« 2017年6月11日 - 2017年6月17日 | トップページ | 2017年6月25日 - 2017年7月1日 »

2017年6月18日 - 2017年6月24日

2017年6月24日 (土)

6/23 好人の鮎釣り(長瀬太郎生川)

いやぁ昨日は暑かったですなぁ! 時折立ちくらみするほどの暑さの中、今季初の長瀬太郎生川で遊んできましたよ~。

残念なことに休みを変更したこともあり、この日は1人釣行ですわ。で、どこに行こうか考えたんですが、長瀬太郎生川に向かってました(笑)
ええ野洲川&土山川も解禁しており、一番家から近い川なんですがね、解禁日に出かけたとしくん情報がよくなくて…? それで、水況は変わらないけど18日に見た魚影の濃さにひかれて長瀬太郎生川にしましたな。

平日だからとゆっくり6時に起きて出かけ、現地着が8時を回ってましてな、ポイントをまず見て回ります。

管轄入り口の公園下はよく見えませんが見る気も薄く(笑)、次の横矢橋の”あたらしオトリ店”とその前には入っている様子。
そこからの上流域は、道から見えるポイントにはそれぞれ鮎釣り師がもう竿を出してますな。そして公民館を超えた中流域最終で、高い人気の”板橋”には、橋の上手に4人が入り、もう一人も着替え中、橋の下手には車が4台も…!?

こりゃあかん!?と思いあたらしオトリ店に戻ります。
板橋の上にはもう3km釣り場はありますが、釣りしたこともなく駐車場も知りませんのでパスですわ(よいポイントらしく釣果報告にはよく出てきますが…)

あたらしオトリ店で「日券¥3000」と「オトリ鮎2匹¥1000」を購入。

すると対象が車は目に見える柵の床尾に入れてと…。そこまで移動し車を止めて着替え。

すぐ横の階段を下りて横矢橋の上手のポイントに入ります。
橋の上流200mと下流は見える範囲空いてましたな。

橋のたもとでとも思ったのですがその上手100m無いぐらいの所のポイントが空いて!います。チャラ瀬に近い流れですが好人には{丁度良い!」(笑)

1個の友缶があり、1人釣り人が上流100mにいましたが、独占で泳がせますな(笑)

今日の仕掛けは8.1m中硬々鮎竿、天井糸は1号、水中糸はナイロン0.2号、針はオーナー一角6号4本錨からスタートです(ノーマル)

水は少なく深さは30㎝以下の瀬とはいえ片足で跳べる流れです(笑)

9時5分釣り出そうとしてチョンボです。 
鼻カンをつけようと鮎を握ろうとしたらピョン!と跳ねてオトリが飛び出てしまいまちた~!? ハレホレヒレ

開始前に1匹のロス…これはまずい1匹のオトリを大事に使わなくては…、まぁ目の前にオトリ屋さんはあるのだけれど…(笑)

しかし泳がせて10分、コツンと当たって14㎝が! オトリになる立派?なのが掛かりましてな、あらうれしや~!

これをオトリにまた10~15分。来ましたよ~15㎝、おっ調子いいじゃん!?

3匹目がまたまた来たもののこれは7㎝ぐらいのチビ鮎でリリース!

この間に好人と橋の間に1人入り、ときどき掛かるのが見える あぁぁぁ

好人目にも4匹目がきて13㎝、5匹目は大きく見えるやつが来たもののキャッチミス! ミスミスお帰りになりました。

1時間で5匹、ええ感じですわ。

釣れなくなったら上に下にとポイントをずらして狙いますな。間があって掛かってきますが小さめの鮎。
といっても上北山のような、そこまで小さくはないが大きくても15㎝止まりでしょうか!?
でもまぁまぁコンスタントに掛かってくれまちた!!

