« 2017年9月3日 - 2017年9月9日 | トップページ | 2017年9月17日 - 2017年9月23日 »

2017年9月10日 - 2017年9月16日

2017年9月16日 (土)

9/14 好人の鮎釣り21(吉野川ショック!)

14(木)は今季21回目の鮎釣りで、奈良の吉野川にでかけてきました。

何時もの六田駅裏の橋本オトリ店に着いたのは8:20頃か…、予定8:00を少し回ってましたな。

すると現地にはタツさんがすでに来て見えましたな…、金曜じゃなかったっけ?(笑) 
それと昨年知り合った「アユノスケさん」も来て見えて、1年振りにお会いしましたな。

アユノスケさんとはブログへの相互訪問しており、親近感高いかたですな(笑) 往年のトーナメンターでお上手なことこの上なし!!

お二人は駅裏で釣られるというので、オトリを3匹買って好人一人で大鮎ポイントへ走りました。

9:30釣り開始!

まずは橋上の岩盤の所から泳がせますが一向にこない…よう釣りません!?
オトリの鮎を弱らせるばかりですな。(笑)

段々と瀬肩に近寄るも1匹もきませんわ。左岸の荒瀬に入ったはいいが、流れの幅が狭くて上手く竿と仕掛けをなじませられませんな。

上の荒瀬をあきらめて橋下の荒瀬に向かいます。前回はここで22~23㎝クラスを2匹掛けた場所ですが、今日はどうでしょう?と思いながら弱ったオトリを入れます。

と、このオトリは根がかりロス…凄い流れに取りに入れずで(泣)

すぐさま別のオトリにかへて入れ込みます。

この後来ましたよ大鮎が! 中盤の流れの中、石の横か?

ただ、ギュイーン!とかガツーンとかの擬音で表現するような強い急激な当たりではなくて、グーンと重しが掛かった感じ!?
うん掛かったかな?と思ったらぐいぐいと泳ぎだし、下流へ走る! お重い!

先日釣れた時と感触は同じで、下流へ走るのを竿で溜めて足場を固めます、下がりませんよ!
今年新調の竿は胴から先が大きな弧を描いてますが、大鮎の引きに耐えてくれますな、だんだんと足元に引き寄せます。

どれだけかかったか…、そう長くはなかったと思いますが今季最高の大きさの大鮎をキャッチできました。
26~27㎝はあり体高もすごくありメタボ鮎です!、

もうこれで十分、時間も来ていたので駅裏に戻ります。

駅裏では橋本店主ほかの釣り人に鮎を見てもらいましたな、口々に「大きいなぁよう取ったなぁ!」?と言われて嬉しくなりましたわ!

残念ながらタツさんにアユノスケさんはまだ戻っていませんでした。

そのまま友缶に入れ川に浸けておき昼食にします。

アユノスケさんが戻って見えたのでご一緒に食べましたな、タツさんは下流へ昼も食べずに下られた感じです(笑)

午後からはオトリ店の上流での竿だし。

1時を回ってしまい、少し遅くなったかと思いながら、瀬肩の少し上で泳がせました。ポツポツときて1匹大きめをキャッチミスでロスト。

大きくて引き抜きの高さに失敗いたしやしたな…、飛んできたんですが低すぎてタモの中にうまく入らずハリスが切れて逃がしやした。

その後もポツポツと拾いますが、いつもの中州周りでは当たりを拾えませんでした。

3時半になったのでロッドオフ。午後は7匹掛けて1匹ロスでした。

さて、オトリ店に帰り友缶を引き上げる際、少し大鮎を眺めようとして両手に乗せたんですが、この時にピョン!と跳ねて、あっと思ったら友缶外へ逃がしてしまいました。

タモを持って足元にいないかと探しましたら、深いほうへ背びれをたてて泳いでいきましてな、泣きましたわ!?

写真を撮ろうとも思っていたのですが、それもかなわず証拠の写真はありませぬ(涙)

下手で数を釣れない上に、こういう失敗はいけませんな。

タツさん、アユノスケさんのご両人は流石です、多くの鮎を釣ってらしたですな!

