« 2017年1月1日 - 2017年1月7日 | トップページ | 2017年1月15日 - 2017年1月21日 »

2017年1月8日 - 2017年1月14日

2017年1月12日 (木)

1/11 シマアジ祭りで紀州さん

紀州さんで行われた「第4回日本一シマアジ釣り名人戦」に、久方ぶりに参加してきました!

いやぁ紀州さん、思い返せば一昨年の7月以来か!? 久しぶりにお邪魔しましたが、大きく整備された釣りイカダはよかったですなぁ!!
川口社長や両福ちゃんはじめ従業員もよく続いてますな(笑)

さてこの日は、和歌山広川町(有田傍)の釣り堀「紀州さん」で、釣りエサ工房「魚かし」さんと紀州さんコラボでの釣り大会があり、それにWILD H2man倶楽部が乗っかる形で申し込んでました。
一年に1回ぐらいは顔も出しておかないと…と思い。

「日本一シマアジ釣り名人戦」、好人は多分第1&第2回まで出たと思うのですが、昨年は不参加だったはず…。

WILDに紀州さんに久方ぶりに顔を出しておかなければ・・・の思いで今回参加をしましたが、とにかく遠い(笑)、大阪の人が三重に来るのを遠いと思われるように…(笑)

この日の参加者は32名。
我が仲間や顔見知りも多くて、楽しく釣ることができますな、
大会は放流を”シマアジ”だけに限定したもので他魚の放流は一切ありません。
また、他魚が釣れても一切のカウントはなく、ひたすらシマアジの釣れた数を競うものです(笑)

大会は大イカダ4基(A・B・C・D)使用で、各イカダ8人づつで競います。
好人は抽選でAイカダのまずは6番釣り座でスタートですが…。
このあと2回の釣り座移動があり、1番と4番へと休憩を挟み変わっていきます。
釣り場の偏りを防ぐ処置ですが、都度もう大変! 竿(大体2~3本)にクーラー・道具箱、それにスカリまで移動させるのに一苦労! やめてくれ~!(笑)

Aイカダには隣にまっきぃさん、左隣に魚かしマッキーさん(3回目の3位)、その横がヤマトちゃん(2回目の名人、3回目の準名人)、そして年末に初顔合わせした岬の坂井さん、知らない御仁2人に、菊井さん(昔の傳八屋さんでの顔なじみ…何年ぶりか)の8人さん。

幸い御大によっしーさんはBイカダ、SさんはDイカダ、だいちゃんはCイカダ、何とかAで頑張らねば!…本心は楽しく釣ろう!だけです。

ラウンドごとにシマアジの追加放流が行われます、美味しいシマアジだけにぜひとも釣りたいものですが・・・。

   

開会式…ルール説明・場所抽選ご2番船でイカガに渡ります。

   

シマアジが一人2匹?の放流だそうですが、最後3回目の放流シーンしか見てないので、一体どれぐらい放流あったのかなぁ?(笑)

第1ラウンドは8:10~9:30だったと…。

スタート合図の時に好人はなんとトイレを出たとこで…(爆)、風の強い日なので遅れていた放流待ちに行ったスキに(笑)、WILDの平井会長が竿入れしてくれてましたが、当たりはないような(笑)

すぐに戻って竿を受け取りエサを代えます。最初は浮き釣りからの棚探り!
それにしても南側の釣り座でまっきぃさんと2人、北の風邪をまともに受けて釣りずらいし寒い!

好人は朝一、浅めを泳がないかと棚7.5mの浮き仕掛け。エサはマダイイエロー+魚かし新エサ(を名前忘れた…)を付けていますな。
隣の魚かしマッキーさんに当たり、これは真鯛ちゃん! 好人にも当たり、これも真鯛ちゃん、あちゃ~ですな!?

