« 2011年4月24日 - 2011年4月30日 | トップページ | 2011年5月8日 - 2011年5月14日 »

2011年5月1日 - 2011年5月7日

2011年5月 7日 (土)

信楽一人旅

タイミングよく電話をかけてくるもんだ~、さっと釣られて出かけることにしたがこの日も一人旅になっちゃったなぁ、旅といえるほどのものでもないが…happy01

2連休と休んでいたのだが、4日はぐ~たら過ごし過ぎたので、5日こそ贄崎堤防にでも行こうかと考えていた。丁度13時が干潮で、夜の19:30が満潮、15:00時頃から釣りだせば丁度よいかな?と考えていたところに、電話が入った……coldsweats01

「信楽にいるんだけど、陶芸祭り見物にでも来たら~」とのマドンナからのお誘いだった。

昼ご飯を食べ終えたところで、そろそろ竿の準備に倉庫に行こうかと考えていたのだが、よっしゃ~信楽に行こう!? とコロリと転換despair

もともと釣り以外なら、高島の祭りか日野の祭り見物に行こうか?などとは思っていたのだが、前日に日野の山車は今年は展示だけ?と聞かされていたので、歩くのはどうも、などと思っていたのだが…

一緒に行かないか!? と嫁を誘うが車は疲れる!?というので、結局またも一人旅することに・・・。

1時5分に家を出てゆっくり1時間で信楽には入ったrvcar

この日はナビの一般道を選択、高速経由で46分でいくら(¥)だったか? 一般道でも56分と10分違いでタダなら下道がベターbleah

椋本のミニストップでホットドッグと骨なしチキンを買い、コーラを飲みながら名阪を走る。壬生野ICから「伊賀焼」で有名な丸柱(まるばしら)地区を通るルートを走る。以前にこの手前から山の中の細道を走るよう指示されたっけ!? などと思いながら、昔とは雲泥の舗装道路を走る。名阪の車は多かったが、田舎道の通行量は少ないcar

途中から見覚えのある道だと思い始める…考えたら去年も通ったよなぁ…アハハハ

市街地に入ると車は多く、陶器市の行われている駅前には車も人も多かったが、ここは通り抜けて「陶芸の森」を目指します。

信楽は、まぁ通り抜けすることはままあったが、立ち止まることなどあまりなかったし、陶芸の森は初めてでしてどの辺かもわからなかったが、ナビは便利でおまっ! 簡単に連れて行ってくれました。

車というかお客さんは多く、何や山の上の方の駐車用まで誘導されまして、会場回るのに難儀しましたわ…階段を昇るのが一苦労、ゼイゼイwobbly

陶芸館…一番高いところの陶芸美術館では「~~モーガン展」なるものが行われておりましたが、入り口で迷いましたが、興味が……でトイレを借りてあとはパス、アハハハ

ずっと下の産業展示館と広場で行われていた即売会を見て回りました。

ゆっくりじっくり見て回ります、いいもの一杯、珍しい作風の物、個性的な物など一杯、特に展示館内の酒器、いいものありましたなぁ! だが家でじっくり飲む方ではないのでながめるだけ!?

1時間近く建物内外を歩きましたかな、黄砂でどんより調ながら暑くなっていましたな。

車で下の方へ降りようと階段を上がり始めますが、足が…腰が…つらい。

何せ山を削って作っているので斜面に階段が付いているという感じ、歩きやすいが高低差と段数が多くきつい!? 腹の出た身にはつらいものでした(泣)

陶芸の森入口の一般店へ入り、ここでも道草ちゅうか店内見学。立派な名物「タヌキの置物」をじっくり見学、ついでに少ない猫ちゃんの置き物も…だがつらいのぉ…みんな高い!? と思う。

都合2時間ぐらい信楽にいましたじゃろか? 街中を歩くでもなし陶芸の森だけっ!?ということになりましたが、帰ることにしました。マドンナはこの時陶芸の森内にいたのかいなかったのか…わかりましぇ~んwobbly

帰りはいつものごとしで、「同じ道を帰らない」主義の好人目ですので、一旦水口(貴生川駅)へ戻り、そこから柘植にでる道を選択しました。これこそ昔から一般的な信楽へ向かう道で、いわゆる307号線?ですか、信楽高原鉄道線の横を通る道です。

ここはほんに久しぶりでしたね。一旦貴生川駅に向いましたが大昔の面影など皆無、あんな川の近くにあったかなぁ?などと思いながら今度は柘植駅をインプット、三重に戻ります。

貴生川は水口町内ですから、本当は一号線鈴鹿越えが早い…が、ゆっくり田舎道を走る、これがええんだなぁhappy01 昔は杣川の右岸を走ったと思いましたが、途中まで左岸を走るんですね。

