« 2010年5月9日 - 2010年5月15日 | トップページ | 2010年5月23日 - 2010年5月29日 »

2010年5月16日 - 2010年5月22日

2010年5月21日 (金)

いやぁ暑くなりました!

いやぁ、今日は暑い暑いsign01 もう夏ですなsun 昨日はすごく蒸し暑いっ、と感じた一日でした。

今朝出勤時、通常は車の窓を開けて走るのですが、風は入ってきても日差しがきつすぎて暑さが直接肌を刺しましたsun

もうすぐ半袖の季節。筏の上でヒィヒィ言いながらも釣りを楽しむ季節ですなsad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

海上釣り堀 オーパ!!っさんのこと

釣り堀考として初めて書くことになりますか・・・。

12日にお邪魔した「オーパ」さんですが、大阪府は岬町という所にあり、大阪府の外れでもう少し行くと和歌山県という境界線近くにありました。

まぁ、たまたまお誘いがありオール阪神さんのファンで構成する釣り会にお邪魔したのですが、こういうご縁がないことにはお邪魔はしていなかったと思います。

悪い意味で言っているのではなく、また、気に入らないからということでもなく、それは“遠いから”につきると思います。これが泉大津や岸和田ぐらいにあれば、自分から行ってみようかとも思ったのでしょうが・・・。

三重県内でもまだお邪魔していない釣り堀は沢山ありまして、三重釣り歩記会としてはお邪魔していかなくてはならにのですが(笑)、今よく釣行している釣り堀さんが皆さんお気に入りというか、あまりにもあちこち行くのはどうも? との考えもあるようで・・・。

話しがそれそうになりましたがオーパさん、嫌いではないですねsign01 

って、初めて行って11匹も釣れたからにほかなりませんhappy01 これがどこかのように2匹ぐらいでは、次行くかといわれて「う~~ん」と返事にこまるような所ではねcoldsweats02 ・・・こんなこと書くと、また誰かさんみたいに反論ブログを立ち上げられたりして・・(爆)

しかし、正直に言って合う!合わない!?というか感じている釣り堀は皆さんにもあるはず・・・たとえば好人、B屋さんはしばら~く苦手な釣り堀でしたね(笑) 大きな鯛が釣れるとの評判を聞き、三重の甥子と初めて行った夏、確か3匹しか釣れずに雨にも打たれ帰りました。その後、お邪魔しても5匹以下というのが多く、敬遠がちだったのを覚えています(泣)

オーパさん、確かに底網が少し浅いです。大イカダしか経験しませんでしたが、足元(網際)で6.5m~7mぐらいでしょうか? 真ん中付近で7m~7.5mぐらいですね。だが、浅いからどうだ!? 釣りずらいか? とかはありませんしね。また、網が潮でよれて浮きあがったりとかも感じませんでしたしねbleah

入っているお魚さんですが、青物はブリ・ヒラマサ・カンパチでしてワラサ系は入ってなかったように思います。小物類はシマアジに真鯛・グレですかね。グレは少なく基本は真鯛。但し、少し小さかったですな。食べごろと言えば食べごろですが、釣り趣からするとベテランには物足りんでしょうbearing

イカダですが、釣り座の板の幅はそこそこあり(小筏の方が釣り座は広かった)行ききもできやすいですが、小筏の内径は小さく感じ三重でいうと貞丸さんイカダに良く似ていましたが、小さい方がつりやすいかな?との印象。

大イカダは釣行記にも書きましたがやはり場所の偏りが激しく、当日も鯛は北側に集中(朝の一時西の足元にもいましたが・・・)していましたね。南側特にK村さんの足元には一切真鯛の気はなし! でした(笑) 時期的なものもあるのでしょうが、真ん中底では真鯛は来ませんでした。

ところでイカダの設置場所ですが、一応船に乗るのでどれほど走るのかと思いきや“目の前”でしたなbleah かさ上げされた堤防と三角テトラで乗船場からは見えなかったのですが、乗って直ぐ、テトラ群を迂回したらそこに釣り堀がありました。距離にすれば正徳丸の駐車場からイカダまで歩くより近いぐらいcoldsweats01

紀伊水道に向って作られたコの字形の堤防の中にある感じの釣り堀です。高い堤防は東の風、北の風、西の風にも強いでしょうねぇ!