台風が来ていることよりも、釣り堀1回と仕事が忙して早くて26日まで鮎釣りはお預けですわ。

16日は三重釣り歩記会で傳八屋さんお邪魔です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

9/16の傳八屋さん釣り会要項

                     

みなさんこんにちは~、釣楽しんでますか~!
好人は今日も鮎釣りで遊んできましたよ~、海はご無沙汰で~す(笑)

さて、その海釣りの話ですよ!
辛いことに、またまた台風が来ておりまして不安定なお天気でございます。
雨は仕方ないかと覚悟してますが、荒れないことを祈りましょう!

というのは16日(土)に、09月度の三重釣り歩記会の例会を迎えようとしておりまして、どうでしょう?大丈夫なんでしょうか?週末のお天気は??心配です。

大丈夫! 実施できると思い当日の開催要領をお伝えします。

■09月度三重釣り歩記会㏌傳八屋さん

1.と き 09月16日(土) 6:30~13:30 (夏時間運用)

2.ところ 海上釣堀「傳八屋さん」  三重県南伊勢町迫間浦532

3.受 付   午前5時15分~5時45分 (予定)  
       場所は、傳八屋事務所になります(有料休憩所は解約しました)

4.内 容 *会費の徴収 ¥11,000 ・・・傳八屋さん回数券&特選券使用OKです。

       *釣り座の抽選・・・1辺は1人になりますが、ペア希望言ってください。

5.イカダ 小イカダ1基貸切です。

6.参加者 今回は下記の皆さんが参加してくれます。

        あっちゃん(AFC)・河内のおっさん・くまさん(AFC)・Jackyさん、しんさん・
        そわっちさん(初)に好人の7人です。

※雨天決行です! (荒天の場合は連絡入れます)

※釣りルール 傳八さんローカルルールに従います。

ご参加のみなさんよろしくお願いします。

             
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

9/9 好人の鮎釣り20(鮎釣りチーム選手権)

今季終盤の鮎釣り、先週の大きな釣り大会(シマノジャパンカップ鮎選手権)に続いて、今週も大きな鮎釣り大会に出てきましたよ!

どう考えても無謀な話なのですがな(笑)、三重釣り歩記会・鮎釣り部での参加ながら、好人はあくまで補欠参加で尚更に無謀ですがな…。

行ったところは合宿を行った岐阜県は郡上市内の長良川。
前に同じメンバー+1名で鮎釣り合宿をした場所です…あれ下見だったの?(笑)

参加したのは「第11回全日本鮎釣りチーム選手権」という全国大会、3人が一組で競うチーム選手権です。

我が鮎釣り部も2組6名でエントリーでの参加で、A・B・Cの3ブロックに3人が分かれて鮎釣し、チーム合計の匹数で競います。

当日の朝は早いので前日に出かけることにし、いつものおじん組3人トリオです。

8日の日は好人家に来てもらっての出発、すぐに御在所SAで夕食を済ませますな。

  ここからの写真はすべてK村さんからの借用です。

お二人はガッツリとトンテキ定食など、好人は軽く牛丼を…(笑)、

午後8:30過ぎに会場着。
すでに来ている車も見られますが、ここで車中泊します。

あとの3人、コンちゃんは今日は下見で竿を出して民宿へ、まっきぃさんは仕事を早めに切り上げ民宿泊まり。
タツさんは当日朝着ということで…。

大きなハイエースはよろしなぁ、ゆったりしていますなぁ! 後席で横に寝れます(笑)
2人は直ぐにお休みに…、好人はビールを1本! 外はひんやりと寒いです。
9時過ぎから12時前まではぐっすりと寝れましたな。

4:00ごろには次々と車が・・・

   

本部前の長良川(Cブロック)は少し増水してるようですが濁りはないようです。

  

精鋭がお揃いです(笑)、これは冗談ですがこの大会には鮎釣り会では超有名な皆さんが出られます。
TVに出て見える各名人ほか、釣り具屋選出のチーム(ドリームチーム)など多数で、彼らに会えるだけでも楽しみな大会ですな。

ここにはフィッシング游チームも参加しており、密かに岡田名人を応援してます。

   

受付・ゼッケン番号の抽選です…
ここで日券¥2000を買い、参加費(1人¥4000)を払い、記念品とゼッケンを受け取りますな。

記念品の一つは帽子です…これは協議中の着帽義務がありますな!