12時にお昼休憩。
車に戻りまずはビールをちょびっと。刻み野菜にマヨネーズを掛けて…、主食は天丼とざるそばのセットもの。もうこれでお腹は満たされまするな(笑)
しかし一人で食べるお昼、寂しゅうて味けのうございます。

午後は1時15分再開します。

現場には誰も入ってきてませんので、とりあえず朝の場所を上下して釣りますと、また同じように当たりが!
1時間半ほど稼ぎますな。

その後に夕方までの狙い場所として橋の真下に近いところへ移動しました。

ここは比較的流れもと良いし、大石が点在するなど大物が潜んでいるようなところもありますが、上手の流れの石は泥被りのようで汚いので、ほんとに橋のすぐ上手を流します。

ポツポツとここでも拾えましてな数を稼ぎます。

4時まで粘りましたが掛かるか間隔も空き、また足が攣る気もしてきて4時5分に竿をしまいましたです。

そして数を数えようとしてまた1匹スルリ、元気な奴ほど体のぬめりで掴めません!?再放流ですわ…もったいない!

オトリを入れずに21匹の釣果…珍しいですわなぁ!
このうち最放流が3匹と10㎝以下のリーリースが5匹で残り13匹を持ち帰りです。

20㎝クラスを釣りたいもんですなぁ!?

しかし小さな鮎は骨を気にせず食べれまして、それは美味しいございますな。

さぁ明日はとしくんと安曇川朽木に行こうと思うとりますが、朝起きて雨が酷いようなら中止もあり得ますし、どうなりますか???

今日は安曇川広瀬の遅れていた解禁日だそうでして、コンちゃんがお出かけしてまして朝電話くれました。まずまず釣れてるようでしたな。
K村さんは上北山村へお出かけ、18匹釣れたが小さいらしい。
まっきぃさんらはどこの川かな、写真だけ来たが岐阜の高原川に思うがなぁ、はてどこじゃろ?
鮎組残りのSさんは家族サービスデーじゃと…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

昨日の雨は・・・

被害のあった地域や個人の方々には不謹慎極まりないことですが・・・。

どうも昨日の雨なんですが内陸部は言うほど降らなかったような???感じがするが…。

何故かというと水位や濁りを教えてくれてる河川が、軒並み増水していない、水は濁っていないかしれているようなんですな…?

曽爾川=青蓮寺川も2日前より4.5センチぐらいの増水?? 水は綺麗だし流れ込む名張皮もまったく変わりはない様子!?

大内山川も昨日の午前9時にはすごい濁流でしばらくダメかと思われたのに、今朝は竿を出している方がいるという!?

滋賀の安曇川朽木も今日は綺麗に透き通ってますよ~!
昨日の朝には多少の濁りと増水はあったが、今朝の写真は綺麗なもんですなぁ!?

ちょっと吉野川は分かりませんがね?

いやなにね、明日の行き先どこにしようかと思案中で…。

明日は長瀬太郎生川にして25日は安曇川に出かけてみますかね、いや釣果の方は何時もの通りさっぱりでしょうが・・・?(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

6/18 好人の鮎釣り(青蓮寺川解禁)

18日は名張の青蓮寺川の「鮎解禁日」でして、不安を感じながらも楽しみに出かけましたな。
が、不安的中!? わずか3時間で終了せざるを得ないほど心が折れましたですわ…。

青蓮寺川の解禁、行くかどうしようか悩みましたが…、ここ4年ほど通い顔なじみにもなりましたし、釣り友のSさんも行くというのででかけましたな。

当日出かけるため、夜は10時に寝て夜中1時30分起き、急いで出かけますが朝飯に昼飯の用意など、すべて前夜に用意しておりますので現場へ直行です。

3時過ぎ青蓮寺川に着き、一直線に目指す入川場所まで走ります。
と、すでに目的の場所には1台の車が止まってますし、河原にはしるしの付いた竹棒まで立っています。
こりゃ先を越されたと思いつつ、先日使った目印の点滅信号付きの棒をその近くに立ててから、漁協へ戻りました。

漁協であいさつと「年券」を購入。PCが壊れたとかで昨年の写真が机上に…、それを貼り「年券」が作られます。

皆さん早めにお目当ての場所に散りますな、今年は雰囲気が違う気が…。

予定の場所に向かう途中でSさんとすれ違い、声を掛け合いますがお別れ(笑)、狙う場所が違うため…。

好人の目指すは”二川”というポイント。

青蓮寺川の最上流部に当たり、その上流300mぐらいからは”奈良県曽爾村”で”曽爾川”と名称が変わりますな。
曽爾川にはSさんの息子の「隆くん」が行っているはず…。

このポイント昨年はまぁまぁ釣れましてな。下流の入りたいポイントは今年も人が一杯でここまで上がりましたが…。
先に信号立てに来た時に見てビックリ!? 予想通りに渇水で水がありません。幅狭い流れも弱い感じです。

着替えして河原で夜明けを待ちますが曇りのせいで夜明けが遅い(笑)そして寒い!