また、水宝さんや紀州さんと同じように、釣り堀に従業員が常駐している点もよいよいところかな!

jackyさんは行きたそうなことを書いてくれてましたが、都合付けばまた行きましょう! なんせツ抜けできまして、気に入った釣り堀になりましたさかいhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

明日は辨屋さんへ

今日は暖かいですねぇ~、ところで明日はまた辨屋さんへ行ってきます。

今年は辨屋さんへよく行くことbleah

釣行者は名古屋の若いお仲間でして、〇藤さん・〇橋さん・〇北さん・〇林さんと好人の5人での貸切だそうでして、楽しみでございます。このうち〇林さんは多分初めてご一緒するかと・・・今回は名古屋軍の隊長と〇藤家の奥様は不参加とのこと。

丁度4月の18日にも辨屋さんに釣行しており、その時と全く潮目が同じでして、これは期待してもいいかな~happy01

あそこで鯛、あそこで石鯛が釣れたんだっけ、ムフフッsign02

じゃがイカダが一緒とは限らないか?、何せついて行くだけだから・・・。

しかし近頃傳八屋さんへの釣行が減ったなぁwobbly

なお、19日はお休みのため、釣果報告は20日になり申すcoldsweats01

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

5/12 オール阪神釣会inオーパ!!

5/12は「オール阪神杯inオーパ!」ということで、K村さんのお誘いを受けて参加してきました。

オール阪神さんとの釣り会はこれで3回目かな・・・紀州さんと辨屋さんで行われた会と今回のオーパさんになりますかwink

ただ、海上の「釣り堀オーパ」さんは全くの初めてのお邪魔です。道も分からなければ、イカダの台数さえ分からずの???ずくし、どうなることかと心配したcoldsweats02

3つ4つのグループが混成になり釣り会が行われるのだが、今回も80名を超える人達で賑わっていた。今日は本来オーパさんのお休みの日のはずだが・・・。

過去2回の参加でお顔を存じ上げる方も増えてきた。一度同じイカダで釣りをすると覚えるものだが、ボクシングジムの安達?会長(字が?)と神戸のご夫婦や大阪のご夫婦などなど・・・smile

K村さんに誘われ三重地区の釣りクラブからの参加というものの、好人とK村さんの2人だけで寂しいかぎり・・・紀州やオーパさんは遠いわな~coldsweats02 今回道行も1人旅にて寂しゅうござった。

3時40分に家を出て、2時間で着くはずが何と着いたのは6時を有に回っており、途中でK村さんから大丈夫かいなとの電話をもらう羽目に・・・紀州さんより40kmあまり近いはずなのに、着いたのは紀州さんと同じぐらい?? 高速で近くまで飛ばせる紀州さんの方が近く感じたhappy02

途中でエサを買っていた加減もあるのですが、遅れて着いたらもう乗船が始っていましてね、K村さんに荷降ろしを手伝ってもらって車は駐車場の外れに・・・。

受付をK村さんに頼んだ後、それでもまだ時間の余裕があり(イカダへの送り迎えのズレ)、事務所で売っていた鮎2匹とアマゴ3匹(1匹¥100)を購入した・・・安かったcoldsweats01

イカダも釣り座も分からず乗船したが、釣り堀はほんに目の前の堤防の影にあったcoldsweats01 歩いて行ける距離ですなbleah 

乗船前にK村さんはルールの説明など受けていたようだが、好人は知らず・・・coldsweats02 沢山のイカダがありましたが、大イカダが3つに小イカダが5つかな? 自分の入ったイカダととなりぐらいしかよくわかりませんでした??

