリスが切れて逃げて行った、あぁぁあ!?

遡上してきたタツさんと入れ替わりにまた下流へ

タツさんが釣っていた場所できましたよ~! これはデカそう! 

右に左にと走り回りますわ!なかなか寄らないのを耐えて堪えてとりこみましたらデカい!

やっと取り込みましたな! 上がってSさんのメジャーにあてたら26㎝はありました。大満足!

取り込みは26㎝、22㎝、18㎝の3匹、少ないが良かった!

9日にはまた大会に挑戦! 釣れるわけないけど皆さんと長良川へ行きますな。
今度は「全国鮎釣りチーム選手権」3人1組での釣り大会に出てきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

8/31 好人の鮎釣り18(吉野川)

26日に吉野川に行きましたが、雨による増水と濁りもありニゴイ(ヒバチともいう)にも邪魔されて釣りにならず、僅か1時間半釣りしただけでスゴスゴと引き上げてきてました。

しかし、9月2日には実はシマノ主催の「2017ジャパンカップ鮎・関西B大会」に参加予定しており、2~3か所ぐらいしか釣り場所をしらない好人めは、どうしても大会会場を知っておきたいと思っていたのだが…。

そのため31日の休みも吉野川に行くことにしてました。

そして久しぶりにK村さんとの釣行になりますな、Sさんも来るとばかり思ってましたが…。

6時に家を出て8時前にいつもの駅裏橋本オトリ店へ。K村さんすでに到着されてましたな。

18回目の鮎釣りの開始ですが、午前中は”大鮎”を狙いたいというのでお付き合い…、果たして好人にも釣れるのか?(笑)

聞いていた下流の釣り場へGO!(笑)

好人には初めての釣り場だすな、深くて流れの強い大鮎の潜みそうな釣り場ですわ!

(ここからの写真はK村さんブログより借用です)

K村さんは過日2回も来ているので、28日に竿だしした下流側のトロ場ば好人に入れと…、K村さんは上流に消えていった(笑)、どこへ行ったのか初めての場所でまったくわかりませんな…。

今回用に買ってきた太い仕掛け(水中糸がメタコンポ0.125号、ハナ環ハリスが1.5号、針8号のハリス1.5のチラシ大仕掛けですわ。

竿の長さに合わせるなどしていて釣り開始は9時半にもなっていましたかな?

大きな石で流れに波が立つところから期待を込めて泳がせます。
が、一向に鮎からの反応なく時間だけが経過します。

その間にも上流ではK村さんは大引きを堪能していたらしいが…?

K村さんの釣果はこの写真のようだという…。

    

いずれも24~25㎝もあったらしいが…羨ましいことよの~!

K村さんが上流で楽しんでいる頃、好人は下流で悪戦苦闘するまでもなく…、大鮎・小鮎からの反応ゼロリング!

一番下の荒瀬の手前まで何度もせめては見るもののどうなっているのか? 鮎はいるのかいないのか???

あまりの反応のなさに上流を見に行くことに…。

K村さん瀬肩で釣りしてましたぜ(笑)

で、攻守交替?いや場所後退して私上流で竿だし、K村さんは慣れた下流へ。

ここでも反応ゼロリング!?

私の後を狙ったK村さんでしたが、この日の当たりはゼロ…誰かがあらしていったんでしょう? 難しいですが鮎がいないと…(笑)

午前中は今日もボ-ズだす。

一緒に昼食してから午後はいつもの駅裏へ

  

どんどん上流へ向かうK村さんを見ながら、瀬肩から始めます…、一番入りたくてまず1匹掛けたかったが人が多くては入れませんでした。

ところがここで福音が…。

 

釣れたんですよ~この写真の辺りで…。

2時5分前頃から立て続けに掛かってきましてな、30~40分くらいの間に6匹も!