三重釣り歩記会:Aチームはゼッケン126番です。(AブロックにSさん、Bブロックにまっきぃさん、Cブロックがタツさんです)

三重釣り歩記会:Bチームは40番です。(AブロックにK村さん、Bブロックが好人、Cブロックにはコンちゃん)というチーム分け、ですが仲間のチームながらライバル関係にもなりますな(笑)

この時のゼッケン番号でBチームのは40番と早いので、オトリを早くもらえる、その分場所も選れると(良い場所が取れる…)思い、ラッキー! と思ってましたが・・・

  

本日の参加者は何人かな? 予定の150組よりは少し少なくて137組ぐらいか?
それでもそれだけ集まると凄い人・人・人ですわな。

6:00頃から開会式…ルール説明等々あり…、そのあと3ブロックに分かれていきます。

Aブロックが一番遠くてバスでの移動、SさんとK村さんが一緒でバスに乗り、歩かなくてよいので楽ですね。

ところがBブロックが一番多変だった。
B好人とまっきいさんなんですが、本部の場所から下流へ歩くこと歩くこと何百メートル? 釜淵橋のブロック会場までが遠かった!? まっきぃさんはともかくも好人はこれだけでクタクタ!? 若い人?には追い抜かれるし…。

その点Cブロックはその場だからAよりも楽、コンちゃんとタツさんの若い2人なのに(笑)

釜淵橋の上下、好人には今まで釣りしたことない場所だし、その上想定外のことが起こりますな。

何とオトリの配布順が思っていたのと違いますな!? 
40番だからまだ早いほう!と思い込んでいたのですがな、なんと3分割して3列同時配布なんですよ!?

単純に150組だと50人づつの3分割…何のことはない40番だとベコに近い、あほらしいですわ、好人の前には約120人もの人がオトリを受け取り入川場所を選べますわな。

オトリを受け取って見てる間にどんどん人で埋まっていく! 上流側・下流側とも…。

上流側はもう選手で一杯かと判断し下流へ向かうが…、よき空いた場所がない??

何とか急瀬の場所に空きを見つけ割り込みますな(笑) 左岸側には上下流の人とに十分なるスペースがありましたが、対岸の人が真ん中まで出ており、少し気が引けたが…。

   

これはAブロックの釣り場の様子です。

  

下流側は急瀬がどれだけ続くのか、長い流れですがズラッと人・人・人ですわ。

試合開始は7:30、大きくホイッスルが鳴りました。

普段では入らない急瀬だし、釣れないだろうと思う中オトリを送り出しますが・・・

今日のタックルは、竿9m、水中糸メタコンポ0.07号、鼻カンハリス1.5号、8号チラシ針(ハリス1.5号)という仕掛け周りに、背針を打って臨みます。

やはり朝一は水も冷たいので・・・掛かりますかな、というよりこのきつい流れに鮎が居てくれるか?(笑)

緩い流れの所からオトリを泳がせながら、きつい流れに入れていきますが…??

入れて7分後ぐらい、突然オトリガ泳ぎません!?!?

何ということ針が岩に引っかかったようでうんともすんとも…、流れが速くて根掛り外しを出すものの届かず…あぁ
水中糸をもって引っ張ると…プッツン! やってしまった~!

開始間もなくオトリをロス(釣果マイナス1)するとともに、仕掛けの張替えに時間をロス!

張替えに20分もかかってしまった。

幸いにもその寒にも見える範囲の人には1匹も鮎は掛からずで…。
目の前にいた赤い帽子のドリームチームの若い人も、釣れずに前や後ろに竿を出したり動いているが…?

新しいオトリで1時間近く粘るも何の反応もなく動くことを決意。またまた下流域へ向かうが瀬の釣り場には人が一杯!
かといって、見える範囲の下流のトロ場までには遠すぎる…!?