各参加グループごとにイカダ割りされていたのか、K村さんと2人3号の大イカダに入れとのこと!? 釣り座は好きなところへとのことだが・・・何にもわかんないよ~bearing オール阪神さんとの釣り会ではいつもそうで、釣り座は抽選ではないから釣り堀を良く知っている人の勝ちとなる・・・少々不満な運営ところsad

ただまぁ今回は初めてのオーパさんということで、潮の時間を知っていても方角からして分からずじまい、どこで釣っても同じだから気楽なものでしたhappy01 2人で3号イカダに到着した時にはすでに6人が場所を確保されており、空いているところに入るしかなかった(笑)

太陽の方角から見て乗船場側が南と思う・・・K村さんとは見解に相違。どちらがあっているやら(笑)・・・で、並んで南側に入ろうとも思ったのだが、9人だけとお聞きして3人になりそうだったので左側(西側だと思う)に入らせてもらった。

釣りイカダは三方を堤防とテトラで囲まれており、北西や北の風にはめっぽう強くないかなと思いましたなwink

大イカダの3号、私の左側(西北)は海上釣堀王チャンピオンの〇本さんだったらしい? 非常に若くて驚いたが、最初は知らなかったしスタート直後にどこかのイカダに行ってしまい、随分の間帰ってこなかった??(女子の指導役を頼まれたらしい)

堤防側には佐〇木さんというご夫婦が角を挟んでおり、もう一方の角とK村さんのいる南側の角にも2人組が場所取りいていたが、4人は仲間の様子でした。結局K村さんとは南西の角を挟んで陣取ることになりましたhappy01

都合9人でのスタートですので案外ゆったりとしていますし、好人のお隣さんはいなくなるし(笑)

いよいよ7:00ですかスタートの合図がありましたsign01 

どんな釣果や魚のファイトが待ってることやら・・・ワクワクする瞬間ですが、聞いていたように網が浅いというのでスタートしてから底取りしてみました・・・珍しんですが!? やっぱり浅い。竿下では6.5m以内、真ん中で7.5mぐらいか??

さぁ今日もいつもの鯛狙いから・・・島風2号3.3m竿で第一投sign01 棚は6mでエサは黄色甘エビですよ!

え~全くお魚の反応はありません。イカダ全体でもヒットの兆しはなかったなぁ、ほかのイカダも同じよう・・・。普段大物コースのイカダだということもあり、真鯛などの在庫は少ないのか? しかし大物狙いのK村さんの竿にも当りは出ていない。青物の姿も見えない・・・見えるのはグレが2匹K村さんとの間を行ったり来たりしている。

最初の真鯛の放流があってからでしょうか? 腕時計を忘れたためあまり頻繁に時間を見れなかったのですが、どのくらい時間がけいかしていたのか・・・?

北寄り・真ん中と攻めていたのですが当りがでないので、角の方を攻めてみたらと竿を寄せてきて置いておきましたら浮きに変化が!!!! 待望の当りが出まして真鯛をゲットsign01 続けて3匹をHitさせれましたが、鯛は綺麗なんですがまぁ小さいbearing グリルの焼き魚用ぐらいに小さい・・・釣れた鯛はすべて小さかったです。

やっとでしたが3匹も連ちゃんで釣れたので気を良くしたものの、また沈黙の世界へ・・・weep

またどれほどの時間が経ったでしょうか? エサをシラサに替え、棚も6.5mにして真ん中を狙うことに・・・ほどなくして当りがでましたでぇ~sign01 青の感触が!?と思ったら針ハズレッbearing ショックショック。

しかし気は出た、もう一度同じ要領で真ん中を攻めてみたら大当たりsign03 完全に青物がHitしてくれやり取りです。ただ、小物竿・小物仕掛けの島風でして、道糸も3号ハリスも3号で無理できんなぁ!? 特に道糸が細いでと・・・思っていたらプッチン! 針のチモトでハリス切れcrying 残念!