まあ大きめの1匹はタモキャッチミスで逃したものの、5匹を手中に…。

帰り際にもう1匹釣れて都合込8匹を持ち帰りました…あっオトリは午後にも2匹買いましたが、午前中のを入れると10匹の持ち帰りだす(笑)

狙いの大鮎は釣れませんでしたが、鮎が釣れてよかったです!

2日の下見はできませんでしたが、弾みをつけたいですな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

8/27 小鮎釣りとBBQで遊ぼう会Ⅱ

鮎ボ-ズに終わった翌27日は大鮎ならぬ「小鮎釣り」釣行の日でしたな(笑)

今季2度目の「小鮎釣りしてBBQで遊ぼう会」企画ですが、今回はお誘いも少なくして4名だけ、いや途中参加の人入れて5名での釣行となりましたな。

今回の参加者は、こんちゃん(鈴鹿)、澤ちゃん、としくんと好人、そして途中からS本さんがイカをもって参加の予定(笑)

前回より遅くして6時に澤ちゃんに好人家まで来てもらい、二人で相乗りで出かけます。
澤ちゃんには昨年だったか一緒に出掛けたが、生憎の芹川や彦根港ではまったく小鮎が釣れなかった経緯があります。

まぁ澤ちゃん、個人的に塩津大川という場所で小鮎釣りの大釣りは経験済!(笑)

7時半ころ道の駅せせらぎ高良?に到着、としくん&こんちゃん組を待ちます。

ほどなくして集合していつもの名神高速道下へ…驚きました大勢の人に!

もう一つ驚いたのが”水が無い!”

7月の時と比してものすごい渇水なうえ、左岸側には流れがありません!
ですので足場の良いテトラの上から釣ることは不可!? 皆さん川の中に入るか 右岸側に渡って釣りされてる!

としくん&こんちゃん組は階段から少し下流の左岸にある流れで釣り開始します。

澤ちゃんと好人は目の前にできた中州に渡り右岸側を釣る作戦! 
じゃぶじゃぶというかペチャペチャの川へ入っていきましてな、少しできた中州の砂利の上に荷物を置いて釣り開始!

近場から流しますが当初は全然釣れませんでしたな!?

前回と違い魚影が薄い? 泳ぎ回る鮎が見えない!?

しかし少しづつ釣れだしますとこれが大きめ!

塩津大川での釣り体験した澤ちゃんでしたが、全く違う大きさに大喜び!

としくんらも苦戦していたが、こちらもたいして数は釣れやせん!? が、退屈せずに楽しめますな!

サイズは9㎝クラスから最大が13㎝くらい…、13㎝なら本流の小鮎ですわな!?(笑)

まぁそこまででかいのは少なかったですが、大の大人が遊んで食べるには十分(笑)

また水に浸かっての釣りですで涼しい!!

少しづつ数を増やしていきます、そんなに多くはないんですよ(笑)

そのうちに親子連れが2組かなやってきて、空いていた下流側に入られましてな、聞くとどこかもっと下流でつりしていたのだがまったく釣れなくてここまで来た!という…。

下手っぴ親父を見かねて女の子を手招き、小鮎の付いた竿を渡して遊ばせます。2~3回遊ばせましたでしょうか、喜んでくれましたよ!

11時頃にS本はん到着、遅いうえに甚平スタイルです。釣る気ないんちゃう?と思いましたが好人の竿を取り上げ釣りしてますわ。

好人はこの間に釣れた小鮎の腹だし作業を…、から揚げの準備だす。

11時半ころからBBQやろうと計画でしたが、えらい釣れだした澤ちゃんの釣りが止まらず(笑) ようやくBBQ開始に上がりました…もうこの時点で後半の釣り意志はなかった!?

BBQの献立は今回も素麺がメイン、しかし流し素麺ではなくただの冷やし素麺(手間が少なくて…)、それに持ち寄りの焼肉、S本さんが釣ってきはったヤリイカ、少しのお漬物。

イカ捌いてくれと言われたが、プラスチックまな板の上ではツルツル滑ってやりにくく、手抜きの料理となりましたが、焼いたイカは甘くて美味しかったですな!

