« 2012年6月17日 - 2012年6月23日 | トップページ | 2012年7月1日 - 2012年7月7日 »

2012年6月24日 - 2012年6月30日

2012年6月30日 (土)

来週は三重釣り歩記会

今週は船釣りの予定が仕事が入りまちて今夜は仕事です(涙)

でも、7月度の三重釣り歩記会が近づきまして、いよいよ来週の土曜日となりました、万難を排さなくては(笑)

今月は傳八屋さんにお邪魔の予定で、10名様に集まっていただきます。

お久しぶりに 赤ちゃま          も来てくれまっす。
東近江の    S本さん
おなじみ    河内のおっさん
新顔(笑)の  グッチさん
御大は     K村さん
釣り師は    コンちゃん
お馴染の    jackyさん
奈良から    まっくすおじさん
先月に続き   南川さん(好人目はよく知っている) 
          と釣魚好人の10人だす。

少し狭いのですが、ヤドカリパック利用のせいでお許しくだされい!

また、夜には礫浦のニューはまぐち屋さんでの夏のお泊り会が控えておりやして、上記の中よりおなじみの6名の面々でお泊りいたしやす。
少し飲んで釣り談義に花を咲かせましょうぞ!!

                                                (コピペだす)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

6/28 鮎釣り…またも涙

28日朝、東海マツダの鈴鹿中央店で車の点検待ちをしていると携帯が鳴ったphoneto

誰だろうと見ると”Sさん”からだった。 「昼から行かれるんやったらわしも仕事切り上げて釣り行くわ!」というものだった。

空は曇りで雨の予報がでていたが、「わかった行きますわ!」と答えている自分がいた(爆)

11時をゆうに回り、また、近くの上州屋によって“胴長”を買ったりいしていたし、家に帰って昼を食べてから出たので随分遅くなった。

ウエーダーは、24日に初めて使ったものだが、何せ昔に買った古~い物だったため、川に浸かって小1時間で底のフェルト剥げだし、とうとう剥げ落ちて流されてしまったものだ。

これを修理しなくてはと思い部品買いによったのだが、先割れのフェルトはなく先丸のタイプしか売っていない。製品も先丸のものばかり…、取敢えず接着剤は買ったがフェルトは他所をみてみることに…。

その為昼から川に行くにはもう一つの古いのを持っていこうと思ったのだが、同じことが起こりそうな気もして新しい物を買った。菅くんがSサイズを勧めてくれるのにMでええわと買ったのだが、現地に着いて履こうとしたら、やっぱり大きかった あぁあ

何はともあれ、24日に竿出しした青蓮寺川に着いたのは2時をちょっと回っていた。待ちくたびれたであろうSさんはすでに川の中にいた(笑)

そう、アユ釣りに出かけたのである。皆さんより「慣れれば!?」との励ましに応えるべく、出かけたのであるが…結果はまたもや涙・涙・涙

急いで仕度しオトリアユを2匹買う。それを引き船(鮎船とも)に入れ旧道を少し上流に向う。 Sさんの姿を見つけて河原に降りた。

これが結果いけなかった…釣りきられた後で魚がいないんです(笑)

それでも釣り出して暫くして1匹かかってきたんですなあ! 
これは幸先いいぞ!?と思ったのですが、引き抜いたら“ゴリ”、そう川のハゼ? 大きいとはいへ引かないなぁと思ったんだわさ!?

気を取り直してぐあんばるも一向にアユは掛ってこない。
そのうちSさんが下ってきて言うの、「今朝からの人がこの瀬を往復して13匹以上釣られたらしい」「自分も入ってすぐ4匹以上バタバタッ!と釣れたんですわ!」とのこと。

あっちゃ~、そりゃアユはいやんわな~?? うん、腕じゃない腕じゃない、魚がおらんだら釣れんわい!? とどこかで聞いたセリフ!?をはいていた(笑)

途中もう一度当りらしきものを感じたのだが、逆バリが外れず魚が団子状態?みたいでこれもようあがえませなんだ、下手くそ!?

2時間弱の釣りをして4時過ぎに川をあがったが、当りはこの2回だけ、獲物の鮎はゼロ。
でも帰りのクーラーには7匹もの鮎がいた。Sさんありがとさん!

これはですね、最初に買った友鮎が2匹…今日はロスしなかったので残りまして、それとSさんからのお裾分け…またもやありがとうございました! またお願いね(゜O゜)☆\(^^;) バキ!

いやぁ難しい難しい! いつになったらそこそこのサイズがガツン!と友鮎に向ってくるんだろう? 今日のような夏の暑さがほしいとは思いましたが、幸い現地は雨はなく釣りができました。

帰りは時間を確認するためもあり、青蓮寺川を出たところから国道165号線をひた走り、雨の青山高原をノロノロと走りましてな津市側に入り、途中からグリーンロードに乗って帰ってまいりやしたが、やはり名阪国道の方が時間は短いです…スピードも出しますが…。

また鮎釣り行きますわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

6/24 鮎釣り…

24日(日)は名張市内を流れる青蓮寺川へ鮎の友釣りにでかけましたが、久々、そう10年振りぐらいになるでしょうか?

