釣行記

釣行記

2018年7月17日 (火)

7/15 小鮎4 大爆釣の小鮎釣りとBBQ

いやぁ~大爆釣の小鮎釣りでした・・・いやぁ~暑い一日いや半日でしたなぁ~!!(笑)

昨日終了のご報告だけアップした「小鮎釣りとBBQして遊ぼう会」ですが、今日はその釣行記をば書いておきまする。

15日は快晴無風の中、番外編の「小鮎釣りとBBQして遊ぼう会」をば実施できましたが、昨年同様小鮎は大爆釣できるはBBQは美味しいわで、本当に楽しい一日となりましたなぁ。

開催日の2~3日前からは目的場所の小鮎釣果h情報が続々と…。良い情報ですから早く広く拡散するので、釣り客は多いだろうなぁ!?
集合時間は早めるように言ってはみたが、釣り場所の確保ができるだろうかの心配を胸に、少しでも早く現地着しようと4時に釣り倉庫を出る予定が、撒き餌を忘れたりで15分ほど遅くなった。

澤ちゃんと2人、少し飛ばしめに走り現地に着いたは5時過ぎ。車は多く、下見してBBQしようとした場所にも車が2台…遅かりし由良助!?でしたが、この2台は我らが仲間で一安心。

しかし河原を覗くと人がズラリ…一杯です、5時過ぎですよ! 夜明け前から来るとは聞いてたが、小鮎ごときでこの人出はなんや~!ですな(笑)・・・我らもそのうちの一人ですが…。

その中に、S本さん、とも33号さん、よっしーさん、とこなみさんにTAKEYOSHI君らもいて、すでに沢山釣れてるよ~!とのたもうていますな…。

準備中にmoriさんから打電、そうや現地集合の変更連絡を忘れておりましてな、一人道の駅で待っていたらしい!? ごめんやっしゃ~!

としくんにこんちゃんんらも到着し、全員で空いている場所に三々五々に釣り場に入ります。全員が並ぶのは無理無理!?

今日の参加者は12名。
S本さん(東近江)、こんちゃん(鈴鹿)、澤ちゃん(四日市)、TAKEYOSHI君と奥さんにはとこくん(八尾)、とこなみさん(聞き忘れ)、としくん(鈴鹿)、とも33号さん(堺)、moriさん(枚方)、よっしーさん(泉南)に釣魚好人(津)の面々です。

好人めは、TAKEYOSHI君らの前を川中をザブザブ横切りまして上手に入ります。
沢山の小鮎がいてるので、何にも文句は出ませんな…少し蹴散らしてもすぐ寄りますんでね(笑)

5.4mの竿、5本のパールビーズ付き針仕掛けをセット、ラセン錘2号を装着し竿だしで来たのは6時頃でしたな。

さぁ、それからは面白いように釣れてきますなぁ小鮎ちゃん達!

先日に澤ちゃんと言った時よりは全体に小さいが、釣れてくる数は半端ないですわ!

そんなもんよそ見してても釣れる! 撒き餌しなくても釣れる! 2連3連は普通に! サイズは小振りですがそれでも7㎝~12㎝ものが、中には13㎝ものも混ざりますな!

ともさん、よっしーさん、としくん、こんちゃん、Sほんさん、TAKEYOSHIくん、澤ちゃんはよくしっていますが、エイトのとこなみさんは初めてという!? でもそんなの関係ないっ!?てな調子で沢山釣られてますよ~!

どこへ投げても掛かってきますから、ウハウハですな!

7時にはともさんが「釣り飽きたもうBBQしましょう!?」とのたもう始末です!?

とにかく去年同様の釣れっぷり! その上川水は澄んでいて綺麗! 石は白くて見栄えが良い、良い川です。そのぶん大き目(15㎝サイズ)は落ちて一旦でしょう、大水で!?

足元にも泳いでいますし、中の流れ、遠くの向かい側の流れでもよく喰います。

一時7本針仕掛けに替えてみたのです、何と7本針にパーフェクトに掛かってきましてな、2回続きましたが、3回目には来なかった? あえなく仕掛けが絡まって…(笑)

好人めはもう10時には十分との思いで竿をたたみました。同じ思いの人は多数いて(笑)みなさん素直に早めのBBQ仕度です。

全員が100匹は優にオーバーしてるでしょう! 好人めは多分200匹と昨年を越えたはず???(笑)

さぁ、BBQの開始です。
何から調理しましょうか? て、好人めはデンと椅子に座ったままですねん。

道具類・器具類・食器に調味料の用意が私の役目、後は料理上手に任すに限りますわ!

ともさんに得意のウインナーの3種炒めから…、同時にこんちゃんには小鮎の唐揚げが始まります。
TAKEYOSHIくんには焼肉の持ち寄りと調理をお願いし、moriさんにはノンアルビールとお茶などお願いしてますな。
澤ちゃんには大きな椎茸の焼き物を担当してもらい、としくんには素麺担当です。とこなみさんにはおにぎりを、よっしーさんいにデザートの桃を(昨日買い出しまでしてもらった荒川の桃)、S本さんにもデザート持ち込むと聞いてたがハテ何が出たのかな?(笑)

また、よっしーさんにはいただきものの猪肉までご提供!ありがとさん。

いやぁ美味しゅうございますよなんでも! 
野菜は何もございませんが、椎茸が甘くて美味しゅうございあした!
ウインナ-はいつも以上に美味しくて!
お肉は、高級肉ですべて好きなお味に満足でした。
素麺も美味しかった!
小鮎の唐揚げも最高の味!
ごめん好人はもうおにぎりは入りませんでした(笑)
桃は本場の荒川産で大きくて美味しゅうございました!
もう一つのデザート…?回ってきませんで市やなぁ!?

大勢での小鮎会は今回で終わりかな? いやまだ少人数では出かけることはあるかも!
小鮎釣りは費用が不要(但し、漁業権の無い場所での)で、簡単に釣れるし食べても美味しいですよ~!

来年は春から琵琶湖岸で開始する予定です…参加を考えておいてください。とこなみさんによると熊野川(本宮大社の下流)でもエサで大鮎を釣るらしいです?挑戦してみたいが遠い!?(笑)

ご参加のみなさんお疲れさん!
暑さ忘れて釣りしてましたが、体が熱く感じましたよ、大丈夫でしたか!?