そして釣った小鮎のから揚げ、これは大きくて食べごたへあり、また美味しい! 澤ちゃんご機嫌!
(好人の小鮎提供の予定でしたがとしくんが提供してくれはりましたよ)

1時半だったか2時だったか記憶が薄れがちながら、楽しくBBQを過ごしてやはりそのまま釣り終了で帰宅した。

この日の好人の釣果は、大きめの小鮎37匹…少ないですが楽しく釣りでき、またサイズが大きかったので大満足!

澤ちゃんは最後の追い込みが効いていたのでもう少し釣っていたかな? としくんのは食べちゃったが好人と同じくらいか?

これで小鮎は来シーズンまでお預け! 

11月からはワカサギ釣りとBBQで遊びましょう!

また、アマゴ釣りも始まります、また楽しく一日をご一緒ください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

8/17 好人の鮎釣り16「青蓮寺川」

6月の解禁日以来の名張”青蓮寺川”に行ってきましたよ。

始め楽しく中盤から後半ガックシなる釣行で、疲れましたが下手くそです~!?

前日の長瀬太郎生川におけるタツさんの52匹という釣果に驚きましたねぇ、いへ決して刺激されたわけではありませんが(笑)、今週末に休みが取れなくて27日までお預けなものですから、行きたい気持ちがありました。

朝から行けばまた違った展開が待っていたかもしれないけれど…、山の神の顔色を窺いつつ朝はゆっくりしてましたが…、行きたくて何とかしましたな(笑)

出発は10時過ぎ、現地に付いたら11時半ころ。

組合事務所では、辨屋さんで顔なじみの釣堀師「中矢さん」ご夫婦と娘さんとお孫さんにお会いしたこともあり、少し話をしてました。
青蓮寺川で時たまお会いすることがありますな…曽爾の方か?(笑)

組合上流に向かい洞門の上手に入ります。
車置き場から河原を150mぐらい、出足から疲れました!?

オトリを送り出したのは12:20にもなっていやした…ゆっくりしすぎ!?

少し曇り気味で風はなし、見渡す限り誰もいない? 釣れない場所なのか?(笑) 川の水は生ぬるく感じます。

しかし野鮎の反応はすぐに出ました! 5分後にコン! なかなかのサイズですよ!

組委のMさんに入るんなら洞門の横でh無くて上手と言われてたので、最上手での竿だし、瀬の上流の緩めの流れなお中です。

気をよくして野鮎に代えて送り出します…また5分後にきましたな! 少し小さめでした。

おっまた来た~と気分よろしなぁ!(笑)

その後も5分に1匹、都合20分で4匹も釣れまして、今日は凄いことになるかも?と皮算用!?(爆)

1時間のうちに6匹まで釣れたんですが、7匹目・8匹目が遠かった…。

6匹目が釣れてから7匹目まで30分以上掛かりましたな。

そしてこのあと大ミスして…、覆いかぶさる木に天井糸を引っかけてしまい!? 水中糸から切れて1匹ロス…あぁあ

仕掛け直しに20分も…。

上手の緩い流れを諦め下手の荒瀬に入っていくが…、根掛り多発で釣りにならず…、仕掛け直しのオンパレードで…。

石に挟まるのならまだ良いのだが、みなゴミに絡んでる!から簡単には外れませんな!?

この日は4回も仕掛け直しで時間をロス!

下の荒瀬(急瀬?)で格闘すること2時間も…、荒瀬の中には魚がいないか腕が悪いのかまったく掛からない!?

