« 2012年7月8日 - 2012年7月14日 | トップページ | 2012年7月22日 - 2012年7月28日 »

2012年7月15日 - 2012年7月21日

2012年7月21日 (土)

7/19 鮎釣りにいきましたぁ!

19日は鮎釣りに行ってきましたぁ! が、鮎は9匹止まりとさえない釣果でしたが、暑さの中がんばりました(笑)

19日はちょっと間ができたので鮎釣りに行こうと思いましたら、Sさんからのお誘いも入りまして、所は三重の宮川上流漁協管内に出かけました。

当日は経費節約のため下道を走ります。6時前に家を出発し、松阪から国道42号線をひた走ります。途中で飲み物にお昼ご飯を調達しますが、食べやすいように冷やしラーメンにしました(笑)

42号線は大台警察署のところで右折し、旧宮川村向けて走ります。直ぐに三瀬谷ダムがありバス釣り者が見えます。ここから20数km入り、奥の宮川ダムとの間が宮川上流に当り、日本の清流に選ばれた河川です。

Sさんは高見峠越えといい国道166号線から湯谷峠を越えて宮川に入って見えます。好人宅より近いかも知れません。

昔馴染みの山口オトリ店でSさんの到着を待つ間に、当日の日券(¥3000)とオトリを3匹(¥1500)を買い、朝のおにぎりをほうばります。間もなくSさん到着するも、Sさんには別の馴染みのオトリ店があると言うので上流へ。

右岸側へ橋を渡って直ぐに大原オトリ店というのがあり、そこで券を買われましたし駐車場を借りて駐車し、そこから川辺に降りることに。

2人が入ったポイントは「小又」というところで、好人的には初めての釣り場でした。降りていくと目の前にはチャラ瀬が続き、直ぐ下流には段々瀬が二つあり、その下流には淵がある中々の場所でした…そう思った(笑)

好人はそのチャラ瀬で釣りことにし、Sさんは下流の瀬に向った。

さぁいよいよ釣り開始、時間は8時40分だったか…。 う~ん鮎からの反応はない(笑)、友鮎を泳がすこと1時間ちょっと…まったく当りが出せない。

上流には2人の釣り人も入ってきており、釣り場的にはいいはずなんでしょうけどねぇ…腕があぁ腕が…(涙) 下流ではSさんが掛けているようには見えたいたのだが…これも??

あんまりかからないので下流のSさんの瀬を攻めようと下った。この時にはSさんはもう一段下の瀬にいた。

丁度10時頃だったと思うが待望の1匹目が釣れたぁ!! 鮎釣りを再開後3回目にしてようやく釣れたぁ!という感じ、サイズもまずまず、引き抜きも成功!

これから15分後にもう1匹が、これをオトリにするや今度は5分後に3匹目が! おぅこの場所はいいぞよ! と思ったのはここまでで、あと又間ができた(爆)

4匹目は11時頃だったか、そして5匹目はもう暫く掛かる…あぁあ

12時になりSさんが下流から上がってきたが、朝釣った1匹だけという!? 驚きであるが、前回とは正反対になってしまった…このあと追い抜かれるのだが…。

朝に5匹の釣果を得て休憩を取ることにし車に戻る…この岸辺の僅かな登りの偉いこと…キツイ! 2時間ほど休憩

さぁ午後はどうするか、また、午後もチャラ瀬で頑張ることに…Sさんは好人が釣った場所が午後には絶対釣れると言って下流に向った。好人的には下流から上がってくるだけでも偉いので、目の前を攻めることにしたのだが、この見立ての違いは大きかった

4時に竿を置いたのだが、それまでに少し上流側に動きつつ4匹を物にはできた、が4匹である。もう少し午後の追いを期待しましたがはかない望み!? 4つ掛けるのが精いっぱいでした。

下流から戻ってきたSさんの鼻息が荒い! 良かったらしい! 引き船を開けると一杯の鮎! ようけ釣れたもんだ、その数15匹だったか…脱帽! 朝からの分入れても逆転されていた!?

まぁそれでも3回目にして鮎釣りを楽しめた。安いサングラスなので鮎の姿を確認できないのだが、Sさんはヒラを打つのがわかると言う? 確かに群れアユがいそうだとの認識はできるし、急にオトリがおかしな動きをするのでわかるのだが、遠くても近くても泳ぐ鮎は見えなかった…慣れだな!

9匹釣れて1匹ドボン(根がかりです)でしたが、炎天下のなか楽しめました。20匹も釣れた日にはあとむさん家に置いていこうとの考えはもろくも崩れ(爆)ました。

あまりガツン!?という当りは感じられなかったものの、かかった時の走りや引きを味わい、引きぬきも堪能でき満足の一日でした。水は少なく清流の宮川でした。

18日19日と二日続けて猛暑日でしたが、19日はウエーダーの中は蒸し風呂だったようで、釣りしてる時には感じなったんですが上って脱ごうとしたら下着に靴下までびっしょびしょ、あれーてなもんでした。今回は川の中でこけて水が入ったわけでもなく、汗をかいていたんですなぁ、知らんかった? いへね、水の中に浸かると涼しくてねぇ(゜O゜)☆\(^^;) バキ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

釣れ出したか大アジ!