また爺と遊んでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

7/712 鮎12 突然に野洲川へ

12日は鮎釣りに野洲川に行ってきました。

11日、突然に御大より誘惑LINEが…。
本当は、当日は朝から15日の「小鮎釣りとBBQ」の準備をゆったりとするつもりでしたが…。

まぁ午前中ならいっか!? てなことで、7時に湖南市甲西町は三雲釣り具さんで落ち合いましたな。

もちろんK村さんは着いていたのですがな、悩んでござる?

三雲さんの横を流れる野洲川は濃い笹濁り状態であり、店主が言うには、垢が飛んでいて鮎が居付きしていない…、昨日も釣りにならなかったよ!?

そういわれても出かけて来たからには釣りしなくては!? ということで、日券¥2500、オトリ2匹¥1000を買い、石部地区の中郡橋のポイントへ向かいましたな。

 

K村さんも好人めも初めての場所ですな!? よく釣れてるらしいが…今日は??

地元の同好会の皆さんが遊漁券とオトリを販売されてたのでお聞きしても、状態は良くない!?と言われる始末。

  朝一の姿というかポイント…左岸側の流れです。

先に来ていた皆さんが下流に見えるので、我々は上流側へ…。好人めは橋真下の瀬の上…瀬肩へは要ります…先取ですわ(笑)

やはり石はサラサラで白川状態で垢は付いてませんな。

 

K村さんの入られた好人の少し上流の流れ。

水の中に鮎はよう見つけませんがピョンピョンと跳ねる姿は多数見られますので、これはと大いに期待するものの…。

左岸より二泳がせますな。

K村さんからかか掛かったような声が!? 見るとキャッチしようとしてるとこ…だがポチャリ!?(笑) 見た目小さくうまく針に乗ってなかったようですな…。

2匹目も掛けられ小さいながらゲットされてます。

かく言う好人めはほどなくして当たりがあり、ええサイズをげゲット! しかし色白です~。

次々釣れて来いよ!と送り出しますと続けて2匹目が…ちょっと間が開いて3匹目がきて釣り出し後30分で3匹!

悪いと言われてたがこれは違うのかな? 来るのかな? と思うも間が開きます。

それで6.5号3本錨から4本錨に変更すると、きましたで~! でも小さい!?

小さいやつの3連発(笑)、よく掛かるがなぁ小さすぎ…遡上してるんですね湖産鮎!

そして今度は大きめが来て…しばらく間が…下の瀬まで降りていきますがチビ1匹だけ。

思い切って中の流れの上手へ移動、深みを少し泳がすが来ませんな!?

それでK村さんの朝の場所を探ることに…思いのほか流れが速く弱ったオトリ、小さいオトリは流されます。
そのせいかピクッとも鮎の当たりが途絶えて久しいです。 

   

跳ねるのにかかる鮎はいない?? 時間も来て左右を探りながら下がる風景がこの写真だすな(笑)

ええ石は入ってますが白いでしょ!? 石の周りで鮎は見えないんですが、アッチデピョン、こっちでピョンと沢山跳ねてます…イライラ(笑)

11時になり二人で飯を食べて終わりにします。

  

8時開始から3時間で7~8匹ゲット…ただしチビ鮎半分ですよ!

K村さんは3匹と言って見え、たまらず延長ですわな(笑)、昼後は上流のいかれて粘られたようで15匹になったと…、お上手です!

数少ないようですが釣れてよかったです! 好人めとしてはこんなものでしょう(笑)

チビ鮎というのは10㎝ぐらいの鮎ちゃんで、この日の掛かりも多かったですが、今度の大雨後琵琶湖から大量に遡上しているようです。

15日には小鮎会の皆さんと犬上川での「小鮎釣りとBBQして遊ぼう会」よていしてますが、仲間内の機械屋さんの13日野釣果、ブログ書かれてる「みさき爺さん」の12日の釣果が凄いことに!

2時間3時間で大き目の小鮎がわんさか釣れてますな・・・ええ犬上川、行こうとしているポイントですよ。 大きめの塩焼きサイズも釣れてるし、期待はバッチシ!
大変楽しみなんですが、情報の流れるのは早く明日の朝は早く行って場所取りしないと場所がないかも?

小鮎会のみなさん、15日は大いに楽しみましょう!!

好人のこの後は…、15日犬上川で小鮎釣りとBBQ
             19日が長瀬太郎生川で鮎の下見釣行
             22日が長瀬太郎生川であたらしおとり店の鮎釣り大会参加
             26日は奈良県高見川で吉野の浜ちゃんらと鮎釣り
                     (K村さん・Sさん・坂井さん同行)
などの予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

7/8 鮎釣11 長瀬太郎生川鮎釣り大会

西日本や岐阜県など各地の河川が大雨で苦しんでる中、日曜日は長瀬太郎生川の鮎釣り大会が行われ参加してきましたよ~!

土曜日の昼は辨屋さんでの釣り堀釣行していて、日曜日は鮎釣りとの連釣りでした(笑)

ただ、土曜日は雨もない爽やかな日中に釣りして遊んでいたんですが、その帰りから夜にかけては大雨が降りまして、実は鮎釣り大会の開催は危惧してました。

夜漁協のフェイブックでは実施予定と掲示されてたんですが…?、夜も雨は降っていたので心配して朝を迎えたのでしたが…。

朝パソコンを見る時間もなく…でも錦織圭のウインブルドン途中経過は見てましたよ(笑)…、4時起きして5時過ぎ出発、車中ではほんとに開催できるのかな?とばかり考えて。

その上に、現地に入ったら驚き!

