« 10/4 レインボーさんご案内(要領) | トップページ | F1 日本グランプリ! »

2014年9月30日 (火)

9/28 鳥羽での船タテ釣り

28日、鳥羽は国崎港からの出船で「タテ釣り」なる青物釣行に出てはみたが…、撃沈されて帰ってきた(笑)
釣り友の澤ちゃん&あっちゃんから「人気のタテ釣りに行きたい!?」、一緒にいってくれへんかなぁ?とのお誘いがあった。
このお誘いは曲者で、「竿も電動リールもないんだけど…」、ということはお世話を頼みたいからにほかならず…(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
そこで好人目、近頃は船釣り師に転身しているイケチャンを誘い込むことにした(爆)、が機嫌よくのってきてくれた(笑)

ところがイケチャン御用達の「海栄丸」さんに申し込んだのだが、予約一杯で断られた。
それで、次に国崎の「勝丸」さんに乗船することになった。
竿と電動リールは、イケチャンの弟子2号(好人甥)に頼んで間に合わせたが、沢山持っていた!?
そうそう「タテ釣り」なるものだが、空針(金銀に輝くが…)6本ぐらいから8本の仕掛けを落としていき、ベイト(イワシや小アジ)が喰いついたらそのまま底に落とし込み、青物やヒラメが掛るのを待つ釣り方で、和歌山ではおお流行り! 三重でも近年はやっている釣り方である。
先日も万年…ちゃんが海栄丸に乗りよい釣果を上げていたので、期待したのだが…。例えばカーク船長は27日に和歌山での乗合で「メジロ」を19本だったか上げている。
イケチャンは仲間内では先駆者で、昨年来この釣りに精通しているので、この意味からもお誘い申し上げたわけで、決して世話を頼みたくて誘ったのではない…よいしょ(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
当日、イケチャンは波とうねりを相当心配したようだが、何ともなかったようだ?(笑)
いやいや、好人とあっちゃんには多少酔いの釣行がでたのだが、なんとか撒き餌せずに凌げた(笑)
イメージ 2  イケチャンブログより借用
当日は3時15分に好人宅に寄ってもらい、澤ちゃん号での道行きとなった。帰りも家まで楽ちんで、美味しいビールも飲めるわいっ!?と思っていたのだが、釣りの最中はそんな余裕はなかった。
余裕をこいて到着できるはずが、5時ギリギセーフでイケチャンは早くに到着していた。ただ堤防外側の波音が凄く、そうとうビビッていたようだが…(笑)
早速船に乗り込む。3組11人で満員。くじ引きで決まった釣り座が、右舷舳先に澤ちゃん、隣にイケチャンが、好人が左舷舳先であっちゃんが隣となったが、並み被りまくりの場所であった、おいおいイケチャンがクジ引いたのね(爆)
 
5時半出船し、港を出たところではちょと波があったが、その後はなんてことない並みだったそうだ…イケチャン談(笑)、好人には珍しくあかんかも?の気もちだった…。
イメージ 4 仕掛け写真 
配られた仕掛けは、タテ釣りのもので全くの空針8本ばりだが、全長は2.35mと短く感じたが…。(船にはイワシも積んでいてあとで配ってくれた)
船は北上し、石鏡と国崎の間ぐらい?
 
「水深28m 15m以下でベイトでてます。」のアナウンスでスタート。
随分浅い所でやるんだなぁ・・。すぐ近くには同じ国崎の功成丸がおり、その後宏漁丸も参加してきた。 先週は、これらの船はみんな答志島沖に集結していたけど、やっぱり、マダイ&サワラフィバーは終わったんだね…(この項イケチャンブログの引用だす)
 
覚え込んだ感じで参戦してみる。
そうそう好人目も甥の竿とリールを借りており、自分の道具は置いておいた(笑)
空針仕掛けを指示棚まで落としていき、ベイトと呼ばれるイワシや小アジが掛るのを待つのだが、不思議な事に最初の落とし込みではベイトが掛ったのを感じることができた!
単に薄く“付いたようだなぁ!?”と思っただけだが、疑心暗鬼なもんで上げてみるとちゃんと付いていて、やったー! である。 おいおい大きな魚じゃやなくエサが喰っただけだろ(爆)
でも、本当りがきませなんだ!? なんでー??
 
その後のベイトの付きは分かりずらかったですが、随分と本当りが来ずでテンションは下がりっぱなしですわ。
ところが来る時には来てくれまちた!
隣のあっちゃんがお祭りしながら1匹のハマチを上げているのを見てたら、来た~!好人にも当りですわ!
無事にハマチ(ツバスより上…笑)を中乗りの兄ちゃんに掬ってもらいましたが、思ったより小さくて内心はガックリ!? もう少し大きいのは来ませんのかなぁ?
この時右舷側のイケチャンに澤ちゃんにも来ていたのね、ハマチが(笑)。
仲間全員にこのとき1匹来たんですね!やりましたぁ~!
この時期のハマチは随分と美味いとイケチャンから聞いてますので、そりゃあ持ち帰りですわね。美味しかったですよ!
 