仕方なく、またまた急瀬の空き場を見つけ…少し心苦しいが入らせてもらう。

声を掛けた人からの返事は全然釣れないという!?

そこから時間まで粘るがまったく当たりはこない。左岸側の上下の人には誰も来なかったように思うし、対面の右岸側に陣取る地元の釣り師3人にも反応はなかったように思いますわ。

ただ、右岸側の近くの下流側の人に当たりが来てから、その人は最低5匹は釣れていたはず!? 羨ましくも見ていたが、真向いの左岸の人には何も来なかった。

10:30の終了を待たずに10:00で終了しますな。
片づけるのと検量場所まで行くのに時間が掛かるとの判断です。

結局、1匹(オトリの残り)だけの検量で…ほに申し訳なし

そこから本部まで買える足取りの重さよ! 益々歩くのが億劫ながら、岐阜在樹の若い娘さん?と一緒に帰ってきたが…。
鮎釣りしだして2年目とか言ってたが、ほんとかなぁ!? 釣果はゼロとは言ってましたな。

先週のジャヤパンカップでは1匹の釣果、今回は釣果を稼ぐどころかマイナス1で…、いやぁ恥の上塗りですわ、お恥ずかしや!!!

当然チームの足を引っ張りましてな、BチームのK村さんが込8、コンちゃんが込6で予選落ち。
AチームのSさんも調子悪く、まっきぃさんもダメで、一人タツさんだけが込13匹でしたが、こちらも予選落ち。
タツさんはジャパンカップでの屈辱が晴らせたかな?(笑)

2回戦進出のボーダーラインは32~33点ぐらいだったでしょうか? 20チームが決勝に・・・

三重のフィッシング游チーム(ドリームチーム)も残念ながら2回戦進出はだめだったようで、一人の岡田名人に声を掛けると、同じBブロックにいた自分が釣れなっくて足を引っ張ったと…。

   

2回戦進出チームにはまた朝と違った帽子を着帽します。

さて落選した我々はどうするか…(笑)

お昼ご飯を食べながら2回戦を少し観戦し、景品の抽選会の16:00まで時間があるのでどうするか??

元気でやる気満々のK村御大とコンちゃん&タツさんは、会場少し上流へ釣りに行ったが…、Sさんと疲れ切った好人は温泉へ(笑)、まっきぃさんは寒暖差で熱があるとかで12時過ぎに帰路に浸かれた。

温泉に浸かり、地場のラーメンと生ビールを飲んで(好人だけよ)帰還するもまだ時間はたっぷり!
釣りの連中も全然帰っていなかった(笑)

下流側の試合を観戦に…、岡田名人も見ていたのでまたまたお声かけ。ここで一緒に来ていた島ちゃん(美杉在住)を電話で呼び出してもらう。
1年振りにあう島ちゃん、住所を言ったら過ぐに思い出してくれたが…(笑)

試合は12:30~15:30の2時間の戦い。

そろそろ終わりかけの3時頃になり、抽選券を入れてくださいとのアナウンスが…、二人はいれて3人にははよ上がれ!?と連絡(笑)

15:00過ぎから表彰式が… 

   

1位~3位まで、やはりプロの方々のチームが優勝されましたな。
1位が2連勝となるRSラシュラン組、このチームは地元を代表する全国規模の選手たちです。

2位はダイワのプロチームでしたな。3位のチームはよく知りません(笑)

そして抽選会が・・・

 

協賛された会社からの沢山の景品が一杯でして、中には最高20万の釣り竿も…。

しかしながら、残る5人の中で当たったのは私の小物バックだけ…お笑いですわ!せっかく遅い時間まで期待して残っていたのに(爆)

皆さんお疲れさんでした。来年も近くなら参加しましょう!

Sさんには往復の運転ありがとさんでした。

さぁ来週は1か月振りの海上釣堀で傳八屋さん、その前の14日にはまた吉野川へ行きましょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年9月3日 - 2017年9月9日 | トップページ | 2017年9月17日 - 2017年9月23日 »