下流の方は濁流と増水で川は凄いことに!…そう見えましたが…。 
ゆっくり会場に向かいますと多くの人がせわしく動いている…、入り口で「今日やりますん?」と聞くと「やりますよ!」との返事で、驚きながらも受付海上向かいの駐車場に車を入れますな。

車の中で状況を鮎仲間にLINEを送っているとよく見る車が隣に入ってきた、Sさんでありますな!
なんでや~!?ですは…昨日までのLINEでは来ないようなことを書いてたんですがな…。

そうこうしていたらまっきぃさんにみっちゃんまで来ましたな、おぅ!?てなもんですが、、もう一人タツさんまでお越しでして…。
まぁタツさんは前からお見えのご様子ではあったんですが、あとの3名さんはまったく想像もせず…。

どうも今度の雨ですわ、行こうとしていた川・川・川がみなアウトで…、仕方なくまた面白半分でおみえになったようですわ(笑)

そんなこともあり仲間5人での長瀬太郎生川漁協主催の鮎釣り大会への参加となりました、好人め3回目でしてろいろとレクチャー、腕は悪いが会場などは先輩で!?

まずは受付。参加表を記入して釣り券のない人は購入と(日券¥3000)、それに参加費(¥2000)が必要です。
この参加費には、オトリ2匹と昼食代、景品代が含まれております。

さて、みxちゃんは女性としてこの大会1人参加、初めての女性参加じゃなかったのかな?

受付後着替えをしてから再度抽選を行いますな。
これが入川順(オトリ配布順であり場所選択順位)であり、上流&下流域分けの区分抽選です。

好人はオレンジの37番。
オレンジ1(奇数)→青2(偶数)→オレンジ3→青4との配置ですから当たった数字の半分と考えてください。
ですから37番はオレンジ側では18番目か19番目と言うことになりますな。

全員で今年も少なくて47人だったかと…?

そのオレンジ47番目をまっきぃさんが引き当てましたな(笑)、みっちゃんは確かオレンジの31番だったと?、Sさんもオレンイ組だったが何番だったか?、タツさん一人青色組で40番だったかなぁ?

それで、オレンジの1番、青の2番のトップ同士がじゃんけんし?上流側と下流側に分かれますが、前の方でやっていてわからん?(笑)、まぁすぐさまオレンジ組は上流側だと伝達されましたな。

上流側は去年と一緒! もう去年と一緒の場所に入りたいと決めていたが…。そこには先客が入った、あぁ!?

好人以外の3人は上流へ行ったが川曲がった行くのでまったく姿は確認できませんな。

入りたいとこに人はいるし、かといって上流まで歩いて行くのはしんどいし…、仕方ないので荒瀬に入るものの…。

それよりオトリ配布を受けて考え中に笛が鳴りましてな!? 時計を見たら8時を回ってましたは…、まだ竿も仕掛けをセットできてないのに…。(笑)

急いで準備しオトリを付けて荒瀬の中に…きませんわ!?なぁ…。

瀬肩に入りたかった思いが強く買い手をチラリチラリ。またこの場所は下流との区分点。100mほど下流から4人ほどの竿だしが見えますな…なかなか竿は曲がらないよう!?

あさの濁流は引きが早く透き通りつうありますが水量は凄い! いつもなら対岸へ渡られるが、この日は足を掬われそうで怖くて前へ進めませんわ…無理は禁物!

そのせいで攻めれる範囲は狭いし背針を付けて鮎を潜らそうとはするのですがな、段々弱ってきた鮎は浮き上がってくる!

30分後に最初のオトリを替えたがもうフラフラで・・・(笑)

1時間立ち2時間を超えて荒瀬の落ち込みにきたときに、少し重たくなりついに来ましたよ鮎が!
でもおかしい?軽い? なんのことは無い10㎝クラスのチビ鮎ですわ、大きなのが来ないでなんでこんなチビ鮎が!?と思いますに…。

オトリにならんようなチビ鮎をオトリにしますが(笑)、無理ですわな?

終了の11時を待たずに15分前に川上がり! 込3匹の貧果です…去年は込8匹も釣れたのに…、やはり瀬肩に入った上手の方はそこそこ釣っていたような…?鮎釣りも場所や~(爆)

11時のサイレンで終わり。
その前にさっさと着替えて皆さんを待ちますな。

Sさんも帰ってきたしみなさんもお帰りに…。Sさんは何匹釣ったのか全然数を言わん?まぁ大したことなかったんやろなぁ(笑)、まぁわしよりはええけどな!

続々と帰って見えて検量も進みます。
我ら5人組はだれも決勝進出ならず…、タツさんだけがもう1匹ほしかったなぁ!全体で中で15位のタツさんが最高で、まっきぃさんにSさんは何位だったか? わしとみっちゃんは1匹と言ってたが、何故かわし40位、みっちゃん39位、景品もレディース賞がおまけで着いて差ができましたわ!(笑)

この間にいただくカレーの美味しいこと! これ恒例です。

参加の仲間にはこじんまりとして楽しいとのこと、来年もご一緒しましょうなぁ(笑)

午後も続ける4人を尻目に、疲れてる好人目は帰路につきました。

おしまい。

さて12日は準備に充てるとして、来週の15日(日)は「小鮎釣りとBBQして遊ぼう会」、11名さんかなご参加予定で滋賀県甲良町の犬上川で楽しんできます。

遠出ですがお金もかからない釣りで、BBQは皆の持ち寄り、お楽しみでよ。雨よ降るな!の心境です。
お暇なら遊びに来てみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

7/7 辨屋さんでの七夕釣行会

早いですねぇ、もう7月ですよ、7月…。

その7月初めから大変な豪雨被害の出る中でしたが、三重釣り歩き会を強行いたしやした…。
まぁ、不謹慎を覚悟でいけると踏んだうえでしたが、幸いにもお天気に恵まれた中での釣りができました。

7日は三重釣り歩記会の7月例会、出たり入ったりと人数が定まらずヤキモキしましたし、16名の大勢に参加いただき、まして豪雨で関西から予定のともさん&よっしーさんが来れるか心配したのですが、幸いにも何事も杞憂に終わって良かったです。

三重県南伊勢町の礫浦の「辨屋さん」、当地は夜明け前からも雨もなし、雨上がりの風はそよ風に感じるほど心地よく、曇り空が反って暑さしのぎとなりましたな。

ただ、水潮の入ったせいか?お魚の活性はたいして高くなかったと思いますな。

この日のイカダは11号&13号の続きイカダ(行き来ができる形)での釣りで、好人めは抽選の結果で13号の東南席に。
隣は楽さん、南側にはともさんによっしーさん、向かいの西側にマナブンさんと河内のおっさんが、北側にはすぎちゃんとみっちゃんの8人です。

このほか11号イカダには、しんちゃんにしんさん、澤ちゃんに金丸くん、Jackyさんにくまさん、グッチさんに南川さんの8人。また隣の10号&12号イカダには釣り仲間のボヤッキーさんの会社ご一行の貸切でしたし、O-さん&ぶりおさんらは一般イカダでしたな。

6時過ぎだったか一斉に釣りスタート!