K村さんにはヒラマサ?のように見えたという。しかし、この騒ぎで青物が浮きだしたようで、目の前をブリにヒラマサが泳ぎ出した、さすが大物イカダですな・・・感心しているだけではいけないですなhappy02

さすがK村さん、この魚の動きを見逃すはずもなくカツオの切り身かな? 見釣りでヒットさせているsign01 大きなヒラマサとの格闘ですが慣れたもの・・・好人がお掬い申し上げた・・・羨ましいこってす。

続いてK村さんに青がヒット! サヨリ餌での誘いだそうでこれもヒラマサちゃんでしたが、この分は好人にくれると言う、やったね!heart04

この間に遅れて阪神さんが到着されてたが、各イカダで遊んで見えた(笑)

3匹鯛が釣れたり、青をバラシた後長い沈黙が続く、カンパチの放流があったがよう釣らんcrying アユが網を潜ったり、アマゴはすぐに弱ったりとうまくエサをコントロールできないでいた。

その間にもK村さんや他の方達はカンパチをゲットされていく・・・何本くらいあがったかな?

真鯛は北側東寄りの方が一人気持ちよく連ちゃんされている・・・何匹上げられたことか? しかし、南辺よりには当りが無くなった。 北西寄りの奥さんの竿にシマアジが続けてヒットもしている。寄って行きたかったが、左のチャンピオンの竿が竿立てにセットされたままなので、邪魔になり近寄れないweep

その竿もいつごろかチャンピオンが帰ってきて隙間ができる様に・・・bleah というか北西の角を狙い始めたので一緒にお邪魔することに・・・悪い癖です~happy02

確かに北側両角付近でしか当らくなっていたんです。北東は遠すぎるしねsad チャンピオンも何枚か鯛のみ釣られるの便乗させてもらいましたが、このチャンピオンタモを使わず鯛をブリあげるんですよcoldsweats01 あとでハリスを聞いたら6号だという!? それでも竿は2号の固めだと思うんですが、絶対タモは使はない! 魚の身は悪くなると思うけどねcoldsweats02 バタバタさせるとねshock

釣れるのは角だけ。真ん中も狙って見えましたが当りは好人と同じようになかったですねbearing 魚がいないだけなんでしょう。

好人お邪魔虫釣行のおかげにて北側真ん中でシマアジ大きめ1匹をミックのエサでいただきやしたし、また、自分の前でも1匹の計2匹のシマアジも釣ることができました。真鯛は5匹も追加できやしたかねぇ、ありがとさんでした。だって中後半とK村さんとの間では真鯛は1匹もこなかったんだからcrying

となりのイカダでは北西の奥さんが北東に来て沢山鯛を取っていってたなぁsmile

4回目というかヒラマサの放流があり2匹程度入れられたかな、立派なやつです。K村さんまたしても掛けられましたが、これは残念ながら針ハズレcoldsweats02 好人も竿を変えシラサで狙うと喰いましたで上っ面で、鯛竿なので慎重に竿さばきしてK村さんが掬ってくれましたが、立派なヒラマサで、12時の釣果締めきりにギリギリに入れてもらいましたsmile

阪神さんも3号イカダに来て竿出しされてましたが釣れなかったようですあい、近ちゃんも遊びに来てましたな。

釣り会の釣果は12時に絞められ、好人は真鯛8・シマアジ2・ヒラマサ1の11匹ということでしたが、そうポイントは15点から大物イカダということでの-2点引かれ13点でしょうか? 上がってからの表彰には引っかかりもしませんでしたcoldsweats01

1時までの間に青の活性が高まり、K村さんには2本のカンパチがかかります。また、チャンピオンにはヒラマサが掛りましたな。この間好人には当り全くなしweep

出だしは悪かったものの最終なんとか「ツ抜け」まで行けましたが、どこでもそうですが偏りがあり難しさは一緒ですね。今日は北と西の辺、特に北の1辺での鯛やシマアジの当りが集中しており、東と南の1辺には鯛がおらず東の1人は出家されてたような・・・。

釣りは1時で終了。イカダの上で締めてくれ氷も打っています。ここら辺は紀州さんと同じ要領で、最初からクーラーも持参してきています。氷は1杯100円と安い・・・量は??

