« 我慢・我慢 | トップページ | 放流量のこと… »

2011年5月 7日 (土)

信楽一人旅

タイミングよく電話をかけてくるもんだ~、さっと釣られて出かけることにしたがこの日も一人旅になっちゃったなぁ、旅といえるほどのものでもないが…happy01

2連休と休んでいたのだが、4日はぐ~たら過ごし過ぎたので、5日こそ贄崎堤防にでも行こうかと考えていた。丁度13時が干潮で、夜の19:30が満潮、15:00時頃から釣りだせば丁度よいかな?と考えていたところに、電話が入った……coldsweats01

「信楽にいるんだけど、陶芸祭り見物にでも来たら~」とのマドンナからのお誘いだった。

昼ご飯を食べ終えたところで、そろそろ竿の準備に倉庫に行こうかと考えていたのだが、よっしゃ~信楽に行こう!? とコロリと転換despair

もともと釣り以外なら、高島の祭りか日野の祭り見物に行こうか?などとは思っていたのだが、前日に日野の山車は今年は展示だけ?と聞かされていたので、歩くのはどうも、などと思っていたのだが…

一緒に行かないか!? と嫁を誘うが車は疲れる!?というので、結局またも一人旅することに・・・。

1時5分に家を出てゆっくり1時間で信楽には入ったrvcar

この日はナビの一般道を選択、高速経由で46分でいくら(¥)だったか? 一般道でも56分と10分違いでタダなら下道がベターbleah

椋本のミニストップでホットドッグと骨なしチキンを買い、コーラを飲みながら名阪を走る。壬生野ICから「伊賀焼」で有名な丸柱(まるばしら)地区を通るルートを走る。以前にこの手前から山の中の細道を走るよう指示されたっけ!? などと思いながら、昔とは雲泥の舗装道路を走る。名阪の車は多かったが、田舎道の通行量は少ないcar

途中から見覚えのある道だと思い始める…考えたら去年も通ったよなぁ…アハハハ

市街地に入ると車は多く、陶器市の行われている駅前には車も人も多かったが、ここは通り抜けて「陶芸の森」を目指します。

信楽は、まぁ通り抜けすることはままあったが、立ち止まることなどあまりなかったし、陶芸の森は初めてでしてどの辺かもわからなかったが、ナビは便利でおまっ! 簡単に連れて行ってくれました。

車というかお客さんは多く、何や山の上の方の駐車用まで誘導されまして、会場回るのに難儀しましたわ…階段を昇るのが一苦労、ゼイゼイwobbly

陶芸館…一番高いところの陶芸美術館では「~~モーガン展」なるものが行われておりましたが、入り口で迷いましたが、興味が……でトイレを借りてあとはパス、アハハハ

ずっと下の産業展示館と広場で行われていた即売会を見て回りました。

ゆっくりじっくり見て回ります、いいもの一杯、珍しい作風の物、個性的な物など一杯、特に展示館内の酒器、いいものありましたなぁ! だが家でじっくり飲む方ではないのでながめるだけ!?

1時間近く建物内外を歩きましたかな、黄砂でどんより調ながら暑くなっていましたな。

車で下の方へ降りようと階段を上がり始めますが、足が…腰が…つらい。

何せ山を削って作っているので斜面に階段が付いているという感じ、歩きやすいが高低差と段数が多くきつい!? 腹の出た身にはつらいものでした(泣)

陶芸の森入口の一般店へ入り、ここでも道草ちゅうか店内見学。立派な名物「タヌキの置物」をじっくり見学、ついでに少ない猫ちゃんの置き物も…だがつらいのぉ…みんな高い!? と思う。

都合2時間ぐらい信楽にいましたじゃろか? 街中を歩くでもなし陶芸の森だけっ!?ということになりましたが、帰ることにしました。マドンナはこの時陶芸の森内にいたのかいなかったのか…わかりましぇ~んwobbly

帰りはいつものごとしで、「同じ道を帰らない」主義の好人目ですので、一旦水口(貴生川駅)へ戻り、そこから柘植にでる道を選択しました。これこそ昔から一般的な信楽へ向かう道で、いわゆる307号線?ですか、信楽高原鉄道線の横を通る道です。

ここはほんに久しぶりでしたね。一旦貴生川駅に向いましたが大昔の面影など皆無、あんな川の近くにあったかなぁ?などと思いながら今度は柘植駅をインプット、三重に戻ります。

貴生川は水口町内ですから、本当は一号線鈴鹿越えが早い…が、ゆっくり田舎道を走る、これがええんだなぁhappy01 昔は杣川の右岸を走ったと思いましたが、途中まで左岸を走るんですね。

シオノギ製薬にガラス工場、余野公園で三重県に戻ります…古い柘植駅を見て名阪道へ。

関ICまで戻ったところで方向転換、石山観音公園に立ち寄りました。一度見たいと昔から思っていたのですが、大小の石仏群(岩に掘られた仏像彫刻)です。

残念ながら全部見て回るには時間が足らないと判断し、入口近くの5体だけ見物させてもらいましたが、近い内にまた訪れたいと思います。

名阪関ICの近く(5分まで)、鈴鹿GCと同じ入り口、ですが、山一帯が仏像群になっており、山一つを巡る形で時間がかかりそうです。この日も5時を回っていたのでやめました。

あぁ、GWも終わりだなbleah

|

« 我慢・我慢 | トップページ | 放流量のこと… »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちはhappy01
え~っ、来て下さっていたのですか~sweat01
フードコートにいたのですが、出会えませんでしたねweep
あまり催促するのも悪いかな?って思い、その後バタバタしていたので電話出来ずにすみませんでした。
来て下さっていたのなら、いろいろご案内出来たのに残念です(>_<)
信楽は面白いところがありますよnote
また秋にもあるようなので、次回は来られるときは、是非ご案内させてくださいね。
遊びに来て下さってありがとうございました。

投稿: さち | 2011年5月 7日 (土) 19時11分

あんれまあ! 信楽まで来ていたのなら我が家に寄ってくださいましたら、サツキマスの日干しでもおすそ分けしましたものを!残念

投稿: Jacky | 2011年5月 7日 (土) 19時34分

>さちさん
フードコートってテントの?
あれには近づきませなんだ、隣のテントの展示即売会をみて歩いてましたな。smile

>jackyさん
行く前にお誘いしようかなどとも思ったのですが…
帰りは貴生川駅までいきましたから、ほに町内におりましたぞ!?happy01

投稿: 釣魚 好人 | 2011年5月 7日 (土) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537195/51594941

この記事へのトラックバック一覧です: 信楽一人旅:

« 我慢・我慢 | トップページ | 放流量のこと… »