モーニングサービスでは鯛が2~3枚上がったでしょうか!?静かなスタートでしたな(笑)
でも好人も1匹のお愛想にずかりましたかなぁ? もう記憶が鮮明でなくて…(爆)

いや放流までのもう1匹。すぎちゃんがシマアジ釣ったのに刺激され、深場をシラサで攻めたところ1発できましたよ~シマアジが!

この後放流まで静かなもので…。

沢山の放流あってから皆さんにも沢山の当たりが出て数を稼いでいきますな、でもそんなに多くはありませんで…、好人なんかこの放流で釣れたの真鯛1匹だけ あぁぁぁ

青物も沢山放流あったが…、反応悪く釣れなひ??? 
最初にマナブンさんがハマチを釣ってから、はて何匹釣れたんやら?? でも1匹2匹と釣れる人もいたなぁ、何とも羨ましや!

この後イサキを釣って午前部を終了! 
ちゅうかですねぇ、この日は12時及び12時半に早上がりする人が多数! 逆に残った人が半分以下に…?

残ったのは澤ちゃん&金丸さん、楽さんにくまさんに好人の僅か5人になっちゃいました。

名古屋方面の人は東名阪道が混む!ちゅうのはあるんですが、関西の二人まで帰っちゃいましてな、寂しいもんです。

逆に釣り場は広々となり、どこでもなんでもやれますが、静かなもんで…。

それでもイサキに石鯛を各1匹釣れてこの日は終了です。

この日の釣果は真鯛2、イサキ2、シマアジ1、イシダイ1の6匹、下手ですわぁ!

みなさん、また一緒に遊んでください!

さて今年後半の三重釣り歩き記会は・・・、

8月度は 11日(土) 辨屋さん
9月度は  8日(土) 傳八屋さん …傳八デー
10月度は  6日(土) レインボーさん
11月度は  10日(土) 辨屋さん
12月度は  8日(土) 傳八屋さん …釣りと忘年会予定
上記の予定をしています。
スケジュールを空けていただき、ぜひご一緒に釣りして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

7/1 小鮎3 犬上川下見釣行へ

30日の安曇川釣行、鮎も釣れなんだし気が落ち込んで…、その上暑くて疲れまちた~!

それで1日はドタキャンしてやろうかとも思い…(爆)、いや冗談ですよ! 好きな釣りですもんねぇ、まして澤ちゃんとのお出かけでございます…楽しく参らねば…(笑)

で、15日予定の「小鮎釣り会」に向けて、一度は下見をしておかなくてはと思っていた、犬上川は金屋の釣行予定地へ向かいましたです。

それは、小鮎の遡上状態の確認、釣り場の状態の確認、人出の多さ少なさ、駐車場の状態などなどを確認したくて…。

下見ですので、おそがけの6時に釣り倉庫を澤ちゃん号に乗せてもらいゆっくりお出かけです。

30日と一部同じで、鈴鹿峠~国道307号線~日野~東近江~甲良と進みますな。道の駅「せせらぎの里こうら」着が7時過ぎ。トイレ休憩の後少し前進し近くのローソンで昼飯を買いまして釣り場の視察です。

まずは国道307号線の橋下の上下流にもよさげな釣り場が…、ここは○○おやじさん(機○屋さん)らの得意とするところか…(笑)、人は3~4人お見えでした。

国道から中に入り、一旦予定場所を越えて金屋の堰堤へ。ここには多くの方が見えましたが昨年見たほどではなかったですな。でもここは嫌いです…河原への降りるのがきついから(笑)

いよいよ目的の釣り場へ!

公園前の釣り場でして、駐車場も空いてましたな!? なぜだろう?

川には7人ほどが竿を出されてましたが、見ててもあまり釣れてない!?

それと降りる階段下の上流側のテトラが壊れて釣り場がなくなってます!?

下流側のテトラは何とか体裁を保ってますがね、大勢では並べない…。

なによりなのは水量が多いこと! 昨年の7月時より水量が多いです。 手前の流れも真ん中も対岸側も強い流れになってますし深いです!

ところが肝心の鮎ちゃんが…? 鮎ちゃんが…?
ポンポンとは掛かりませんな見ていても…、他の方々も…。

下りたところに女性が頑張って見えたんですが、下流側が空きましたので断って二人で入りますな。右岸側にいた方も帰られます。

水量が多く川幅も広いので長めの5.4m竿を用意します。

ありがたいことにポンポンと(笑)2~3匹掛かりましてな、なんやいるやないか!?それも大きいでっせ!てなもんですな、実に大きい!

12㎝~15㎝はありまして、友釣り用のオトリになるサイズですわ!

ただその後の数が稼げません!? 時速で6~7匹でしょうか?

逆にほんとの小鮎が来ませんで…、いませんでな…、数が来ないは手前の強い流れに鮎が居ないんですわ。

どうも成長しすぎて警戒心が強くなり、立ち位置の近くに寄ってこないんだと判断。遠くを狙います。
それの方が釣れてきますな!

8時過ぎから2時までいたでしょうか? 最終的に30匹ほど…(正確には数えてません)になったでしょうか?

釣れた鮎は塩焼きサイズです…二人で48匹と澤ちゃんが数えたみたい…。

朝から釣って見えた人に帰られるようなのでお声がけ…。桑名の方だったようだが、夜明けごろから釣り出したが釣れないと…、同じように30匹ぐらいかな?と言って見えましたが、まだ、この金屋のポイントが釣れてるそうで…。

犬上川の河口方面では何故か釣れないと…?

ただ、いつも行くこのポイントより、見える上流の高速道路下の方が人が多かったように思いましたが…、また澤ちゃんに確認してきてもらいます。

いつもの小鮎釣りは諦めて、大鮎に近い塩焼きサイズを釣りましょう!
そしてBBQして楽しみましょう!