しかし半分は仕掛け直しに…ホロホロ

8匹目をやっと掛けたもののそれまでに3匹はロス、結局込7匹の持ち帰りで終了しましたが、目一杯やる予定がいや気が射して4時半で竿をおきました。

去年は吉野川に通っていた時期、最終には一度お邪魔しましょうかな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

8/12・13 飛騨宮川鮎釣り遠征

中身は計画通りとはいきませんでしたが、土日に飛騨市まで”鮎釣り”に行ってきましたな。

一人寂しき道中記はまた後日にでもアップするとして、現場着の騒動からカキコいたしましょう…。(笑)

予定より遅れて1時半ころ現地着。まずは「釣り大会」(と言っても身内の親睦釣り会みたいなもので…)会場に向かって車を走らせますな。

高山市内から続く宮川は、飛騨市古川町地内で竿を出す人(宮川上流管轄)を見かけるようになりまして、41号線から分かれて飛騨市宮川町を目指すなか、川と国道が1本の線上にあるようになりますな。

まぁ山と川を奥深く入っていく感じです(笑)

いくつかダム湖を過ぎて初めて鮎釣り師を見かけだしましたので車を止めます。
上手に3人が入川直前、下手には6人ぐらいがすでに釣ってるような…、そこへ関西電力の広報車がやってきて何か言ってます。

最初は聞き取れなかったのですが、「○○なので川から上がってください!」と言ってます。多分「放流が始まるので…」と解釈したのですが、この段階での雨の感じはなしで意味が???でした。

少し下って棚田の里「種蔵」の2枚目の看板を過ぎてからが驚きです! 川が俄かに濁流になってます!?

そこからの下流域は増水の上真茶色の川が延々~!?

会場について目の前の川は、最初少し濃い笹濁りだったのがみるみる茶色に変わりましたな。
こんなんで明日できるのかいなぁ~? との思いでSMSをくれていた電話にSMSを打った「川は真茶色だけど明日の釣り会できますの?」と…。

真茶色のことを知らなかったのか「大丈夫明日はできますよ!」との返事が…。

その時にはその言葉を信じて時間をつぶすことにしましたな。本当は2時間ほど竿だしするつもりであったのですが、これではダメと思い込み…。

実は、この下流域しか釣り場が無いと思い込み、濁りのあった場所より上も上は釣り場がないと思い込み…まして大放流が始まるし濁りが出るだろうと思い込み…?

それでそれからは流域の下見に…と言っても川の状況は分からずで、場所の雰囲気だけ眺めに富山県境を越えまちた(笑)
杉原ヤナ場も見て、少し戻りマンガ王国とおんり~湯に浸かり時間つぶしです。

会場に帰り野営の準備。血圧を測り薬を打ちます。持参したひやしうどんに舌鼓をうち、なんば(とうもろこし)をかじり、漬物を食べて寝る前の準備で食事を済ませます。

寝ようかな~と思っていたらSMSが入り、下流の濁りは取れそうにない!?会場を上流に替えたいと思う。組合を本部にしたいと…!?
その足で組合事務所まで戻り、一夜を過ごしました…体が痛いですわ(笑)

で、12日は終わりました(笑)

翌13日(日)、釣り会の日、早くから起きだして状況観察!?

6時頃主催者の室田さんも見えましたが、またどこかへ。
慣れているのか皆さん来るのが遅いなぁ(笑)、こちらは菓子パンたべて朝飯を済ませます(笑)

海上が設営され参加者がぞくぞくと集まって見えまして、受付が始まります。早速受付を済ませますが、宮川下流漁協の日券は¥2000、釣り会の参加費はオトリ2匹込で¥2000の格安です。

…と、「好人さんですよね?」と声を掛けてくれた人が…。
愛知県のMさん、一昨年の中津川での大会の時にお話をさせていただいた方のようで、覚えていてくれましたのと、その後、女性鮎釣り師☆釣り日記ブログの書き手「ゆうさん」のブログを見ていていただいてたようです。(時たまカキコしてますので…)

おかげでこの日一日楽しく過ごせましたです、Mさん大変お世話になりましたな!

