« 5月の三重釣り歩記会 | トップページ | 新しいエサ作り »

2010年5月 8日 (土)

5月の三重釣り歩記会(2)

釣行記もこれだけ間を開けるとちょっと虚しくもなってきましたし、大勢の皆さんが釣行記を書かれてもおり、2番どころか5番6番煎じで恥ずかしいcrying それでも書いておこうかなcoldsweats02

(1)で書き忘れていることがござった。

受付を無事済ませて桟橋に行くとすでに大型船に乗り込んでいる最中であった。

好人の荷物を積んでくれていたのでおもむろに船に乗り込む・・・みんなとお喋りしようか!? と思った瞬間、見慣れない顔が目の前にあった。あっ、他のGRの子供が混ざり込んでいる? と最初は思ったのだが、よくよく見ると、う~ん、見覚えがあるようなないような?? 目の前にはK村さんが座っている。

そうか「タケシくん」かとうことで聞くと、その通りであり、いやぁ大きくなったなぁ!ということで驚き驚き・・・見なくなって何年経つのだろう、数年前のマルヨさん以来かな・・・よその子は育つのが早い。K村さんより背も高くなっていた。smile

じん君ともお久しぶりだがまだ十分認識できた。ただ、やはり成長されており大きいなと感じたしだい。トモアキくんは近頃一番よく会っているので間違うことはない。

そうそう、くうーさんとも1年ぶりぐらいだったかと思うがお久しぶりでした。

さて、2号&3号に分かれての釣り会ですが、各自の釣り座も決まったところで今回は自由スタートとした。ポイントで競うわけでもなしの懇親釣り会みたいなものだから・・・sad

イカダに乗った時点から3号では青物達数十匹が右回転にて群雄しており、大ブリだけでも凄い数が泳ぎ回っているsign01

どうにも気はそそられるというか、ブリを随分の間釣っていない好人目には目の毒気の毒なのだが、どうせ暫くは食い気は無いだろうと思い、小物狙いで第一投を竿下に投入した。

最初はシーン・・・ ・・・?? 静かなものだcatface

2号ではトモくんの竿がいの一番に曲がっていたように思うが、我らの3号イカダではジェッターさんの真鯛が第一号であったと思う。おっ!今日もトイレ前は調子がよいのか!と思わせる出だしである。

いや!? 西南角の杉浦親父さんだったか?? すでに記憶ははっきりしないcoldsweats02  が、しかしやはり西側に歩があるのは間違いないようだ・・・東側では誰一人として当りはでていないweep

そのうちロードさんに青物が掛ったsign01 しばしのやり取りを楽しんでいた、がしかし、8号の道糸がプッツンしたそうで、惜しくもバラシweep 残念だったでしょう。

ジェッターさんに杉浦親父さんの2人はその後も順調に竿を曲げている。しかし、東や南側の我々には当りすらこない・・・やはり今日はダメな日か? と脳裏をかすむ。

当る人にはくるもので、シラサえさのジェッターさんに青がヒットしたらしいsign01 小物竿なので慎重に釣られるが、上がってきたのはカンパチいやシオかな(笑)、小ぶりのカンパチだったが羨ましいかぎりですな。

順調に数を稼ぐ西寄りの2人(杉浦親父さんとジェッターさん)以外は静かな中、いや、タケシ君には当りはくるが久しぶりの釣りで昔の感が戻らないらしいhappy02 モーニングサービスの時間帯はとっくに過ぎて行った。

活きエサのアジやイワシもなかなか届かない中、小さめの冷凍イワシで誘ってみるも群雄する青物は見向きもしてくれなかったcrying

西側の人達に当りがでていても東側の我々は沈黙状態だったcrying

第1回目の放流が来る前だったか後だったか?? 万年.....ちゃんの足元に石鯛が浮いてきたらしいnote すぐさま1匹を釣りあげたsign01

これは狙わずばなるまいて、鯛の当りすらないんだからcoldsweats02 

朝棚用の竿(4.5m棚)に替え、新鮮な青虫を短くして房掛けする。浮きが立つと同時に消し込んで活き、見事に石鯛をフッキングsign01 先日より少し小さいが慎重にタモ入れしたhappy01

これでやっと1匹目。〇ーず逃れでほっとするdespair

続けて2匹目の少し大き目をゲットsign01 非常に活性が上がる。マナブンさんにつったどー丸さんも楽しそうに石鯛を釣り上げており、至福の時が流れるhappy01

口黒で大きい3匹目の石鯛を釣ったところで、タケシくんにも1匹ということで、K村おじいちゃんとともに遠征してきた。ご指導よろしくほどなく石鯛ゲットsign01 ほんに何匹いることやらhappy01

1人2匹というものの自分の足元、ほおっておく手はないbleah あと2匹釣りあげたところで活性が無くなったcoldsweats02

好人が都合5匹。万年....ちゃんが4匹、つっどー丸さんはバラシ有りで1匹だったか? マナブンさんは2匹確保かな!? いずれにしてもみんなで10匹以上の釣果があった。

その後の放流船だったかな? 鯛にイサキにシマアジを放流してくれた。そうそう忘れたとかいうことでヒラメを1匹戻ってきて放流してくれていたが、これは最後まで喰わなかった。

続く・・・・

いやぁ釣りって難しいが楽しいですなnote ほんとお魚は美味しいですな

この後の好人釣行予定ですが、5/12にオーパさんへ初のお邪魔の予定です。その後は5月18日に辨屋さんへの釣行予定です。以降暫く休漁ですなdespair

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

5/2 三重釣り歩記会in辨屋さんの巻sign03

と き:2010/05/02(日)06:30~14:00   2010#14

ところ:三重県南伊勢町礫浦 釣堀 辨屋さん 3号大イカダ東中 13人乗り

気 象:晴れ  潮 目:中潮  満潮07:14 干潮14:07 の下げ型 

好人釣果:真鯛2・イサキ1・・石鯛5・ハマチ2・ワラサ1の11匹とよい釣果どしたhappy01

|

« 5月の三重釣り歩記会 | トップページ | 新しいエサ作り »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537195/48294005

この記事へのトラックバック一覧です: 5月の三重釣り歩記会(2):

« 5月の三重釣り歩記会 | トップページ | 新しいエサ作り »