当日の釣り会とBBQの要領はまた書き込みさせてもらいます。

この日も暑い一日でしてなぁ、24日に続き両腕から足まで大やけど!?大袈裟ですがシミが心配です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/30 鮎釣10 安曇川広瀬

仲間のコンちゃんの鮎釣果に刺激され、当初の予定を変更しましてな、30日は安曇川広瀬に鮎釣りに、1日は犬上川に小鮎釣りの下見にと2日連荘で釣りして遊びましたよ。

当初は28日に小鮎の下見に…、1日は長瀬太郎生川へ鮎釣りの算段でしたが…。
コンちゃんの安曇川広瀬地区での鮎の釣果に刺激され、”釣れそうだぁ~!”と言うわけで休みを変更、30日は安曇川広瀬の鮎釣りに…。

好釣果に刺激されたのは好人だけでなかったようで、声を掛けると「行く行く!」と3人が…(笑)
家からは一緒に”としくん”が、現場集合で”K村さん”に”タツさん”が来られるという!?

遅いかな?とは思いつつ安曇川広瀬漁協の事務所に7時集合としたのですが、6時にはもう着いたとLINEが…?K村さんでしたな、わしらはまだ湖東の野洲を走ってましたぜ…(笑)

ようやっと7時過ぎにとうちゃこ~! 少しお冠だったかな?早く釣りたくて…。

廣瀬漁協さんへは初めてうかがう気が…? 
でもあんまり記憶が定かではないですな、なんせ何度も見に来てはいましてな、解禁日にもレインボーさんから回ってコンちゃんのいる広瀬橋に降りましたし、VTRでも見てるし、ひとりで竿を出したような気にもなるしで…(笑)

安曇川広瀬漁協さんまでは津から飛ばして2時間かな? 
時間帯にもよりますが、当然夜明け時間にははÝく来れますが…、1号線鈴鹿峠~野洲・守山~琵琶湖大橋~湖西道路~高島~広瀬と走ります。

  

漁協で日券2,000円を購入、お安いですねぇ! 近ければ何度も伺いたいですが…。年券も8,000円だそうですが…(来年は考えようかな?)

廣瀬をよく知るタツさんと相談するも、釣り場は自然と広瀬橋へ(笑)…コンちゃんの2回の釣果もここばかりですな。  

 

廣瀬橋の上流側からみた橋と下流…河原は広い! 4WD車は自在に走れまのすな。小さく黒く写ってるのが好人の車で…。

  

K村さんととしくんはこんな川相の場所からスタートするも・・・難しかったそうですわ!?

好人とタツさんは橋下の荒瀬から続く流れの強い場所に空きを見つけて入りますが…、 

  

これタツさんの雄姿!

   

その下の流れです。

8時過ぎの開始直後に好人めに1発! ガツンときて幸先良い大型の鮎が来ましてねぇ!18㎝はゆうにある良い鮎ですわ!

これは今日は行けるのかな?と思いますわな当然ながら…!?(笑)

ところが腕のなさ…この天然アユの動きが悪いのか?ようリードしないのか? うまく泳いでくれなくて…それから沈黙 あぁぁぁ

少し下がって寄れでもう1匹、右岸側を流してもう1匹、凄い流れを押し出して向こう岸のよどみでもう1匹取れましてなぁ…、午前中はこの4匹だけ…。

それも間がありすぎて…、1匹掛けるのに時間だけが経過して…。

  

釣れてる鮎はこんな感じ…。

としくんなんかは早々と上流を諦めて随分と見えない下流へ下っていったが…?

タツさんとの間にいた方は、意外とコンスタントに掛けてはった? ハテ何が違うのだろう?

強い上手の流れにいたタツさんも「あきませんわ?」と下がってきて…。この時点では1~2匹だったようですが、その後に好人の空けた場所に入られて稼いだ様子。

あまり釣れない?よう釣らん?ので11時にはお昼にしましてな、一人で車へ…。まずは飲み物を美味しくいただいて…ゆっくりと。

見えてるかどうかわからねどK村さんに何度も手を振っておく…(笑) 見たのかどうかわからねどK村さんもやってきて二人でお昼に…。

上手も調子は良くないらしい!? それでも5匹は釣れてると…。

 

昼食を・・・(笑) 好人めはゆうゆう?時間も休憩し…。

とし君帰ってきて下手で5匹釣ったと…とし君と一緒の時はどうも負ける!? 何故か釣れない? 去年の長瀬でも、今年の長瀬でも、そしてこの日も…もう鮎釣りは一緒しない宣言をしておいた・・・、小鮎なんかはいいよ!

後半は全員下流へ入りますな…好人は遅れて…

午前中も他の人も一杯いた場所なのでそうそう追いは上がらず、みな苦戦!

好人には全く当たらないので2時に上がります。
もともとタツさんには用事があり2時には帰りますと言われてたが、我らより早く帰られた。

まぁ2時に上がって正解だったかも!? 
既に雷がなりだしてきていたのですが、帰り道は雷と雨が追いかけてきて(笑)、ずっと琵琶湖大橋渡るまで追いかけてきてましたな。

この日は込6匹、いつまでたっても上達しませんな!?

(写真は全てK村さんから拝借です)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

6/24 大内山川名人杯に参加して

24日の日曜日も鮎釣りに出かけましたな。
この日は三重県の宮川の支流、国道42号線に沿って流れる「大内山川」の「第5回大内山川名人杯」への初参加でございますな。

鮎釣りも下手っぴな好人が、そんな釣り大会になぜ参加するのか? それはね、用意されてる景品が凄い!という評判のせい(笑)、鮎が釣れなくてもいい何か景品が当たればなぁ!?の口です。

元々大内山川には毎年2~3回は釣行していたんですが、釣果は上がらずましてや釣り大会には無縁でしたが…、前述のように景品が良く大勢の皆さんが参加されるということで…。(笑)

さて大内山川名人杯、今回で5回目という。
メーカー大会でも定員割れすることがあるらしいんですが、そんな中でも大内山川は違うらしく、とにかく参加者が多いらしいと聞いてました。

6/16の締切日の夕方、思い切って申込書をFAX送信。
そうして待つこと4日水曜日に受付ハガキが届きまして、受付番号は191番でしたな、聞いてましたがやはり多い!