受付時に抽選の形にて封筒を受け取り、中身を見ると「6番」と書かれたリボンが…、そうですオトリを受け取って川に向かう順番なのですが、早い番号ではありますが初めての川どこに入ればよいのかなど、まったくわかりませんのでどうでもよろし!?(笑)

今回の参加者は35名くらいかな? 中津川の時よりは随分少ないと思ったが、ブロガーのゆうさんらも東北巡りで参加できなかったせいもあるのでしょうな?

どこに入ろうかとMさんと漁協下の川を見て、近くだしここがええなぁ…と話をしてましたが、室田さんよりここは昨日の午後大勢の釣り人が入っていたのでやめたほうが良い!?と言われてしまった…はて困った?

そのうちオトリの配布が始まり早くに受け取り、少し下流域へ車を走らせる。すぐ下の橋から眺めるとよさげな流れの場所があり、ここに決める!

が川への降り口がわからない? もたもたしていたらMさんもやってきて手前に駐車された。道なき道?を降りていくがその先にはすでに河原を歩くMさんの姿が…(笑)

川にはすでに3人さんが目の前から下流にかけて釣りされています、大会の参加者ではありませんが、そのほかにも2~3人の人が見えますので、人気の場所でしょうか?

支流の流れ込みの上にMさんが入られたのでその下流に入ります。流れ込みに向かっては釣りをする人も見えますが、あの人はアマゴかヤマメ狙いなんでしょうな!?

9時20分、やっと大きなオトリに仕掛けを付けて送り出しますな。

少し濁りがあるような水ですな。かいし15分もなにも起こらず…、こういう時は釣れないことが多い好人。入れポンの時はちょうしがでるですがな(笑)

でも20分後だったが待望の当たり! 少し小さめの15㎝クラスでしたが嬉しいですねぇ!釣れましたよ!!

さぁ野鮎に替わり期待も高まりますな…、5分後すぐに2匹目が…、がこれはもう少し小さかった!?
そしてこれをオトリに3匹目もすぐきた~! これは大きかったですよ20㎝超え!

そしてこの大きなオトリに掛かる鮎も大きくて! 4匹目はなかなか水を切れずに四苦八苦!?? でも何とかタモキャッチ!

よかったですわ、釣れだして…ニコニコ、

ヘチから真ん中流心へと少しづつ場所を変えながらも狭い範囲の中で数を稼ぎます。

真ん中の深い流れでは当たり少なく、岩の横とか綺麗に見える流れの中での当たりが多く、掛かる鮎も大型が多いですな、時速5匹くらいか…。

同じところは不可、少しづつズラシながら拾っていきますが、思いのほかの辺りが続き、数えていたのを忘れるぐらい(笑)

上下に動いたのは20mくらいの範囲か? 横には向こう岸まで泳がせるも左岸ヘチでは当たり拾えず…あぁぁ、でまた右岸寄りへ戻ります。

その間にもあちらで1匹、こちらで1匹と掛かってきてうれしいこと! 

三重釣り歩記会「鮎釣り部」7人+1名の中で、一番腕の悪い好人にしては珍しく上出来な釣果(笑)

この日のタイムリミットは12時半帰着が制限。

のそのそしている好人のこと、切り上げの時間が気になりますわ! 車に戻れば本部まですぐなのですが、車に戻るまでの崖のぼりがなんともはや…(笑)

そのため11時40分に切り上げることにしましたな。

釣れたアユは活かして持ち帰れとの指令でもあり、鮎友缶にたっぷり水を入れて担いで上がるのはもう大変。

多分なんとか10匹釣れたろうと思いますし、サイズが良かった! 

ひいこら言いながら休憩をしながら崖を登り、やっとのことで本部(漁協)に戻りまして検量です。

何と込13匹(釣れたのは11匹)活かして持ち帰れましたな(笑) Mさんは込6だっか?