シオノギ製薬にガラス工場、余野公園で三重県に戻ります…古い柘植駅を見て名阪道へ。

関ICまで戻ったところで方向転換、石山観音公園に立ち寄りました。一度見たいと昔から思っていたのですが、大小の石仏群(岩に掘られた仏像彫刻)です。

残念ながら全部見て回るには時間が足らないと判断し、入口近くの5体だけ見物させてもらいましたが、近い内にまた訪れたいと思います。

名阪関ICの近く(5分まで)、鈴鹿GCと同じ入り口、ですが、山一帯が仏像群になっており、山一つを巡る形で時間がかかりそうです。この日も5時を回っていたのでやめました。

あぁ、GWも終わりだなbleah

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

我慢・我慢

10連休もある方々とは違い、年中無休がスタイルの企業にてcoldsweats02、さしたる連休も取れない好人でございあすが、先日に続き明日・明後日と連休を取ることに…bleah

それで、釣りには行きたいのですが懐寂しでありまして、釣り堀は遠慮せざるを得ずweep 辛いところでございます。

釣堀は14日の傳八屋さんでのお楽しみまで我慢でごぜいやすsad

人さまのブログなど覗きみますれば、楽しいことばかり書かれておりますが、釣り以外での楽しみを?と見させていただいたりしておりやす。

各地でのお祭りの情報もあり~ので、またまた滋賀周りでも、と思うところでございます。

ほんとのところは堤防釣りでも、と思う心もありますが、例のごとしで…釣れる見込みが薄い…ということで気乗り薄crying

さぁ、4日・5日はどうして過ごしましょうか、近くで暇な人見える~、お茶でもしましょうかhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

なるほど…

29日に釣りにいった時、放流が、特に青物の放流量が少なかったと書いたwobbly

今日巡回してたら、釣堀のHPに書かれていることを見て、ある人の日記に行くのをやめて別の所にした! とも書かれていたsad

それで釣堀のHPを見に行ってみた。確かに「常連さんからも放流が少ない」との問い合わせがきているようだwobbly

放流量は初心者にはわからなく、常連さんほど気が付くわけで…いつもより? とか、何や今日はすくないなぁ?とか感じるわけで、電話かなんか知らないが声が上がっているということは、やはり少ないんでしょうなぁcoldsweats02

先日の放流ですが1回目にはそんなこと思わないんです…鯛が3匹/1人充て?、イサキが4~5匹か?ツバスも4~5匹か? 運で釣る好人的には少ないとも思うんですが、まぁこれは普通…アハハハ

問題は2回目の青もの放流ですな。青物だけとはうたってないが青中心と思いますわな!?それが青が1匹・大鯛1・シマアジ1・石鯛1と何かの合わせて4~5匹だったそうで、これではみんなが???だったわけで……shock そこですわな!?

今朝知り合いからも電話が入り、「先日行った時も書かれている以上に少なかったんさ?」との話し。このときは1・2回目合わせても少なかったとのことで…

また、いらんことを書いてしまったなぁdespair 好人、嫌いで書いてるんじゃないんですよcatface

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

4/29の辨屋さん

意気込んで、期待しての29日の辨屋さんでの釣り、期待を裏切る低活性で思うように釣らせてもらえず…sad 期待度100%ででかけた辨屋さんどしたが…夢破れたり~(半泣)

この日は、参加する東海海上釣堀ネットワークのイベント参加でして、辨屋さん2号イカダで8人での竿だしとなりました。 同行者は、幹事の自由人(岡崎)さんにSさん&よっしーさん、そしておっとうさんと好人の東海ネット勢に、関西ネット幹事のKonyさんとRSさんにマドンナのたむたむさんでありました。

さて出かける前からハプニング!

4時には出かけるつもりが少し遅れて4時5分に家を出たのですが、芸濃ICへ向かうために団地をでる寸前に、ラジオから「車両火災rvcar で津~久居IC間通行止めpunch」のアナウンスが流れた。

これはいかんと津ICから久居ICへ抜ける下道ルートに変更。泉南方面からお見えのよっしーさんに電話すると丁度津ICで降ろされたところらしいshock トラックの後を付いて久居へ向かっているらしいのでひと安心、大急ぎで久居へ向かうがこれで大分時間をくった。

それでも5時には玉城ICを降りてエサキチさんへ、シラサと青虫にボケを購入する。ここでまっきーさんに遭遇。続いて旭屋さんへ回ったらここでもまっきーさんに会うが沢山のエサだ~coldsweats01

