« 4/2 傳八屋さんニコニコデー | トップページ | 4/11 正徳丸釣り会(要項) »

2015年4月 7日 (火)

4/5 野迫川アマゴ釣り

5日(日)は早春のアマゴ釣りに行きまして、それは色々と楽しい思い出を作ってまいりやしたぁ!(笑)

この日行ったのは奈良県吉野郡は“野迫川村”(のへかわむら)の野迫川というところ。 
今回も
Sさんのお誘いで行ったのだが、SさんとK村さんとの3人連れで今回としくんはパス!?

ところで野迫川というところ、とにかく初めて聞く地名だし誘ってくれたSさんさへ初めての地と言う? 解禁日というのでまいりやしたが、いやぁそれはいろいろありやしたよ~。

まず出かけですが、家を01:30過ぎに出ますがこの時点で雨模様。 名阪道伊賀市の手前では青紫の稲光とともに凄い雨降りで…、このまま帰ろうかなとも思い…(笑)
幸い針インター辺りで雨が小降りになってきましたな。

約束の3:00を少し回ってSさん宅とうちゃこ~! 
直ぐに乗せ替えて野迫川へ向かいますが往きは高野山を通るルートで走ります。

九度山から高野さんルート、真っ暗な中細道をクネクネと…(笑)
高野さんは好人3度目ですが今日は夜明け前、丁度4時に金剛峯寺前で記念撮影!
それが下の写真ですが…わかりますか? (いつもながらk村さんブログより転写です)

        

ちょうど大きな音がしたと思ったら、大きな入り口扉が御開帳になりましたな、こんなに朝早くから中では動きがあるようです。
まして今年は開山1200年とかでいろいろ催しが行われるようですよ、皆さんもお出かけされてみては?

さぁここからが大変でしたなぁ(笑)
高野龍神スカイラインルートから入る道はまあ簡単に行けたのですが、まぁ大変な道、九十九曲りの細道で…。

でもまずは街中に入り遊魚券売る店に到着が5:00ころでしたか…。ところがどっこい!?
日券を買おうと中に入りますが人がい・な・い? 販売所の看板を大きく出しており、灯りもこうこうと付いているし、日券も年券も無造作においてあるのだが、人がい・な・い?

夜明け前のこと大声出して呼ぶのもためらわれ…、が情報も聞けない状態で。
取敢えず家の下の川には誰も釣りしていないし。場所取りの人影もない???

さぁここからが大変!
別ルートに走るが間が長い、九十九曲りの道、高低差もあるしね。
やっと別の集落に入って行ったら釣り人がいた。5:30は回っていたか? 声掛けして近所の遊魚券販売店を聞く(酒屋)、日券は¥3500と屋少ないが(笑)…購入しお話しを聞く。

この野迫川村、実は全国一の過疎の村、人口が少ないらしい、へぇぇぇ~!?
何でも登録は700人ぐらいらしいが実質は500人以下しか住んでいないらしい?

この酒屋の前後の川?に放流されてるらしいが??どうもねぇ、場所がさっぱり分かりません。
それでもこの酒屋の下流に公民館もあり、竿出ししている人もいるので竿出しすることに。

ただねぇ、里川で両岸ともセメントで固められてましてねぇ、渓流の趣は無し。釣り人が数名え見えるんですが、1人で1場所…魚のいる場所は限られてましてね、他の人の竿出しできる余地などなくて…。

浅い流れを流すが一度当りがあったかな? それもアブラハエかもしれず(笑)

すぐさま場所移動…これがなかなか!? 山の上にいったりまた降りたりを繰り返し、横に走ろうにも道は無い?みたいでしたな。同じところを2度3度 アハハハ

最後の最後だったかの里の川はこちらの感じ!(写真はk村さんより)

      

ねっ!?渓流じゃないでしょう?
好人目はこの時点でやる気は無くなっておりやした…本音は!

こんな場所ばかりではないはず!?と、それからも走ること走ること! じつは5:00から最後に本流筋に到着するまでに3~4時間も経過してましたな。

九十九曲りの狭い山道を降りたり上がったりを繰り返し、いやぁSさんの体力と運転技術に恐れ入りやしたが、迷走につぐ迷走で…!(爆)

最後に辿り着いたのが本流筋と思われる場所で、支流との交わるところでして、いやぁ景観もよし、水量もよし! ただ放流場所かどうかは???

    好人この石の横手等で8匹釣れました!

入ったのがここ! 右の写真側が上流域で手前に流れてきて右にカーブしていきます。そこへ降りてきた支流が流れ込んでいる場所です。

人気があるんでしょうねぇ、車が2台停まっています。

もうここしかない!? との思いでK村さんが真っ先に降りていきます。続いて好人目が、案外降り易いところでした。Sさんは支流を遡上していきますが、好人は右手の淵で竿出ししましたな。

イクラのエサで2流し、3流し…、でも喰ってきませんで、あぁやはり先に釣られちゃったかと弱気になりますな。

ええいエサを替えてやれと思いイクラから“ミミズ”に変えて流して2投目ですわ! 竿先の糸に重みが乗りっ! ぐっぐっとくる感触にやったぁ! 思わず下流にいるK村さんに「きたでぇ~!」と声をあげました。

完全に呑みこんで上がってきたのがこれまた大きい! ワクワクしながら飛ばしてタモキャッチ! いやぁ大きいですし天然物かな!? 多分25㎝はあったろうと思います。

喪失していたやる気が…、俄然彷彿と湧いて…現金なもんです!(笑)

ミミズのエサでその後も流し続けますが、20㎝オーバーがあと2匹、それ以下が3匹と釣れまして心浮きうきですな、ただ天然物か?小さい3匹は痩せてましたね。

1時間ほどは楽しみましたでしょうか? K村さんもSさんも戻って見えましてな、Sさんは支流でええ釣りしたみたいですが、Kむらさん下流域では先行者もおりで難しかったみたい。

K村さんが聞いたのには「この場所にはアマゴは放流はされてない場所」だそうで天然物ばかりだそうです?

   

腹も減ったので今日はうどん鍋ですわ、ただの乾麺や具材のぶっこみみ煮です(笑)

    

そのあとも入れ替わりでK村さんの下を流して2匹釣れましてな、都合8匹にもなりましたな、型も良く大満足です。

お互いが初めての場所でしたし、勝手が分からず曲がりくねった山道のドライブを堪能しました(爆)
それと釣りの間は雨が降りませんで、気持ちよく遊んでました。

帰りは途中で道を変え天川村へ向かいましてな…鮎の下見…で、天川の薬湯「みずはの湯」にゆっくり使ってきました。

      

下市町から明日香村をとおり橿原帰り、17:30、そこからいつもの三輪素麺の里から長谷寺を通り針まで…、名阪で我が家に7時過ぎに帰りました。

k村さんもお疲れさん、Sさんには長い運転ありがとさんでした。楽しい釣行となりました、次回はどこへまいりましょうか?(笑)

|

« 4/2 傳八屋さんニコニコデー | トップページ | 4/11 正徳丸釣り会(要項) »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537195/61398367

この記事へのトラックバック一覧です: 4/5 野迫川アマゴ釣り:

« 4/2 傳八屋さんニコニコデー | トップページ | 4/11 正徳丸釣り会(要項) »