ところがところが、1位の方は何と26匹も!! 二人もお見えで驚きの数…、3位の方が25匹と信じられない数を釣られてます。

1位のお二人のうち1人は女性…せわしく世話を焼いてくれていたゆうさんブログにでてくる「Sさん」でしたが、この方、岐阜清流レディースの総合優勝を決めた方でもありました。

余りの釣果の差にあんぐりと…、いかにも上手な方がお見えです。

このSさん、室田さんのお弟子さんとのことであいさつの時泣かれてましたな、育ってくれたと…感激!

表彰はこの3人さんだけで…、ちなみに1位には来年の年券+試し釣り券が、同時にレディース賞となったSさんには同じ商品が送られました、羨ましいですな!

後の方には順位の発表はなく、抽選やジャyンケンによる景品の分配が…。好人ジャンケンはいけやせん!? まったく勝てる気がしませんな(笑)

だから抽選が良い、これでもいいものと悪いようなものと当たりの確率はあるわけですが、空くじ無しで景品は手にできる(爆)

抽選で帽子とトートバックをいただけましたが、1度残ったジャンケンはやはり最後に負けました(笑)

そうめんのお昼なども呼ばれて2時過ぎに会場を後にしました。

中津川の時には躊躇していたのですが、今回はMさんのお世話もあり、Sさんのお世話もあり、仲良くさせていただけました。

なお、三重釣り歩記会では、9月の行われる全国鮎釣りチーム選手権という釣り大会にA&Bの2チームでエントリーしてますが、本日の参加者のうちSさんほか2名で参加予定だそうです…チーム「鮎姫」、強豪ですよ~!

9月の再会が楽しみです!

室田さん、Sさん、Mさん、ご参加のみなさん、楽しい運営される大会に参加させていただきありがとうございました。

何時もながら釣りしてる内容の少ない釣行記となりましたが、お許しを(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

8/5 辨屋さんで楽しく釣りできました~!

5日(土)は、8月度の三重釣り歩記会参加での、南伊勢町礫浦「辨屋さん」での釣り会でした。

昨年は夏場の3~4か月間休止していた釣行会、今年は再開した結果今月も15名の参加を得て釣行できました。
皆さん暑い中なのにお好きです!?(笑)

この日の好人、久しぶりに澤ちゃんのお迎えを受けて、家から辨屋さんまで行きも帰りも後ろの席に乗せてもらっての楽々釣行です。(嬉)
同行者は今回初参加の「こうちゃん」さん、高齢ながら元気なベテラン釣り師さんでした。

3時半少し前と早めに出発、玉城のエサキチさんでは「シラサ1杯」と「ウグイ3匹」「青虫1パック」の生き餌と、真鯛イエロー1袋、魚かしエッサ1パックを買いましたが、団子系を沢山使いましたね。

辨屋さんに着いて驚いた!? 皆さんほとんど到着されていたが他のお客さんが少ない!?

夏の暑さと台風5号の影響からでしょうか?お客さんが少ない!?
まぁそのおかげで大イカダ2基でゆったり釣りを楽しめました~!

今日は朝から少しの雨模様、足の遅い台風5号の影響ですな。

幸い現地着の時間帯に雨が無く助かりましたです。
で、受付釣り座抽選やりましたが、今日は参加者表を忘れてきました。幸い抽選券だけ持ってきたので、裏紙にイカダ図を書き落とし込みます。

お客さんが少ないせいか、参加者1名不足もOK(小人数貸切OKでもあり問題なし)、ましてやオオイカダでもいいですよ!と大将がいってくれまして、大イカダ4号&5号を使えることに…、小さいとこより大きいほうがゆったり釣りできますわな(嬉)

事務所で支払いとポイントを清算している間に荷物を運んでくれて、こちらも楽ちんながら急いで乗船、イカダに向かいますな。

好人の乗ったイカダは抽選で4号北東。
同乗の皆さんは北西の隣がJackyさん、東側にはボヤッキーさんにしんさん、向かいの南側にはあっちゃんにくまさんが、西側にはにゃまずさんとふじさんの8人乗りです。

もう1台の5号には、澤ちゃんにこうちゃん、大阪から来てくれたとも33号さんによっしーさん、すぎちゃんにみっちゃん組と、北にはマナブンさんが1人釣りの7人に湧かれましたな。

6時過ぎから釣り開始。

最初は生イワシエサで青物狙いから…。でもこない!?