去年のチーム鮎釣り選手権(3人一組)でさえ260人規模だったと思うが、個人参加で200人クラスも…、流石ですねぇ!

初めての参加ですので駐車場などわからないからと前日に入ろうと…。
昼を回ってから買い物して出発。下道走行しながらパンをかじります(昼飯)。
で、もう一つの目的である、JR三瀬谷駅前にある「中華そば 一富士さん」へ4時過ぎ到着。

ここはブログをアップしているマスターのいる中華そば屋さんで、鮎釣り師の集まるお店です。
到着した時には二人の鮎釣り師がいたのだが、誰かは分かりませんでした? 翌日分かったのだが、鈴鹿のデーブ前○さんと仲間のハ○さんだったようだ…。前○さんは昨年郡上で会っているのだが、全く私服(釣りあがり)だったのでわかりませんでした。

ここのマスターも「好条件カップin大内山川」を企画されており、一度参加したいのだが今年は7/4(水)、いかん糖尿病検診の日で無理ですな(笑)
かじっていたパンのせいで、折角の五目中華を残してしまいましたですわ。

現場の柏野大橋に5時過ぎに付きましたら、すでに何台かの車が居ましたな。雨が心配で橋の下に車を止めて一泊。
こんなに早く行かなくても、皆さん来るのが遅かった(笑) 本部などの用意も朝5時を過ぎていましたな。

当日の参加者は202名らしかった。が、一般ばかりと思っていたら凄い名手の皆さんも参加してましたな。
シマノの島啓吾さん、小沢聡さん、小澤剛さん、ダイワの森岡さん、加藤さん、タックルインの椿さん、バリバスの鷲見さん、他にも上田さん、三重からも岡田さん、森川さんなど全国大会の頂点を極めた名手が参戦、それに鮎釣り大会最高峰と噂の商品、景品の数々。盛り上がってましたなぁ!

肝心の予選です。

当日の順番(オトリ配布=入川順)は131番。これはまいったなぁ、入る順番が遅すぎる!との思い…どうせよう釣らんのですが、腰が痛くて本部から遠いところまで行けませんのでね…歩くのがつらい。

ところがこの不安はなくなりましたな。

7時半頃からオトリの配布が開始されたんですが、配布順が3列になり、1~64番、65~130番、そして131番から最後なんですわ。そう、3列目の最初の番ですわ!
最初に係員に確認した時には、あくまで1番から順だと…、それが開始されると3列同時でして、やった~と思い通りの場所に走りましたわ(笑)

8時から11時までの予選時間だと思っていたのですが、いざ現場ではすぐに開始だったようで…。

過去に釣ったことがある場所を確保! 本部の目の前で悪くても4~5匹は釣れるかな!?の場所と思ってました。

が、最初に失敗! なんと仕掛けを切ってしまったんですわ。メタコンポ0.05の水中糸だったんですが、目印を上げようとしたら途中でプッツン! 撚れができていて目印が詰まったのを無理に動かそうとして…。

まぁ8時までに張り替えればいいやとゆっくりな気持ちで直していたら、上の人がすでに釣り開始している? なんで?? オトリ配布が完了した時点でOKだという。慌てましたです。

泳がせてみると流れが急でオトリが浮いてしまう!? そこで背針を付けてみる。よいところに入るのですがなぁ、当たりはこない?
上の人もいいところ泳いでますねと言ってくれるが…(笑

二つ下流の人が掛けるのを見たが…、随分の時間が立って上の若い衆も掛けた…わしのすぐそばを泳がせて…(笑うに笑えない)

絶対いるぞと思う場所に誘導できるのだが、まったく当たりは来ませんで…時間だけが過ぎていきますな。

上の若い衆2人がそれぞれ2匹づつ釣れたのは分かったが…、2時間たっても当たりすらこないです。下流の一人と向こう岸に入った人もずっと掛けられないでいる。そればかりか向こう岸(右岸)の草の際に泳がせたオトリが何と草に引っかかって外れませんで…。

歩いて渡るには深すぎて…やむなく糸を切ってオトリをロス!マイナス1匹ですな…、水中糸も張り替えて…あぁ

残りの時間もあちこちと頑張ったが全く当たりはゼロリング!? 11時の終了を迎えましたです。 

少しはいるのでしょうがまぁ掛からないこと!? 本部前に入った人たちすべてが予選落ちと思います。
最終的に予選クリアが込7匹でしたから、本部前の人達は最高でも込6匹じゃなかったですかねぇ?

まぁ予定通りの予選落ちでしたな(笑) 最高釣果は19匹だったと

のこと…随分下流の方の釣果らしい。

決勝は釣る範囲を狭くして12時~2時までの2時間勝負です。

何人見えたのかな?

当初は予選で好人が釣っていた場所に若い衆が入ったので、どういう釣りをするか?本当に鮎はいないのか?を見るべく彼を集中してみてましたが、20分も何も掛かりませんで止めました…やっぱり鮎が居ないじゃん!?(笑)…)

その後は小沢剛さんの釣り見学してましたら、強い日差しに両腕を日焼けさしてしまいました、後が怖いです(皮むけにしみが…)

腕達者の中で上流堰堤からの流れ出しザラ瀬を緻密に釣った島さんが16匹で優勝。
例年上位者が出るらしい橋下の混雑ポイントに入った小澤剛さんが、多くの選手が居並ぶ中の狭い範囲から次元の違う釣りで12匹で準優勝。
橋上流深瀬の王道を狙った鷲見さんが良型まっ黄色3連発スタートを決めて10匹で3位でした。

三重の森川さんが4位、岡田さんが5位でした。

3時過ぎから表彰式に抽選会。    
商品、景品の商品ですが、冷凍ストッカーが10台?テレビが4~5台、ダイソン掃除機、空気清浄機、ケルヒャー洗浄機、引き舟14台?おとり缶10台?それにビールや小物詰め合わせ、大内山アイスやプリンなど。選手には大内山牛乳、お茶やスポーツ飲料も用意、それに錦漁協近くにある「まさや」 というお店のクレープも選手や応援の方にまで全員配布!これがまたうまかった!疲れた後の冷たい甘いものはおっさんでも最高ですね。

残念ながら景品まで嫌われてほしい鮎用品は当りもしませんで、こちらも泣きでございましたな、でも来年は誰かを誘って絶対参加するぞ~!と思うばかりでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

6/17 鮎8 長瀬太郎生川 2回目

日曜日はとしくんと長瀬太郎生川での鮎釣りでした。
が、現地のあたらしおとり店さんでオトリを買って出ようとしたら「タツさん」が来たではないですか!?

