« しばし…離れます。 | トップページ | 10月度の三重釣り歩記会(開催要項) »

2013年10月 5日 (土)

海上釣堀王決定戦2013 決勝戦観戦記!

4日に三重の釣堀「辨屋」さんで、2013年度海上釣堀王決定戦の決勝大会が行われまして、好人は形として釣堀「紀州」さんの応援要員として参加してきました。

結論から先書きしますが、辨屋さんチームの断トツ優勝でございましたな!

今回で5回目となりますが、昨年までの運営形態と様変わりしまして、決勝戦は各釣堀の対抗戦となりましたが、大阪は「オーパ」さん、淡路島から「海人」さんと「じゃのひれFP」さん、和歌山から「紀州」さん、家島から「水宝」さん、三重からは「辨屋」さんの6チームが参戦されています。
これに主催者側のビッグフィッシングチームを合わせた7チームでの釣堀対抗戦となりました。

また試合形式も変わり、柔道の団体戦よろしく「先鋒戦」「次鋒戦」「中堅戦」「副将戦」「大将戦」とそれぞれが釣堀を代表しての戦いでした。

各チームからは推薦の方も含めて5名づつ、総勢35名での闘いとなります。

好人目が5時半ごろに着いた時にはもう車が一杯! 
すでに参加チームごとの前撮りが始まってまして、取り終わったのを見計らって紀州社長にご挨拶、得点集計係りを依頼され、赤い法被を渡されました。

この法被、昨年は来てるとすごく暑かったがなぁ、今年は風があり少し寒かったのでちょうどいい!!(笑)

参加者の多くは顔見知りが多く、紀州チームや辨屋チームのメンバーは当然ですが、驚いたのは海人チームの大将で来ていた福〇さん、水宝チームの中〇さんご夫婦など久しぶりにお会いする顔ぶれも混ざっておりやした。

お~さんにしぃこさんも応援にきておりやしたし、ヒラマサさんは当然の応援ですわな(笑)

何時頃だったでしょう「開会式」が始まり、オール阪神さんによる選手宣誓=恒例です(笑)。
ルール説明と試合形式の説明などありましたが、前述のごとくの個人戦を重ねた団体戦、各試合毎1時間半での得点の合計勝負とのことです。

魚種別の得点を参考に…、
 1点(イサギ)・2点(タイ)・3点(シマアジ)
 4点(ハマチ・メジロ)・5点(カンパチ)
 6点(イシガキ・ヒラマサ)

6時過ぎだったか順次渡船開始、我々も乗船して渡っていきました。
筏は1号・2号の小イカダ2基と、3・4・5号の大イカダ3基が使用され、また、、小物(タイ・シマアジ・イシガキ・イサギ)は前日放流済だそうで、青物は当日放流する形でしたな。

じゃのひれさんや水宝さん、海人さんなんかは観戦者・応援隊も多くきてますので、1号イカダから4号イカダまでは古いイカダを解体して、西側に通路としてくっつけてありこれは便利でした…このまま普段も付けて置いてくれよう アハハハ
これで移動に観戦なども楽にできましたね。

そして7:00~先鋒戦(1号筏)・次鋒戦(2号筏)の進行が同時に開始されました。

好人は紀州チームの先鋒(田上さん)の得点係り、しぃこさんともどもボードに数を書きながらの応援です。
皆さん作戦もありますので、小物から狙う方・青物から狙う方いろいろ(笑)

開始まもなくオーパ先鋒の久保ちゃんが青コール! ヒラマサが上がり続いてワラサと2本も凄かった! 早い!
次々に青物コールで青フィーバーであるが、我がチームの田上さんは少し出遅れた…それでもヒラマサ1匹確保!(笑)
でもでも、釣ってるエサは魚かしのキビナゴQで一緒だった。(最初は活きエサは使用禁止)
この先鋒には辨屋からはO-さんが出ているが、最初はあまり見ていなかった。
やはり皆さん予選会を突破して出られる強者の方々ですので、青の釣り、小物釣りへの切り替えなど絶妙ですな・・・。

この先鋒戦では昨年個人チャンピオンの久保ちゃんが1位で41点、O-さんが2位だったな38点だったか。
我がチームの田上さんは24点。

2号イカダでは次鋒戦が同時進行してまして、辨屋チームのヤマトちゃんが1位でしたが、釣れるものを釣って得点あげていったらしい?奥さんの声援のもと頑張った(笑)
開始前にクーラーの中を覗いたが、色んなエサが大量に用意されていた…違いだ!?
ここはK村さんと川口社長に任せていて見ていない。

8:45から中堅戦(女性だけ)が4号筏で、同時に副将戦が5号筏で開始されました。

今度は好人は副将戦のタモ係り件得点係りでマッキーさんのお手伝い。

女性陣ご夫婦で来られてる方が何名か居られまして、旦那さんが後ろで付きっ切りで応援・・・アドバイス等していたみたいですが、ヒラマサさんもその一人だったんでしょう!?