Jackyさんらが真鯛を上げる中、朝のサービスタイムは過ぎていった(泣)

暫くして釣れてる方にすりよって何とか1匹の鯛を釣りあげましたな!(喜)

それからはポツポツと鯛が釣れ…(笑)

その内小物類の放流が来て…、鯛は30匹ほどの放流があったらしい? 多いねぇ!
最後には黒く見えたがイサキだったらしい…。

みんなの気力が上がり頑張りますな!(笑)

少しづつ真鯛を追加!

ウグイのエサに代えて暫し、浮きが沈んで合わせを入れて…おっこれは青ですよ~!

久しぶりの青の引きに耐え…ハマチが上がりました~!

ほしかったシマアジも釣れました~!

今日はシラサエビにはなかなか当たりは拾えません。ほとんど魚かしのえっさ150とか真鯛イエロー&真鯛スペシャルの団子餌で当たりを拾ってます。

持ち込んだ黄色や青のササミや胸肉の色付けエサは使いませんでしたです。

青物の放流後皆さん青を拾います。

しんさんのは大きなカンパチ、久しぶりに見る大きさのよいカンパチです。

隣のJackyさんは誰より当たりが出ています、朝からシマアジ3匹や真鯛を沢山釣ってますが青が来ませんででしたな…。

珍しいことに大きな団子エサで狙っていたものの、当たらないので竿を上げようとして巻いてきたら、下から追いかけてきたハマチ4~5匹のうちの1匹がパクッと喰った~!

12時半になり早上がりの人達が帰ります。

おやおや5号イカダ側では7人ちゅう5人が、4号でもJackyさんにあっちゃんやくまさんの3人が帰られましたな。

大阪から来てくれていたとも33号さんによっしーさんも帰られたが、よっしーさんには三重で久々のツ抜けされたとかでご機嫌ですた…(笑)

ハマチ1匹Jackyさんにあげました。

ボヤッキーさんは大きな真鯛を上げるなどちゃくちゃくと数を稼いでいます。しんさんは真鯛が釣れずにボヤいていますな(笑)

そのボヤッキーさんとの角付近で石垣も釣られたのですが、好人が狙うとイサキに真鯛が上がりますな。今度は青虫がエサですた…、2~3匹釣れたでしょうか!?

さあ2時で終了です。

スカリの中を数えると真鯛が9匹、シマアジ1匹、イサキが1匹、ハマチが1匹、そうでしたJackyさんに1匹上げてますから全部で13匹も釣れてきましたな、久しいツ抜けです(笑)

月1回の釣堀釣行これで終了です、みなさんありがとうございました、来月また一緒に遊んでください!

ところで、今年後半の三重釣り歩記会ですが、一応予定です。

9月は16日に傳八屋さん   (16名)
10月は 7日にレインボーさん (12名)
11月は11日に辨屋さん     (16名)
12月は 9日に傳八屋さん    (16名) =お泊り忘年会もしましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

7/30 鮎釣り部合宿Ⅱ「馬瀬川」

鮎釣り合宿2日目です…。

朝起きると雨が降ってましたが…、好人の涙雨かと思われましたがな、なんと!?昨日とは一転、晴れ晴れとする一日になりましたな。

 

まずは朝食をガッツリ食べて(笑)、この時から今日は釣れよ!とうるさいことこの上なし…

 

奥美濃荘を後にして、相談の結果今日は下呂市馬瀬川に行くことに…。

コンビニで昼飯買って一路馬瀬川に走ります…好人にも初めての道で…1時間以上は走りましたな…、一山ふた山超えるだけと思うのに長い距離を走りましたな。

その昔、2~3度は一人釣行した馬瀬川ですが、僅かに漁協の位置を覚えてるぐらいで…そのほかは思い出せませんでしたわ。

馬瀬川は木曽川水系の河川で、長良川と人気を2分する鮎釣りで有名な河川です!