実は”一緒しませんか?”と誘ってはいたんですが、上桂川に行かれるとのことだったので、二人きりかなと思っていたのでしたが…。

それで3人で好人が解禁に入った糀屋橋のポイントに…。

橋上にとしくん、橋下に好人、下流の瀬にタツさんでの釣り場となりました。

少し早めに到着したせいか?釣果の情報のせいか?釣り人は多くは無かったですな。タツさんの下流には地元のおじさんが一人最後まで陣取ってましたわ…多分実績場なんでしょうなぁ?

この日の長瀬太郎生川は、前回より水の量は多く感じましたな、そのせいでか流れも強いと思いましたです。

肌寒さを感じる中7:55オトリを送り出しました。

結果は先日の北山川と一緒で何の反応もありません?

前回探ったところをくまなく泳がせたりしてみるのですが、これがとんと掛かりまへんな?
その内下流のタツさんが1匹掛けたようですよ、そうしたら上のとしくんも1匹早くにかけたらしいとのことで…、釣れてないのは好人だけ、あぁあです(笑)

同じ様に1時間以上も探りましたが拉致あかず、これではだめだととしくんの上流へいどうします。

ここでもなかなか掛からんのですが…、右岸からの真ん中狙いをやめて川の真ん中まで入っていきましてな、真ん中から両サイドを攻めてみることにしましたら…、しばらくして右岸寄りの流れの中でコツンと初当たり!

小さめですが十分なオトリサイズが掛かってきましたな! やっとの1匹ですわ。

でもこれが幸運を! オトリを付け替えて右岸寄りの少し深みの流れに入れた途端に今度はガツン!といい!当たり! 18㎝クラスがきてくれまちた~!!

このあとまたまた暇になり元に戻りましたな。

早いですが11時にとしくんが飯にしようと…、丁度タツさんも下から上がってきたので3人で昼飯タイム。
タツさんは悪い中5匹ぐらいかけたと…でも鮎がいない!?とのこと。

午後は12時半過ぎから開始ですな。
朝と同じところを繰り返し攻めてみます。タツさんは上流へ上られた。としくんも朝より少し祷流で狙っている。

午後もどれだけせめても解禁の当り場所では掛かってきませんな。それで端に竿が当たるぐらいの場所を流してみます。
そうしたらまたまた小さめのの鮎が掛かってくれましてな、これでまたまた新しいオトリに交換ですな。

すると間もなく凄い勢いで上に向かってガツンと当たりが、上流に向かって泳ぎたくりますわ!
これは大きいと直感! 竿で溜めてゆっくり泳がせます。風が強いのでなかなか引き寄せも&引き抜きも難しく、少し時間をかけての最後に引き抜きできました!

目測21㎝の大型。 ただ解禁の時ほどの体高は無く少しスマートな鮎(笑)

今日の当たりはここまで…。
1時を回ってとしくんが帰り仕度をはじめましたので、1時半に竿をおきました。

今日は午前中2匹、午後2匹とわずかの4匹で終わりましたな(込6)。アベレージを落とすは例年の腕前に戻っておりまする。

それにしても鮎の数が少なそう? ダム湖産の遡上が少なく、その分放流物の成長が早いから大きかったと聞いてはおりましたが、解禁から1週間で釣り切られてしまったのか?

でもタツさんは上流で稼いだようで最終18匹とか…、やはり足で稼ぐのとポイントをせめていくことなんでしょうなぁ、勉強ばかりです。

としくんの釣果?聞かんでやってください(爆)

次回はどこで遊びましょうか? 
小鮎の下見も行きたいが、6月度の末から7月度の日曜日はほぼ予定が混んでましてなぁ、誰か釣れるところへ連れて行ってくれませんか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

6/14 鮎7 北山川2回目

今回は全くの単独釣行ですが、解禁後4日目の上北山村は北山川に行ってきましたな。

解禁から4日目、平日ですが人は多かったですね。

ヒロさんでオトリを買い真下を見るとそこには人はいませんでしたな? 
続いて支流との合流点を見てから支流に入りましたが、支流の方が人が多い?

どうしてなんだ?解禁日の良かったという情報のせいか?
聞いていた保育園跡下にはすでに2~3人が居たので合流店に戻りまして竿を出すことに…

すでに竿だし中の方2名だけで空いてます。

早速準備して二人の真ん中に入りますが、そのうち1台から3人が降りてきて、一人が対面に入り二人は支流と下流へ散りました。

さぁ8:15瀬からオトリを泳がせてみます。

本日のタックルは、竿は9mプロセレクトVS、仕掛けは市販メタコンポ0.05号に、鼻カンハリスは1.0号、6.5号針にハリス1号の感じ。最初から6.5号一角の4本針で臨みました。

が…、まったく鮎ちゃんの反応なし??
先に出して見えた上の人も下の人にも当たりはこない様子…? 下の方は1時間もせんうちに休憩をとらはりましたは(笑)

筋を狙い、よどみを泳がせするも1時間15分粘りましたが反応がないので場所替わりを…。
実績のある解禁日の場所に…朝は人が居なかったが…。

駐車場に車を止めると先行する方一人。川に降りてその方の下に入りますと、何故かすぐ横にまで下がってくる??

仕方ないので解禁日の位置に昇ります…これ正解!?

時間は9時、第2ラウンド開始です。

なかなか来ませんでしたが、下の方も瀬の中で掛けた様子! すぐ好人にも当たりあり待望の1匹目が掛かりましたな!

16㎝ぐらいの小さめですがこれは承知の助、これをオトリにして次を釣れて来いよ~と送り出しますが…、間が遠い!?