でも2投目・3投目とシマアジが連続して釣れてラッキー! ええ引きですわ!
エサはマダイイエロー+魚かし! 
第1ラウンドで2匹も釣れて嬉しかりけりでしたが、後はスパッと当たりが止まりましてな…。

仕方がないので底狙い、竿を4m脈釣りに変更して黄色のササミを付けてみました。
これが当たり! ええ引きして上がってきたのは真鯛ちゃん、これも2連続して釣れてくれました。

第1ラウンドはこれで打ち止め!? 
でもシマアジ2匹に鯛ちゃん3匹の5匹を釣ることができましたわ、好人にすれば大当たり、珍しいことがありますな。

釣れにないときにもヤマトちゃん一人気を穿いていたなぁ…。

そして1時間20分の1回目の終了待たずに第2ラウンドの準備に入ります(笑)、坂井さんの場所へ竿ほか移動し始めました。

第2ラウンドは9:30スタートです。

風が納まりませんが今度は背中で受ける風、なんてこそないさ(笑)
さぁここでも頑張ろう!

1回目と同じで隣の魚かしマッキーさんが掛けた! 心地よい強い引きでシマアジ掛けた!
ここでアドバイスが「浅いよ! 棚が浅いよ3mぐらいできたっ!」とのことで、急いで7.5mより上げてくる。
その途中で喰ったあ! 棚は分からないが5mぐらいか?? 
まずは1匹確保! 幸先良いよ!

続いては浮き竿ながら浅目で探り、するとググッときましたなぁ、このラウンドも2匹連釣できました。

続けて3匹めをと狙っていると、隣のまっきぃさんに当たり! 
青で~す!と青宣言されてはる、団子餌に来たらしい…タモ入れのお手伝い。

後を付いている青を見て…シマアジ釣り忘れて死にエサ投入! 
すぐさま喰いましてなやりとりするも、残念ながらサルカンのところでハリス切れ!

続けて入れようとすると死にエサ禁止だと…?
同じ死にエサでもキビナゴならよいだろうと青いキビナゴ投入、ひらひらさせていたら即喰いましたな。 本間の表層まで追ってきて喰いましてん、まぁまぁのワラサがよっしーさんのタモに入りましたです!

あっよっしーさん、余りに釣れないので放浪に出てきたそうです(爆)

続けて青キビナゴ投入、またも当たり!
しかしこれは針のチモトでハリス切れ、あぁぁあ!?

ええい4度目の正直じゃ、もう一度喰えっ! とキビナゴ投入、ほんまに喰いましたで!
こいつは少し大きい目のワラサ…、まぁ小ブリと言ってよいでしょう! これもよっしーさんに掬ってもらいましたが、好人めにこれだけ掛かるのは珍しいことです。

なんでや!?
それはヤマトちゃんや坂井さんが青を狙ってないから…(笑)
何故なら彼らはシマアジを釣ろうと一生懸命なんでね…、その足を好人が引っ張っている…ゴメンナサイでした。
そのせいで調子よく釣っていたヤマトちゃんの釣果が落ちてしまいました。

    B生簀の様子

そして2回目も終了。 
好人は、シマアジ4匹、真鯛3匹、ワラサ2匹と好調です…ウレピー!

ここで中間発表が・・・西村くん(岬の若旦那)、ヤマトちゃん・長さんが12~3枚釣ってるようです。

   A生簀です。

   C生簀です。 

  D生簀です。

第3ラウンドが11:10にスタートです。

釣り座はまた3個移動して東南の位置に替わりました。

開始前に追加の放流が…。
この時初めて放流の数を見ましたがまぁまぁ入ってますは!(笑)

やはり放流されると一気に喰ってきますね、次々とヒット!
好人にも当たりあり、まずは1匹!

続けて2匹目、ええ引きです!

このラウンドではおかげで3匹目も釣れまちた~!!
棚は朝一と同じ7.5mでしたな、エサもマダイイエロー+魚かしで、ありがたや!

底も狙っては見ましたが何も来なかった…、もう第2ラウンドから真鯛の当たりは全然でなかった!?

それと黄色甘えびでは何も来なかったですなぁ!?

放流ぶんが釣れるとピタッとアタリが無くなりますな…。

釣れないときには朝からいる石垣鯛を狙おうと思っていたのですがな、残念ながらマッキーさんの竿の向こう側でしか泳いでおらず、あまり釣り座移動してまでは狙えませんでした、残念!?

そして12:50に大会終了!