 

途中の囮や「むささ」さんで日券を買って…、ここは老齢適用は75歳以上ということで、対象はK村さんだけで…(笑)

今日は日券¥2500ですな。

長良川ほどではないですが、よいポイントなんでしょうと思われるところには早朝から沢山の釣り人が入ってますな。

まっきぃさんお気に入りの中流域のポイントに入ります。

長良川と違って水が綺麗! 透き通っている感じで石から底まで鮮明に観えます…水は冷たい!

  

活かしてあった前日の囮をもらいまして…、今日は皆さんから”釣ってもらわねば!”との声が高く…プレッシャーです。

好人はやはり歩くのが億劫で目の前の瀬肩に入りますが…、まっきぃさんが立ち合いしてくれます。

みなさんは下流域へ…

   

これはK村さんの入られた場所ですな。

まっきぃさんから、「好人が1匹が釣るまで見ています」と言われて、大いに緊張の中オトリを泳がせると…一発でググッと来ましたよ!

早い早い、今日は一発目から来てくれますよ~、ありがたや~、まっきぃさんも安心して自分の釣りを開始しましたな。

好人め、続けて2匹目を…、サイズもよろしなぁ! 続けて3匹目も来ましたよ~!でもこれは小さな鮎ながらオトリにして送り出しますな。

これは掛りが来ずに入れ替えましたが、1時間で5匹来てくれて嬉しや~!!でしたな。
でもその後は1匹でちた。

11:00午前の部終了した。

 

K村さんの写真にて好人の後ろ姿…午前中6匹でして、皆さん不調のなか竿頭ですと!
やりましたねぇ、少し汚名挽回か…(爆)

  

昼食後一旦上流を目指すも人が一杯で、Uターンして下流へ。
馬瀬川漁協さんの前に入ることに…。

  

こんちゃんとK村さんとで上流側に入りまして、瀬をせらいますな。

即1匹目が来ましてな、流石K村さんがゆずってくれた場所だわいと喜んでましたが、上にいたコンちゃんも調子よく掛けていたらしい…上流の方はそうしょっちゅう見てられない(笑)

私、ここでも5匹釣れましてな、もうほくほくです!

  

まっきいさんも苦戦されてるようです。

みっちゃんだそうです(笑)

Sさんポンポンと2匹ゲットしてました…そうです。

私実は5匹目のオトリを対岸に入れましたら根掛りしましてな、少ししゃくったら水中糸部分から切れまちて…、オトリはロスするは仕掛けは無くなるわで戦意喪失…、あたらしい仕掛けは次回用に張り替えましたが、竿をおきました。

皆さん早めの終わりで14:30に終了。

Sさん・こんちゃんは午後7匹だそうです。

好人目午後も5匹、通算11匹で本日の竿頭となりました! がわからんもんですねぇ、やはりええ場所に入らなければ???

そしてお風呂に入って帰ります…馬瀬川温泉・美輝の里…スパというだけあっていろんなお風呂がありますな、下呂温泉と泉質一緒だそうでつるつるです。

途中の関SAでみなで高山ラーメンたべて解散しました(笑)

好人ところに8時前か到着、Sさんとこにはまだ1時間半かかり、K村さんとこにはもっとかかるが皆さん無事にご帰還いただいたようです。

仲間内での楽しい2日間の合宿を無事終えて、まっきいさんありがとさんでした、Sさんにはずっと1人運転でお世話様でした、ありがとさんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