« ◆09月度三重釣り歩記会In傳八屋さん(お誘い) | トップページ | 8/17 好人の鮎釣り16「青蓮寺川」 »

2017年8月15日 (火)

8/12・13 飛騨宮川鮎釣り遠征

中身は計画通りとはいきませんでしたが、土日に飛騨市まで”鮎釣り”に行ってきましたな。

一人寂しき道中記はまた後日にでもアップするとして、現場着の騒動からカキコいたしましょう…。(笑)

予定より遅れて1時半ころ現地着。まずは「釣り大会」(と言っても身内の親睦釣り会みたいなもので…)会場に向かって車を走らせますな。

高山市内から続く宮川は、飛騨市古川町地内で竿を出す人(宮川上流管轄)を見かけるようになりまして、41号線から分かれて飛騨市宮川町を目指すなか、川と国道が1本の線上にあるようになりますな。

まぁ山と川を奥深く入っていく感じです(笑)

いくつかダム湖を過ぎて初めて鮎釣り師を見かけだしましたので車を止めます。
上手に3人が入川直前、下手には6人ぐらいがすでに釣ってるような…、そこへ関西電力の広報車がやってきて何か言ってます。

最初は聞き取れなかったのですが、「○○なので川から上がってください!」と言ってます。多分「放流が始まるので…」と解釈したのですが、この段階での雨の感じはなしで意味が???でした。

少し下って棚田の里「種蔵」の2枚目の看板を過ぎてからが驚きです! 川が俄かに濁流になってます!?

そこからの下流域は増水の上真茶色の川が延々~!?

会場について目の前の川は、最初少し濃い笹濁りだったのがみるみる茶色に変わりましたな。
こんなんで明日できるのかいなぁ~? との思いでSMSをくれていた電話にSMSを打った「川は真茶色だけど明日の釣り会できますの?」と…。

真茶色のことを知らなかったのか「大丈夫明日はできますよ!」との返事が…。

その時にはその言葉を信じて時間をつぶすことにしましたな。本当は2時間ほど竿だしするつもりであったのですが、これではダメと思い込み…。

実は、この下流域しか釣り場が無いと思い込み、濁りのあった場所より上も上は釣り場がないと思い込み…まして大放流が始まるし濁りが出るだろうと思い込み…?

それでそれからは流域の下見に…と言っても川の状況は分からずで、場所の雰囲気だけ眺めに富山県境を越えまちた(笑)
杉原ヤナ場も見て、少し戻りマンガ王国とおんり~湯に浸かり時間つぶしです。

会場に帰り野営の準備。血圧を測り薬を打ちます。持参したひやしうどんに舌鼓をうち、なんば(とうもろこし)をかじり、漬物を食べて寝る前の準備で食事を済ませます。

寝ようかな~と思っていたらSMSが入り、下流の濁りは取れそうにない!?会場を上流に替えたいと思う。組合を本部にしたいと…!?
その足で組合事務所まで戻り、一夜を過ごしました…体が痛いですわ(笑)

で、12日は終わりました(笑)

翌13日(日)、釣り会の日、早くから起きだして状況観察!?

6時頃主催者の室田さんも見えましたが、またどこかへ。
慣れているのか皆さん来るのが遅いなぁ(笑)、こちらは菓子パンたべて朝飯を済ませます(笑)

海上が設営され参加者がぞくぞくと集まって見えまして、受付が始まります。早速受付を済ませますが、宮川下流漁協の日券は¥2000、釣り会の参加費はオトリ2匹込で¥2000の格安です。

…と、「好人さんですよね?」と声を掛けてくれた人が…。
愛知県のMさん、一昨年の中津川での大会の時にお話をさせていただいた方のようで、覚えていてくれましたのと、その後、女性鮎釣り師☆釣り日記ブログの書き手「ゆうさん」のブログを見ていていただいてたようです。(時たまカキコしてますので…)

おかげでこの日一日楽しく過ごせましたです、Mさん大変お世話になりましたな!