Aイカダではやはりヤマトちゃんが1位で13匹だったですな、流石でございます。
好人も7匹とイカダで2位だったと…倍近い差はありますが…(笑)

陸に上がってから事務所前で表彰式が・・・。 

 

優勝はシマアジ19枚釣られた。

  西村くん。(毎回上位に入ってる)

2位は15枚釣られた。

    石橋さん。(後半の追い込みが凄かった)

3位は13枚釣られた。(2人同点でした)

  

長さんとヤマトちゃんでした、やはりお上手ですな毎回毎回上位に入ってくる。

   集合写真です。

好人の最終釣果は、シマアジ7匹、真鯛3匹、ワラサ1匹、小ブリ1匹の12匹とツ抜けもできて大満足の楽しい大会になりました!

主催みなさんお世話さま、参加のみなさんお疲れさまでした~!

(写真はK村御大ブログよりの借用です)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

1/14 三重釣り歩記会㏌辨屋さんの要項

みなさ~ん、新年明けましておめでとうございます!

すでに新年の初釣りをお済ましの皆さんも多いと思いますが、好人めもワカサギ&鬼カサゴ釣りと2回の釣りを済ませましたよ~(笑)

さて、三重釣り歩記会1月度の辨屋さん釣行日、いよいよ14日となりましたので、参加者の皆さんに当日の開催要項のお知らせをいたします。

※三重釣り歩記会 1月度辨屋さん釣行会

1.と き 1月14日(土) 6:00~14:00

2.ところ 海上釣堀「辨屋さん」  三重南伊勢町礫浦

3.会 費 ¥11,000 / 1名(男女とも)

4.受 付 ā. 時間 05:20~05:40

       b. 場所 晴天時 氷売り場のところ
            雨天時 トイレの更衣室
            
       c. 内容 会費の徴収
            釣り座の抽選会
       
5.その他 a. 辨屋満Pカードの使用OKです。

        b. Pカードの押印ありますから提出してください。

        c. 活きエサなどご注文も受け付けます。(別料金)

        d. 煮込みラーメンでお昼休憩(一斉)にしたいと思います。
          (幹事がすべて用意していきます)

        e. 雨天決行(釣堀側の中止の場合は連絡入れます)
          キャンセルのないようにお願いします。

6.参加者 全部で8名
 
        Amaさん、kuwaさん、友人さん・・・kuwaさんGR
        自由人(岡崎)さん、しんさん、にゃまずさん、ぼすにゃんさんに好人です。

参加のみなさん、ブリ釣って楽しみましょう!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

1/7 初鬼カサゴ釣り

3度目の正直、やっと「鬼カサゴ」釣りに行けました!

伊勢は志摩沖での船釣りにて、AFCの棚ちゃん・だいすけくんとの3人釣行です。

7時出船ということで6時に待ち合わせ。 2時間かけて到着予定で3時起き、風呂に入って予定の4時より10分ほど早く家を出まして下道走り。
中勢バイパスから南勢バイパス~旧23号線~サニーロードと走ります。

エサは事前調達(去年からの買い置きあり:笑)しているので、エサキチさんなど素通り、五か所で260線を南下し浜島港へ。
メチャメチャ早く5;15分には着きましたな、駐車場に止めて一旦トイレ(笑)、横の車は棚ちゃんらでしたが、6時過ぎまでもう人ねりしようと(笑)

エンジンを切って寝たので寒さに目を覚ますとちょうど?6時10分頃かと…。
まずは岸壁に道具を置きに行ってから着替えしますな。

丁度7時前に智栄丸さん到着、荷物を積み込んで出船です。

客は4人、京都からお越しの若い衆(何度も来ているらしい)1人と好人がミヨシに入り、棚ちゃんらは艫に入りました。

ポイントまでは30~40分で到着、岸は見える範囲です。
京都の若者(以降若者)が左舷に好人は右舷で釣りします。

初めての鬼カサゴ釣り、何もかも買いそろえたタックルを準備しましたが、片天秤仕掛けに勝ってきた3本針(6号ハリス)約2m長さ、オモリは150号とても重たくて段々効いてきますな(笑)

智栄丸さんは新しく電源システムを設置したらしいので、それに電動の線を繋ぎます。

付けエサはサバの切り身あらスタートです。

さぁ釣るぞ! との思いで第1投、推進133mのアナウンス、期待を込めて沈めていきますが、ここで問題が起きました!?