15日の貞丸さん釣果にでていました。

釣りイカダでの釣果ですが… 

森島さん・村上さん→マアジ45cmを頭に7匹
◇今年一番の暑さの中、待ち望んだ大型マアジが釣れました!!
一本針のツケエサはオキアミです!!
あの40㎝を越える大アジを釣ってみたい! 8月に入ったら通って見るか!?





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

釣り大会予選会の記憶

もう日にちも経っちゃいましたが、11日の辨屋さんでの釣り大会予選会#1のこと、再度触れておきたいと思います。

先日の日記(1)(2)に多くのコメントをいただきながら、お返事書きしていないことに気が付き、申し訳なく思ってもおりまして…。

今年の参加で自分で驚いたこと、それは青物がよく来たことです。
第1ヒート、都合4回もの青がかかりました。近頃青物を釣り慣れてない好人には、結局1匹しか手にすることができませんでしたが、ともかく1回の釣りで4匹もの青がかかったことが奇跡ですわ(笑)

それで青物のエサですが、最初?のみっくんかけたハマチは何のエサだったか知りませんが、活きエサよりカツオ切などが良かったようで、1匹目の好人のもカツオでした。
2回目もカツオだった記憶が…、フィーバー後での3匹目と4匹目は活きエサでしたね。

それにしても1匹目の上げられなかった青物…た・ぶ・んブリと思われますが、下手したら20kgを越えるやつだったりして…考えられんは(爆) 
あれ、絶対竿などの沈み物に糸が絡んでいたと思いますな。

それから小物類ですが、真鯛の最高釣果(1ヒート)は好人だったような??
それにしても真鯛以外が釣れてませんね?

放流が前日というテクニックは以前から使われておりまして、朝一の活性はすこぶる良いのですが、これも真鯛に限ったことのように思われます。

1人4~5匹づつ釣れたとしても32~40匹ですから、すくないといやぁ少ないと思いませんか?
ほかの魚が釣れないのも???
もう少し愛想があってよいものを(笑)

1ヒートの後半に、好人目はビスくんパパとの間の東北角際で真鯛が釣れたので得点できましたが(4匹ほど)、真ん中での釣りがフィーバー後パタッと止まりましたね。

それを釣るのが課題ですがね?青のせいかも知れませんが活性が落ちてしまった。

それにしても上手な人は上手ですなぁ!

同じイカダのヒラマサさん、いつもの卓越した腕のさえ!青物を次から次と掛けてはちゃんと取りこまれる、好人との違いがでてますなぁ!?

目的と狙いにの意識が違いすぎます。好人のように遊び半分ではいけません!…反省。

もう1度出ますが、真似すべきは真似しなくてはと思うとります、頑張るぞ! 

でも熱中症にやられん用の対策も必要だな(笑)

                                           (コピペどす)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

50肩だって!?

昨日は予定通り医者回りをしてきました。

大勢の患者さんで賑わうなか、比較的スムースに診てもらうことができ、2時頃には家に帰れましたです、ハイッ。

ところで病名ですが“50肩ですな”と言われてしまいましたが、ヘッ??でしたわ。
もっと深刻な病を考えていたんですがね~、案外な!?

診てもらいに行った整形外科は、通勤途中で便利な事と、過去に2回もお世話になっておりやして、
1回はイカダで魚を絞めようとして自分の手を切り(今も傷跡が…)、
2回目は針が刺さって抜けなくなり(痛くてよう抜かず)、
と釣りにまつわるお話しでお世話になってました(笑)

単なる50肩? いやこれも問題ありかな?
電気治療と肩のマッサージをしてもらいましたが、すっと痛みはなくなりましたな、ありがたや(一時でしたが)。

そのあと津駅前まで戻り目の検診です。
これは糖尿病網膜症のための検診でして、もっと間をおかずに行かなくてはいけないんですが、ついおざなりになり…ここも偉い人・人・人。

検査は早く指名されましたが、眼底検査ともう一つの検査に時間がかかり、左目に少しの難はありますが問題はないそうです。
但し、3か月に一度は検診に来て下さいと…。

早く帰れたのでTVの野球観戦。
最後にどんでん返しでおもろなく、やっぱり仕掛けの直しに釣り倉庫に(笑)
仕掛けの直しはできたが、釣りの予定はなく…(ショボン)

                                             (コピペどす)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月8日 - 2012年7月14日 | トップページ | 2012年7月22日 - 2012年7月28日 »