好人今日の狙いは「石鯛」なのだが、もう一方で青物も釣りたい思いがあり、旭屋さんで活きイワシと活き小サバを買った(共同ですよbleah

実は26日に27日の辨屋さんでは、青に石鯛が大フィーバー! 28日もTVでお馴染の方が石鯛を大漁に釣っていた。石鯛フェチの好人には何とも魅力的な釣果であり、自分のそのお仲間に加わりたいと切望したのであるが……wobbly

26日の菊井さんにはイカダや棚など聞いておいたhappy02 きっと役に立つであろうとの思いからだったが、実は反面、在庫が無くなっているであろう? の心配と、満月から新月に向う途中の若潮後の中潮の日には、過去に一度もよい目をみていないのありんすweep

これが図らずも当ってしまい、低活性の一日に終始するとは…あぁ釣りは難しい。

5時半を少し回って駐車場に到着、横に皆さんお集まりであった。この日は関西のkonyさんにRSさんとたむたむさんには初対面、噂通りkonyさんは見た目ビックリであった(爆)

受付も早く済、いの一番で渡してもらったイカダが2号小イカダ。 あらかじめ釣り座抽選で2番、前回とは反対にトイレ前(北西)に釣り座が決定していた!…でしたがあんまり喜べず? そう今日は石鯛狙いであったので東南か南東がよかったのだが・・・うまくいかないものだ(~_~)

釣果(数)的にはこの釣り座が結果良かったのだが、全体的には期待とは裏腹に低活性にはまってしまいましたな(泣)

朝一からの当りは少なく、それでも何故かツバスが釣れ、そして北西の角に出していた2本目の竿に大鯛が釣れやした、よく引く~、ハリスも細くハリも細いbleah

この大鯛、今まで釣ったどの大鯛よりも大きかったですし、もうビックラこきましたし、針が伸びてまして危ういところでもありましたな。

朝一の鯛に始まり順調に数を魚種を拾っていったのがよっしーさんでしたな、活きイワシでカンパチやシマアジも釣られるし!

1回目の放流の時活性が上がったんではなくて、足元に泳いできたイサキちゃんをタモゲッチュウ! そのあと暫くして北西角側で鯛2匹、北東寄りでイサキゲット!

石鯛は3.5m~8mまで、真ん中からSさんの竿先まで遠投しながら探りますが反応なし? ところが2回目の放流後でしたか? 好人の足元でKonyさんに釣られてしまいました…こんなところにいるなんて(笑)

後半1時前から当りがでまちて、どちらかといえば自由人(岡崎)さん寄り(北東側)の足元8mで鯛がよく当りだしました。ここで稼げたお陰でツ抜けが達成できやした~。

この日は朝の一時は南側で鯛が、後半に北側で鯛が当りましたが、青物のは終始低活性で、放流でもカンパチ1匹だけだったようで、みんな怒ってましたですな、放流者の大人げない悪ふざけだと思われますが、辨屋さんが嫌われだしまっせ~。

好人は正直2回目の放流は見ておりませぬ、が、音がしなかった?音する回数が少なかった?とは思ってましたが、???で頭を上げると案の定他の皆さんはおかんむりsad 青はカンパチ1匹だけだったらしく????であるし、カンパチ以外では大鯛1・シマアジ1・石鯛1くらいらしくて?、活性があがらんとおっしゃってましたなshock

書きたくはなかったが、こんなこと初めて触れておきますわweep

いつもの通り、足元から真ん中底まで幅広く探りましたが、北西(トイレ前)はいつものやうに連続しての鯛釣りなどできずpout この角では結局4~5匹ぐらい(皆さん合わせて)

朝は南で鯛が釣れ、後半には東寄りの足元で多くの鯛が来てくれましたです。

この日の当りエサは生ミック、棚は8mぐらいだったでしょうか!?

好人何とか12匹と目標のツ抜けはできたものの、後味も悪い一日となったかな…coldsweats02

ご一緒いただいた皆様には、懲りずにまた遊んでやってくださいまし~happy01

いやぁ釣りって難しいですが楽しいですなsign02 釣れたお魚さんは美味しいですねnote

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※04/29 辨屋さん釣行の巻~~

*と き:2011/04/29(金)06:30~14:00   2011#11

*ところ:三重県南伊勢町礫浦 海上釣堀 辨屋さん 2号小イカダ 8人乗り 北西

*気 象:晴れ  潮目:中潮  満潮03:39  干潮09:49の中途半端

*好人釣果:真鯛8、大鯛1、ツバス1、イサキ2の12匹でなんとかツ抜けhappy01

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年4月24日 - 2011年4月30日 | トップページ | 2011年5月8日 - 2011年5月14日 »