受付時に抽選の形にて封筒を受け取り、中身を見ると「6番」と書かれたリボンが…、そうですオトリを受け取って川に向かう順番なのですが、早い番号ではありますが初めての川どこに入ればよいのかなど、まったくわかりませんのでどうでもよろし!?(笑)

今回の参加者は35名くらいかな? 中津川の時よりは随分少ないと思ったが、ブロガーのゆうさんらも東北巡りで参加できなかったせいもあるのでしょうな?

どこに入ろうかとMさんと漁協下の川を見て、近くだしここがええなぁ…と話をしてましたが、室田さんよりここは昨日の午後大勢の釣り人が入っていたのでやめたほうが良い!?と言われてしまった…はて困った?

そのうちオトリの配布が始まり早くに受け取り、少し下流域へ車を走らせる。すぐ下の橋から眺めるとよさげな流れの場所があり、ここに決める!

が川への降り口がわからない? もたもたしていたらMさんもやってきて手前に駐車された。道なき道?を降りていくがその先にはすでに河原を歩くMさんの姿が…(笑)

川にはすでに3人さんが目の前から下流にかけて釣りされています、大会の参加者ではありませんが、そのほかにも2~3人の人が見えますので、人気の場所でしょうか?

支流の流れ込みの上にMさんが入られたのでその下流に入ります。流れ込みに向かっては釣りをする人も見えますが、あの人はアマゴかヤマメ狙いなんでしょうな!?

9時20分、やっと大きなオトリに仕掛けを付けて送り出しますな。

少し濁りがあるような水ですな。かいし15分もなにも起こらず…、こういう時は釣れないことが多い好人。入れポンの時はちょうしがでるですがな(笑)

でも20分後だったが待望の当たり! 少し小さめの15㎝クラスでしたが嬉しいですねぇ!釣れましたよ!!

さぁ野鮎に替わり期待も高まりますな…、5分後すぐに2匹目が…、がこれはもう少し小さかった!?
そしてこれをオトリに3匹目もすぐきた~! これは大きかったですよ20㎝超え!

そしてこの大きなオトリに掛かる鮎も大きくて! 4匹目はなかなか水を切れずに四苦八苦!?? でも何とかタモキャッチ!

よかったですわ、釣れだして…ニコニコ、

ヘチから真ん中流心へと少しづつ場所を変えながらも狭い範囲の中で数を稼ぎます。

真ん中の深い流れでは当たり少なく、岩の横とか綺麗に見える流れの中での当たりが多く、掛かる鮎も大型が多いですな、時速5匹くらいか…。

同じところは不可、少しづつズラシながら拾っていきますが、思いのほかの辺りが続き、数えていたのを忘れるぐらい(笑)

上下に動いたのは20mくらいの範囲か? 横には向こう岸まで泳がせるも左岸ヘチでは当たり拾えず…あぁぁ、でまた右岸寄りへ戻ります。

その間にもあちらで1匹、こちらで1匹と掛かってきてうれしいこと! 

三重釣り歩記会「鮎釣り部」7人+1名の中で、一番腕の悪い好人にしては珍しく上出来な釣果(笑)

この日のタイムリミットは12時半帰着が制限。

のそのそしている好人のこと、切り上げの時間が気になりますわ! 車に戻れば本部まですぐなのですが、車に戻るまでの崖のぼりがなんともはや…(笑)

そのため11時40分に切り上げることにしましたな。

釣れたアユは活かして持ち帰れとの指令でもあり、鮎友缶にたっぷり水を入れて担いで上がるのはもう大変。

多分なんとか10匹釣れたろうと思いますし、サイズが良かった! 

ひいこら言いながら休憩をしながら崖を登り、やっとのことで本部(漁協)に戻りまして検量です。

何と込13匹(釣れたのは11匹)活かして持ち帰れましたな(笑) Mさんは込6だっか?