4:15頃ようやく明るくなりだして…、半近くに車で大気の人が降りてきてご挨拶。

棒を立てたのは自分ではないと言われる。そくさくと準備され竿を出されますな。
好人は5時まで様子見と決めてまして、じっくり見てました、が…掛かりませんな!?

5時になったので竿出します。

小さくなった流れの中にオトリを入れます。
よどみより流れのある場所がよいと思い入れましたが…、すると2分もしないで1匹目がコン!

おいおい来ましたよ、嬉しいですねぇ!
少し小さく14㎝の細身ですが黄色掛かってもおりオトリに十分になるやつですな。

これに代えて同じ場所に…、でもあとが来ません?? いる場所なのに??

10分後にようやく2匹目が…。これもよく似たサイズの鮎ちゃんでしたが…、途中でポチャリと針ハズレ、思わず「あっ!?」と声を出してしまいましてな、隣の人もビックリしてこちらを見てましたぜ(笑)

隣の人もようやく1匹目を掛けるの見ましたが、掛かりは悪そう(上がるときに2匹というてましたわ)

その後少し流れの下を探り3匹目、4匹目と掛かってきまして1時間で何とか3匹を手にできました。

が、ここまでで終わり粘れません。

それでももう1本の流れも…と思い竿だししましたが、泥だらけでとても鮎が住むところにあらずで…、いつもなら大鮎が潜んでいることもある流れですが…。

後から入ってきた2人組のおじさんたちもまったく釣れんと場所変わり…切り替え早い?

一緒に入った人も上がってきて少しお喋り。好人は朝飯をほおばりながら(笑)

その時に道路から声がして「もう上がるは!?」と…、誰あろうSさん。
名人が釣れんと!? 釣れたのはチビ鮎だし面白ないからもう上がるは…と。

まだ7時でっせ!? 曽爾を見て、その後天川へ走ったのか吉野で竿を出したのか定かではありません(笑)

好人は8時まで粘りましたがまったく掛かりませんので心折れました。

漁協まで下りお喋りを…。 上の橋の上で、これまた下流で竿だししてたが釣れんかったとお嘆きの地元の方と川を除きながらお喋りですわ(この方は着替え済)

着替えと言っても地元の人は、作業着に長靴や胴長で釣る人多く、タイツに足袋、など履き替える人も少ない(笑)

9時頃までいたが釣れそうにない!?ということで長瀬太郎生川を見学に走ります。

長瀬のあたらしオトリ店前の横矢橋から眺めると鮎がいますな! 

ここでも亀山の人とおしゃべり。 いますでいますで!ということでこの人は竿だししてみますはと着替えに行きましたが…。
少し眺めていましたが、少しは水量ありそうな(いつもよりは渇水ですよ)、鮎も見えるし。

その後上流の一級ポイントへ。

ここにはズラリと竿の放列が…。翌日の新聞にはここで21匹釣ったと書いてありましたが、昨年から見ると水量は少なかったが粘れば釣れるんですね。

その後に旧美杉村内を走って家(倉庫に)に帰り、ビール飲みながら昼飯を食らう(笑)

8m長さ用の仕掛けを整理したりと…これ今後青蓮寺川や長瀬太郎生川では8m~6mの竿を使うつもりでの準備だす(笑)
そして一日を終えました(涙)

この日の青蓮寺川での釣果は3匹(1匹バレ)、せっかく先週の北山川で楽しい思いができましたのに、元の木阿弥!? 下手なんですね。

そうそう、前日の17日は、滋賀県の野洲川に土山川も解禁でした。
このうちの土山川には釣り友のとしくんが出かけていたのですが、こちらも釣れなかったようで、12時頃電話があったなぁ、チビ鮎1匹だったと!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年6月11日 - 2017年6月17日 | トップページ | 2017年6月25日 - 2017年7月1日 »