でも下の方より早く2匹目が…(喜) しかしほんに間がありますな~!?

下の瀬を攻めていた方もあきらめて上の方へ…。

あちこちめぼしいところに泳がせて11時過ぎまでに3匹だけ…。
4匹目に掛かった10㎝ぐらいのチビ鮎ちゃんをオトリにして石に腰掛け立て竿で泳がせ…またも来ましたよおチビちゃん!?(笑)

午前中5匹!?

11時半時河原でゆっくり昼食タイムです、ゆっくりなが~く(笑)

昼飯後再度目の前を探るも反応なく、思い切って上流へ移動します・・・歩いて。

道の駅の上、GSの上まで300mはあるでしょうか?大石の点在する少し釣りずらい場所に思えますが、その上流には2人の釣り人が見えましたので、そこから釣り下ることに。

ここでも思い通りには鮎は来ませんで…、でも1匹2匹3匹と拾えましてな、最終は大きなアマゴも1匹。
大岩の強い流れのある淵で、目印に飛びつく魚が!?これはアマゴが居るなと思いましたが別に狙わけでなく、狙いは鮎ですよ(笑)

突然底に泳いでいるオトリに後ろからガツン!と来ましてな、引く引く強い引きで泳ぎ回り、大鮎?かと思いましたが多分アマゴだろうと…、案の定鮎より大きなアマゴでした、22㎝はありましたな。

1時でやめよう2時でやめようとヒロさん裏まで下ってきます。と、上からアルミの梯子が降りてきて、見てたらヒロの大将がルアーを持って降りてきた。
アマゴのルアー狙いですな。

で、大将の目の前で思わぬ鮎を2匹も掛けた!
意外と大きめの鮎ですねと感心されたが、この機に竿をおきました。
時間は2時半、こんなに長くやるのは初めて…曇り空で暑くなかったことも要因でしょうが。

今日の釣果は込12匹+アマゴ1匹。うちチビ鮎2匹はリリースしましたな。

データ 奈良県上北山村の北山川 鮎10~17㎝12匹(オトリ込)+アマゴ1匹

     今季7回目釣行で総数127匹(平均18匹)、昨年の7回68匹からすると約倍増の
     釣果ですわ、どうしたんやろ!?(笑)
     吉野川ではババを引きましたが、そのほかではまぁまぁ良い釣果でしたな。
     まだまだ先は長い、頑張ります!

明日の17日はとしくんと名張の長瀬太郎生川への釣行だす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

6/10 上北山川鮎解禁!

9日のレインボーさん釣堀に続いて奈良県まで走り車中泊、10日の朝は上北山村で迎えました(笑)

この日は上北山川の鮎の解禁日、今回で3年目かな4年目かな?
去年はチビ鮎多かったんですが31匹も釣れて喜びまして、今年も!との思いです。

残念ながら今年は一人での鮎釣りと思っていたのですが、朝になりSさんも参加とのことで、前日に2人分確保していた例年の場所で竿だしします。
ここは上北山村の中心部。道の駅や喫茶ヒロさんの裏、向かいには上北山温泉があり、川岸も整備された良い場所です。

昨日の6時過ぎに到着と同時に場所取りいたしまして、多分来るだろうとの思いでSさんと自分のスペースを確保し、チカチカ印の発光器をセットしましたな。
去年と違い場所取りする人も少なく気が抜けたところがありましたが、釣りやすいのでここがお気に入り(笑)、でも去年の人達は場所を変えたのか?来なかったのか?(爆)

10時に車中泊、3時半に目覚ましセットです。

3時頃にSさんが来ましたかな、早速起きて着替えてオトリを買って河原へ降ります。
ここの年券は3月のアマゴの時に買っており、この日の経費はオトリ鮎2匹の代金だけ(笑)

下流側に入ったSさんが4時半前に竿を出しますが、好人はゆっくりしましてなSさんが1匹釣るか4時50分頃に竿を出そうと決めてました。

案の定?Sさんの竿はなかなか立ちませんな!?
でも最初にウグイとか?次に鮎を掛けましたし、丁度50分でしたので、好人も竿だししましたな。

すぐにグッグッと掛かってきましてな、大きくはないがまずまずの17㎝クラスと幸先よくスタートできましたよ~!
続けて2~3匹も…!

その後はたいして連続では無いんですが掛かってきます、小さく見た目には青い?あまり黄色くて追星のはっきりはしていなながら、ヌルヌルの匂いのよい上北山川の鮎!

流れの筋を変え、岩場の寄れを狙い、下流のSさんの足元を侵食し(笑)、休憩を入れつつ鮎を掛けていきますな。

一つ残念だったのは、上流側に入った人が好人との感覚狭く、あまり上手にオトリ鮎を送れなくて…、随分と数で損をしましたかな?(笑)

昨年ほどの小さな鮎はいなくて…、それでも先週の長瀬太郎生川での20㎝平均の鮎たちと比べると小さく感じます。
12~18㎝ぐらいでしょうか!? 
そのせいで掛かり鮎たちの引き抜きはスムースに行えましてな、飛び過ぎてのキャッチミスなどは皆無!(笑) ええ引き抜きの練習にもなりました。

それでも4匹ほど11㎝以下クラスが掛かり、それらはリリースしましたが、1匹だけオトリに使っては見たものの泳がずにダメでしたな…。

長瀬と違いあんまり上下流に動くこともなかったですし、岩のせいで動きにくいということもなかったのですが、昨日の今日、移動の距離などもあり疲れを感じましてなぁ。

それとそこそこ数は釣れてたし、Sさんも昨日は天川での鮎釣りで疲れてきたみたい(笑)

それで二人とも11:30に終了と相成りました。

陸に上がってクーラーに氷絞めしながら数えますと26匹、リリース分入れて30匹(込み)釣れたことになりますな…嬉しいですねぇ、
午前中だけではよく掛かりましたな! 今年はまぁまぁ釣れてる!?

Sさんは45匹とか言って見えましたが よく釣られますな!

この後Sさんにお昼をご馳走になり、そして上北山温泉に浸かり帰宅しましたが、この二日間での走行距離は560kmでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