電動リールの液晶表記が消えた!? なんだなんだ??

電源につないだ時はピッという音とともに表記して、ゼロリセットもできたのに!?!? 
そして、巻き上げスイッチ入れてもモーターも回らない??

ものすごく困りましたねぇ、ほんと! 
普段使わないとはいえPE3号が巻いてあるのはこのリールだけだったので使ったが…、表記だけは戻ったりするが巻き上げスイッチが入らない。

こうなりゃ手巻きするしかないと思い交換のために巻き上げだしたが、実は最初のポイントでは当たりが皆に出ていない様子で、背中わせの若者も釣れていない様子? そのため巻き上げ合図も出ましたな。

急いで巻き上げるが大変!! 右腕がえらいえらい!(昔の右巻きリール)パンパンに張ってくる(笑)

ポイント移動の間に予備のリールに交換しましたが、いやぁ大変な目にあいましたわ!

新しいリールで釣り開始、隣の若者は釣っていますな、負けずに当たりを感じたいと誘いを入れるとツツンと当たりが来た感じ!
巻き上げるとついてますよ~、多分これが鬼カサゴかな? じつは見たことないが美味しい魚だというので釣りたかったが!?(笑)

しかしどうも最初のはアヤメカサゴみたいで? 小さいしトゲも鋭くなくて…。

次に持参の大きなエビを1か所付けて投入。ググッとくるあたりにワクワクして巻き上げ…実はどんな当たりするのかも知らないんですが…(笑)
あがってきたのは2匹、アヤメカサゴとレンコ鯛でした~!

3回目の当たりでやっと釣れましたよ鬼カサゴ、多分!?(笑) 40㎝クラスの大きいと思えるやつですわ!!

その後しばらく鬼カサゴ釣れてきましたね、中クラスや小クラスが…。

で、10時半前までそこそこ釣れてきたんですが、ここで痛恨の根掛りをして…道糸高切れ、当然天秤仕掛けもロスト! その上道糸を巻きこんでしまい…巻き上げの穴に通すのに何分かかったのか??

やり直しに30分ぐらいかかったかな?

ポイント変えてくれるんだけど後半戦はあまり釣れませんでしたねぇ、残念ながら…。

よく来ているという若者は釣り数も断然違う。でも今日は潮が悪く釣れないしサイズが小さいという(この日は長潮で動きは悪い)

1時に沖上がりです。帰港中に棘を取り魚を締めます。
どの棘(トゲ)を切り落とすかはサ語に船長に聞きました。

トモの様子はわかりませんでしたが、ミヨシ側は4人は入れるところを2人だけにしている様子。魚の生簀も大きくてどれだけでも入るし釣り座はゆったり! まして肘掛イスがあるので座って釣りができますな。

前方には壁板が設置(組み立て式)されるので、風よけ飛沫よけになりますし、いい釣り船でしたなぁ、ただ、¥15000の釣り賃はちと高い気がするな!? 
仕掛けもエサ・氷もなし、釣り場まで30分くらいだから、余計に高いとは思いますねぇ、貧乏人ですので(笑)

締めの時に数えたら鬼カサゴ中2匹、小4匹、レンコ鯛2匹、アヤメカサゴ小2匹、おじさん1匹、それに若者も知らなかった魚大1匹の12匹でした。
名前のわからない魚は船長には聞いたが」エンジン音がうるさくてわからずで…、仲間内の方のHP[珍魚すくい」でひも解くと、どうも「キツネダイ」だと思うのですが…、ベラ科の魚らしく、ツルツルの白身は大変美味しゅうございました。

肝心の鬼カサゴの味? それは今晩のお楽しみ!(笑) 
1日置いた方が美味しいとも書いてありますので(釣り船のHP)、より楽しみですな、刺身がでてくるか? 煮物か?

念願の鬼カサゴ釣りもすみました。
この後の釣りは、11日紀州さん(シマアジ祭り)、14日辨屋さん(三重釣り歩記会)、25日サザンでフグ釣りの練習が決まっていますな。

みなさんまた一緒に釣り遊びしてください!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年1月1日 - 2017年1月7日 | トップページ | 2017年1月15日 - 2017年1月21日 »