K村さんからカンパチ2本をもらいク^ラーの中へ・・・早川さん・国府ちゃんのお土産・・・と入れました、いつもサンキュウでっすscissors

岸に戻ってから表彰式です。いろいろ景品やら差し入れなどありましたが、10位までには入れず、その後の飛び賞にも掛らずじまい・・・参加賞だけもらって帰りましたが、一体何位だったことやら不明ですhappy02 ただ、我が3号イカダの方は誰も景品貰えず、いかに貧かなイカダだったことかbleah

そうそう今日はお弁当が手配されており、お昼に美味しゅうよばれましたがこれ最高smile

釣り会の企画立案の皆様には感謝いたします。また三重県で開催されるおりにはぜひ参加させてくさいませ、ありがとさんでした。

いやぁ釣りって難しいが楽しいですなnote ほんとお魚は美味しいですなnote

この後の好人釣行予定ですが、5月18日に辨屋さんへの釣行、6/5三重釣り歩記会での傳八屋さん予定です。そのあとまた休漁ですなdespair

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

5/12 オール阪神杯釣会inオーパさんの巻sign03

と き:2010/05/12(錘)07:00~13:00   2010#15

ところ:大阪府泉南郡岬町多奈川谷川 釣堀 オーパさん 3号大イカダ西南 9人乗り

気 象:晴れ  潮 目:大潮  満潮05:10 干潮11:58 の下げ型 

好人釣果:真鯛8・シマアジ2・ヒラマサ1の11匹とよい釣果どしたhappy01

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回紀州さんよりずっと近くと思っており、冒頭にも書いたように2時間で着くだろうとの読みは外れました。計画では4時に出て6時には着くと・・・weep

実際はそれでも早く出たんです。ナビのテストのところも少し掛ると出ていたので・・・。3時40分ごろには家を出て名阪を100kmで飛ばして西名阪の香芝SAで休憩しまして・・・いつも通り・・・ここから阪和道へ。

途中泉北道?なんとかへ誘導しますが無視して高速を直進、泉南ICでおりて下道へ入り、ここでも旧道をおしえますがバイパスを直進箱崎まで、降りたとこのエサやでシラサとボケ、青虫と浮き2個を買ってたら動作が遅い。車に積み込んでいる時にK村さんからの電話・・・心配してくれていたが、ここからの一般道も時間がかかり、すんなりの誘導ではあったが港到着は6時を有に回っていた。

紀州だと3時半に出て香芝で休み、阪和道を一気に走って広川でおりローソンヘ寄っても6時10分に着く。

今回は同じ時間を要しており、距離差40kmなのに時間がかかった。やはり、ほんに手前まで高速を飛ばすのと一般道を走る差なのかと実感した。

ちなみに紀州さんだと片道205kmぐらい、今回は171kmぐらいで分かってもらえるだろうか?

また帰りはすべて一般道を帰ろうと思い走ってきた。結局のところ香芝ICか大和高田ICまで誘導されたが、いたぁ時間がかかる。景色や街並みを見たくて、岬→泉南→和泉佐野などから富田林・河内長野市内など走ることができた。

その分とんでもなく時間がかかり、2時半だったかミサキを出て家に帰ったのは6時を回っていた。それでもドライブは楽しいですなrvcar

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年5月9日 - 2010年5月15日 | トップページ | 2010年5月23日 - 2010年5月29日 »