その後はベイトが付かなくなり、カンコに入っているイワシを「一番下に付けてみてとアナウンスがあり、少しづつ配ってくれました。
で、このイワシ1匹を付けたまま落とし込んで、またまた狙うのですが……?退屈~!?
まぁ、時折にガシラ、アジ、小鯖が空ハリを喰ってくるのですが、本命は皆無!?
イケチャンはヒラメを釣ってご機嫌! 澤ちゃんも釣れて喜んでいましたな。
まぁ、ちょっと落としたら「はい上げて!」 で場所移動の繰り返し。
まともに釣りしてる時間が短い釣りでしたな。
場所が変わって、水深45m付近に来ました。よく来る石鏡の沖かな?
ここでベイトは付くのですが少し大きめの20cmぐらいのアジでして、ベイトとしては大きすぎる感じで、カンコに入れました。
澤ちゃん、イケチャンはサゴシを釣って大喜び、左舷側ではこないがなぁ?
イメージ 6
↑ この写真はイケチャンの攣ったサゴシです。
 
右舷に比べて左舷の暇な事…、いへ釣り自体忙しいのですが本命などの当りが少なくて…。
で結局、11時半前に沖上がりの時間となりました。勝丸の船長の話では、今年はハマチが少ないそうです。
下の写真はイケチャンの釣果。今度行く時には好人も釣りた~い!
昔にウタセ五目で出てハマチを23匹も釣った、いや釣れたこともあるんですが…あぁぁ
イメージ 9
イケチャンお世話様でした。勝丸さんもお世話様でした。
澤ちゃん、あっちゃんお昼ご飯ごちになりました、そてにしても何やっても釣れまへん!?
さぁ今週末はレインボーさん釣行だす、この鬱憤を晴らしてやる~!!(笑)

|

« 10/4 レインボーさんご案内(要領) | トップページ | F1 日本グランプリ! »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

なんか、自分の釣行記読んでるみたい。(大笑)
もうちょっと釣れると良かったですが、ハマチの群れはあの時だけだったみたいですね。
ハマチなどの青物が遊んでくれないと、この釣りはヒマなのよね~。(^^ゞ

また、機会がありましたら、船でも遊んでください。
ウタセでハマチ狙いとか・・。昨秋は、大型クーラー2杯分釣れたらしいですよ。(笑)

レインボーで爆釣してきてください。(*^^)v

投稿: イケチャン | 2014年9月30日 (火) 20時48分

28日は大変お世話になりました。また、同行いただきましたイケちゃんには、色々とお教えいただき感謝です。イケちゃんがヒラメに的を絞り釣る様には感心して見入る場面も。
釣果は今一つでしたが、当日、翌日の夕食には天然のお魚がならび美味しくいただきました。カサゴの煮つけは最高でした。10cm程のアジや真鯛も今、干物となっており、今週末の朝食になる予定です。
次回からの釣行では、マイリールで臨みたいと思います。春の真鯛、その後のイサキに連れてってね。

   

投稿: 澤ちゃん | 2014年10月 1日 (水) 08時32分

こんにちは!名前が出ていたので・・・

ちなみに私は19匹も釣ってませんで、14匹でした。バラシ無ければ20匹以上とか言われましたが、ラッキーが重なってのこの数でして、普通は和歌山でもメジロ2−3匹も釣れたら上出来なほうです。

この釣りはじめた頃には、ボーズ→1匹→ボーズでしたので(釣り堀もはじめはそんな感じでしたが)、初挑戦で何かしら釣れただけでもご立派かと思いますよ。

やはりブログに画像が入ると良いですねー。写真撮って画像のせてください。

投稿: カーク船長 | 2014年10月 1日 (水) 08時43分

>イケチャン
ご一緒ありがとね!?
…なんか自分の釣行記呼んでるみたい?…そうでしょうそうでしょう!?
大分盗用があるしねぇ、写真は全部イケチャンコピーどす(笑)
記憶力弱く、なかなか描写も悪いので…。もう一つ写真の添付が好人できないの!?
ところがこのブログ人の写真のコピーなら簡単にはいるんですわ? よくK村さんからも借りてます(爆)が、なんでだろう?

>澤ちゃん
お疲れさんでした!
家でもその夜は握り寿司でハマチ・アジ食べまちた!
多分次回は初夏のイサギかな? まぁ行けるときには行きましょう!?
根魚釣りにも行きたいんですが…。

>カーク船長
これはようこそ~!
船長の釣果てっきり19匹かと!?(笑)
期待した割に喰い付きが悪かったですが、超初心者ではこんなもんですかな?ちょっと安心(笑)
近頃白浜までも行きますので、またご一緒できればと思います。

投稿: 釣魚 好人 | 2014年10月 2日 (木) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537195/60395096

この記事へのトラックバック一覧です: 9/28 鳥羽での船タテ釣り:

« 10/4 レインボーさんご案内(要領) | トップページ | F1 日本グランプリ! »