辨屋代表の横山ママ(会長さん)さんが掛ける掛けるだったらしい!? 後半によく見ていたが青が掛っているところだった!

女性陣ではこの横山ママが得点47点でトップだったが、それだけでなく久保ちゃんの41点を抜いて最高得点だそうです、それにしても女性でありながら凄いですな!
日頃より自他ともに認める腕前なのです(笑)。

全員を差し置いての個人優勝(MVP)だった!

我が5号イカダではマッキーさんが順調に魚をヒットさせていたが、PEラインが穂先に絡まりブリスペシャルがだめになった…好人ほどこうとしたが全くできなかった・・・反って糸がほぐれて切れやすくなるぐらい。

最初の青2本、放流後にもう1本が効いて副将戦トップだったが、実は得点は低かった。鯛などの喰いが悪くなりましてな、ムダな時間の過ぎること…でもやっぱりマッキーさん、よう釣りました!

同副将戦に辨屋チームからは中〇さん(親父の方)出て見えたが、いつものようにはいかなかったようだ。分からんもんですね???

隣の海人代表のお歳の方もコツコツと、後半はシマアジにヒラマサと追い上げられたが1歩及ばず。

さあ残すは大将戦でだけですが、多分10:45ぐらいから始まりましたでしょうか?

その前に中間発表がありましてな、辨屋チームが147点で断トツリード、次いで海人で117点、3位がオーパだったと思うが101点かな?
ついで4位が紀州チームで98点

さぁ大将のK村さんに気張ってもらって3位を目指して貰いましょう!? と相成りましたがうまくはいきませんな…陣取った西側に魚がい・な・ひ?? 鯛も青ものも???

鯛の出足はまだ良かったんですよ!
他所で釣れ出してからがいかん!? 特に東南側で鯛がボンボン釣れ出して、1位になった水宝の若者とオーパの方だったかが釣れ続いた。

馬力のある若者に分があったが西及び北側では魚が釣れなんだ…、潮が止るというか時間的な影響が大きいと感じたが・・・???

いつものK村さんではなかった??
それは隣の辨屋チームの中〇息子さんも同じで、いつもの腕が発揮できないでいたなぁ??
顔見知りの海人大将ででた福〇さんも点数あがらなかったなぁ(笑)

釣りは難しいですね本当に!?

これで試合は終わり! あとは陸に上がっての表彰式ですわ!

陸に上がると盛大に準備が行われてましたが、辨屋姉ちゃんに優勝やで! と伝えるとすごく喜んでいたなぁ(笑)

会場では、朝は見えてなかった「餃子の王将」さんの「大東社長」をはじめとして、凄いスタッフが食事の準備をされていた。

食べるものだけでもセットで、「チャーハン」「餃子」「唐揚げ」「キムチ少々」に、伊勢海老の片身を使ってのエビ汁が用意されていましてな、今年も凄かった! 美味しかった!

おっと肝心の表彰式ですがな、まとめの結果!

2013年 海上釣堀王決勝戦 In 辨屋
優勝チームは「辨屋」 157点
2位      「海人」 137点
3位      「オーパ」 117点
4位      「紀州」 116点
5位      「水宝」 108点
6位  「Bigフィッシング」  82点
7位  「じゃのひれ」  78点  
そして最優秀選手は辨屋チームでご健闘頂きました「横山恵子さん」
男性陣を抜き、女性初のMVPでした~

各筏のトップ賞
先鋒、海人チーム 久保さん 
次鋒、辨屋チーム 吉村貴雄さん
中堅、辨屋チーム 横山恵子さん
副将、紀州チーム 牧野真二さん
大将、水宝チーム 中村英樹さんでした。
(この項辨屋HPより転載)

各表彰者にはいろいろな景品が…、会長には修身の釣り券がヒェー!!!

あとジャンケン大会など楽しみもあり、選手には沢山の参加賞もあり賑やかに幕を閉じました。

|

« しばし…離れます。 | トップページ | 10月度の三重釣り歩記会(開催要項) »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537195/58326001

この記事へのトラックバック一覧です: 海上釣堀王決定戦2013 決勝戦観戦記!:

« しばし…離れます。 | トップページ | 10月度の三重釣り歩記会(開催要項) »