ところがところが、1位の方は何と26匹も!! 二人もお見えで驚きの数…、3位の方が25匹と信じられない数を釣られてます。

1位のお二人のうち1人は女性…せわしく世話を焼いてくれていたゆうさんブログにでてくる「Sさん」でしたが、この方、岐阜清流レディースの総合優勝を決めた方でもありました。

余りの釣果の差にあんぐりと…、いかにも上手な方がお見えです。

このSさん、室田さんのお弟子さんとのことであいさつの時泣かれてましたな、育ってくれたと…感激!

表彰はこの3人さんだけで…、ちなみに1位には来年の年券+試し釣り券が、同時にレディース賞となったSさんには同じ商品が送られました、羨ましいですな!

後の方には順位の発表はなく、抽選やジャyンケンによる景品の分配が…。好人ジャンケンはいけやせん!? まったく勝てる気がしませんな(笑)

だから抽選が良い、これでもいいものと悪いようなものと当たりの確率はあるわけですが、空くじ無しで景品は手にできる(爆)

抽選で帽子とトートバックをいただけましたが、1度残ったジャンケンはやはり最後に負けました(笑)

そうめんのお昼なども呼ばれて2時過ぎに会場を後にしました。

中津川の時には躊躇していたのですが、今回はMさんのお世話もあり、Sさんのお世話もあり、仲良くさせていただけました。

なお、三重釣り歩記会では、9月の行われる全国鮎釣りチーム選手権という釣り大会にA&Bの2チームでエントリーしてますが、本日の参加者のうちSさんほか2名で参加予定だそうです…チーム「鮎姫」、強豪ですよ~!

9月の再会が楽しみです!

室田さん、Sさん、Mさん、ご参加のみなさん、楽しい運営される大会に参加させていただきありがとうございました。

何時もながら釣りしてる内容の少ない釣行記となりましたが、お許しを(笑)

|

« ◆09月度三重釣り歩記会In傳八屋さん(お誘い) | トップページ | 8/17 好人の鮎釣り16「青蓮寺川」 »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!

三重の宮川とは違うのですね、遠くまでお出かけで・・・
楽しく拝読さして頂きました、最近は調子も良くなってますね、また鮮明にいろんなことを覚えてますね、感心いたします。
当方今一つ体調がすぐれず、やはり年ですかね・・・鮎釣りに二の足を踏んでるような状況です。
来週には検査を受ける予定ですが・・・
9月の大会までには何とかと思ってますが・・・。

投稿: K村 | 2017年8月15日 (火) 06時35分

>K村さんへ
御大どうされました~、体調悪いですか、養生くださいよ~!
LINEの話にも参加されないので、病気してるのでは?ないかと気をもんでおりましたが、やっぱり!?

もう連釣りなど無理せんといてくださいよ、ゆっくり休んで昼休憩もタップリ取りましょう(笑)
鮎釣りのベテランさんらは、朝早くから夕方遅くまで釣りさせます。その分お昼休憩はお昼ねするぐらいコントロールされてますから、休むのが大事ですよ~!

17日吉野川に出かけようかと思ってますが、8月中にお体治されて2日のJCには大漁してください!

なお、飛騨の宮川下流は三重の宮川上流と違い水質には疑問符が付きますね。
なんせ大きな町高山市を流れてきますし、途中には何個も発電用のダム湖が存在します。
ただ、鮎は旨いと評判で、京都人の室田氏が移住したくらい惚れ込んでるようです。

来年ご一緒しませんか、年寄りと若者半々ですが、女性陣も大勢で盛り上がりますよ!(笑)
乗せていきますから!

投稿: 釣魚 好人 | 2017年8月15日 (火) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537195/65662962

この記事へのトラックバック一覧です: 8/12・13 飛騨宮川鮎釣り遠征:

« ◆09月度三重釣り歩記会In傳八屋さん(お誘い) | トップページ | 8/17 好人の鮎釣り16「青蓮寺川」 »