« 2/7 天気晴朗なれど風強しで・・・ | トップページ | 2/11 岬サンクス貸切釣行 »

2016年2月10日 (水)

まるで管理釣り場みたいだった・・・が・・・

先日の根尾川でのアマゴ釣りですが、どこか違和感があったんですよね!?

どういうことかというと“放流の仕方”なんですが…。
いえね好人おじさんだけが知らないだけかも知れないんですが、昔と大違いだったもんですから…?

平成の初めごろも鮎釣りやアマゴ釣りもしていたんですよ。
それでアマゴの解禁(三重県内)ですが、同じように放流河川ばかりですから放流されるんですね、解禁日に併せて成魚放流も…。

ただですね、この成魚放流当日ではなくて少なくとも前日までだったと記憶してます。

まぁそのせいで、解禁日の釣り開始は「夜明けから…」となっているにもかかわらず、夜の明けぬ真っ暗闇の中でも釣りする人が増えて行きましてね。

段々エスカレートして、例のケミホタル付けてまで釣る輩が横行し始めたんです。

場所取りは好人目もやりましたが、闇夜の中で釣りせんでも!?の思いを強くしましたな。

少なくとも解禁当日の皆さんが待ちかまえる中放流する、というのは初めてで面喰いましたな…まぁ、期待しながら待ちましたが…!?(笑)

三重県河川では釣れなくなっていったいこともあり、前述の釣りスタイルを見るのも嫌になりアマゴ釣りから遠のいたわけです。

で、去年から初めて管理釣り場に行くようになりまして、まずはぐんずさんらと大阪の千早赤坂村の千早川へニジマス放流釣り場へ行きました。

管理釣り場は初めてで、この日にお客さんが待つ中での放流を経験しましたな。

それで水無瀬川ですわ。 ここではアマゴを入れてくれとお願いし(選択できる…料金違い)、結果釣り開始してからの放流ですな。

自然の中の渓流釣りと管理釣り場出の釣り方はこんなもんだろうと…(その前に北軽井沢での釣りも、こういうことだったと思いだしました)思えたんですが、大きな河川での放流が目の前で…当日に?

和歌山の日高川(龍神)、奈良の上北山川ではすでに放流されていましたな前日までに…?

いわゆる渓流釣りや本流でのアマゴ釣り、なんやもう少し情緒が合ってもいいようにも思いましたんで…、何を言ってもよう釣らんバカですけど…(泣)

|

« 2/7 天気晴朗なれど風強しで・・・ | トップページ | 2/11 岬サンクス貸切釣行 »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537195/63191764

この記事へのトラックバック一覧です: まるで管理釣り場みたいだった・・・が・・・:

« 2/7 天気晴朗なれど風強しで・・・ | トップページ | 2/11 岬サンクス貸切釣行 »