20日の釣り大会が中止になり、懐具合にも余裕ができ(笑)、且つ釣りの虫も湧いておりましたし、Sさんが早くから行かれるとも聞いておりましたので出かけることにしました。

早くからちょこちょこと事前の準備。何せ道具立てから入りますが、休みの日に少しづつしか進みませんでしたが、何とかこぎつけ現場へ出向くことができやした(笑)

青蓮寺川は好人家から1時間ちょっとと近いんですが、鮎釣りで訪れるのは初めての河川になります。名張市内の目と鼻の近くにできた青蓮寺ダムに流れ込む上流の川でして、紅葉の里というか香落渓谷でもあります。

ってながなが引っぱりるのは結果が良くなかったせいでありまして…(涙)

この日はSさんの連絡で、ゆっくり朝の7~8時頃に入るとのことだったので従うことに…現場に7時過ぎに到着するとSさんは既に組合事務所で談笑中でありましたが、あまり多くの方は入ってないように感じました。

解禁の時は場所取りなんかで河原でねたことなども昔はありましたが、この川の特徴かお天気次第なのか? この日の入川は早くてもだめだったみたい…何せ寒い!

すでに釣りしてる人もいることはいましたが、漁協事務所でゆっくりと談笑、いやいや年券を購入し鑑札を作ってもらいます。写真を取ってもらいPCで鑑札(許可証)作り、やはり便利ですな。ここは「青蓮寺香落漁業共同組合」でした。

8時ごろようやく竿だそか~!? ということで、少しダム側に下り、空いている場所を見つけて崖?を降ります、足元が……(笑)

Sさんは上手の瀬を向こう岸に渡ると言うが好人目は怖い…雨の残りで高水(増水)している…だが濁りはすくない(清流ではないが…)…ので左岸から瀬の下から淵を攻めることに。

短目の長さでいいと言われるので、1本元側を抜いて9.5mを8.2mぐらいにしてやってみる。竿は軽いが仕掛けの竿尻を長くセットしてしまった…アヤヤヤ。やっとおとりアユをセットし竿出しできたが鮎は追ってこないのかビッビッともしない。瀬尻の落ち込みを狙うも反応なし。

淵を下がって探るが鮎の反応はない。30分ほど粘っておとりが弱ったと思ったので友鮎を替えた。
8時40分頃だったと思う、ガツンと当りがきた~! 来るには来たがそのままのされた!
ズズ~と下に走られ竿を必死に持ち上げたがプッツン!! あっちゃ~!! ハリスから切れて友鮎ともども飛んでしまった…ドボンともいうが? アユではなさそうな?

必死に仕掛けを作り直しているとSさんも下ってきて、寒かった~、対岸へは水量が多く渡れなかったとのことで、お互いまだボーズ(笑)

2人で淵で遊ぶことにしたがかからない!? 下の瀬肩のほうまで攻め入った時またもや大きな当りがきた~! 今度は竿を立てて暫くやり取りすることもでき、体の近くまで寄ってきたときに見えた!? あぁ鯉や!? 大きなひ鯉。そのうち急に上に走られ今回もプッツン!? 

またもやハリスが切れていた、ふん、お前なんかほしないわい!(爆)

これで午前の部は切り上げた…2人ともゼロ匹であった、好人には友アユも残っていない(涙)

行ったん漁協事務所に戻り昼食タイム。冷やしうどんを買って行ったがSさんからカップヌードルの暖かいのを貰い食べた、寒かったので美味しゅうございました。

冷温でど~も活性が上がっていないようで、帰ってきた叔父さん達の活気も悪い(笑)。よく釣れた人で7匹だったか?

朝の間に橋の上から水中覗いてもアユの姿は確認できずだったしねぇ!? Sさん曰く足元で確認ンはできたそうですが、好人にはまったく見えなかった…段々目も悪くなり(爆)

午後の部ははて何時スタートだったかな? 今度は上流部へ向かい瀬の上下で竿を出すが、Sさんアユを掛けだした! いいなぁ、好人にはなかなかこない! 

朝の間にはがれ出した胴長のフェルトの底もとうとう禿げてしまった。新古品を長く置いておくとエナメル糊が劣化するんでしょうねぇ、歩きにくいしとうとう両足ともはげ落ちて流れてしまった…あぁあ

それでもやっとの思い小さめがきた~! 火が当りだしたのがよかったのか!?
それから随分してからもう1匹針かかりしましたで~、この時点でSさんは4~5匹は釣れていたか?

好人の3匹目のアユ、引きぬこうとして途中でやめた! 前2匹よりさらに小さいのがわかったから…あああ 
瀬の上下を入れ替わったらSさんは同じ場所でよく掛けていたなぁ、現役選手の違いかな? 

3時で竿をしまいましたがSさん9匹(友アユ含まず)、好人は3匹、なんともはやお粗末でございまして、体の疲れだけが残りましたなぁ(笑) 
せっかく釣られた鮎をSさんから全部貰ってかえりましたが、美味しい! 腸には少し砂が残っていましたが美味しい、ほんとはたっぷりの塩焼きがえんやけど糖尿病には減塩料理でしかでてきませんが…。

久しぶりの鮎の友釣り、大変疲れまして今日でも足と右手が痛いです。が、年券買ったこともあり(笑)、有効に使うべくまた参りましょう! 一度行くと手順なんかや準備もスムースになりますしね!

ただ、正直もう少し釣れると思った。何せ解禁ですもんね、だがそうではなかった。 一つは冷温・高水・曇り空(日当りが悪い)なんかでしょうなぁ。もう少しアユの泳いでる姿が見たかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年6月17日 - 2012年6月23日 | トップページ | 2012年7月1日 - 2012年7月7日 »