« 釣魚好人[釣りの履歴書] 14 釣り具店のこと | トップページ | 負けてしまった・・・ »

2010年4月12日 (月)

金沢旅行顛末記

目まぐるしくよく変わるお天気どすなぁ、まだ荒れそうで・・・rain 土日と行った金沢旅行の顛末をrvcar と思います。

10日の土曜日はラッシュを避けようと4時起きで5時に家をでましたなsmile 先日来どちらのコースで行こうかと迷っていたのですが、結局は芸濃インターから高速に乗りrvcar、東名阪⇒新名神⇒名神、米原から北陸道で向いました。

草津JCTから米原までが意外に遠く時間がかかると思いますな(遠回りな気もするし・・)

途中で朝飯を食べるべくあちらこちらのPAやSAに寄るのだがうまくいかず、朝飯は結局南条SAとなってしまったが、ここで鮭定食で腹を膨らました。riceball

その後も立ち寄りを多くしながら走りましたが、特に小松市以降の海岸線には全く覚えがありませんで、初物みたく楽しんで走っておりました。

休憩を沢山取りながら走っていたので、ナビの教えた時間は3時間ちょっとだったように思われたのが、9時半ごろに兼六園に入った時には所要時間4時間半にもなってしまっていたhappy01 これでも早い時間だったので目の前の兼六園駐車場に入れることができました、ラッキーでした。

この兼六園はそれは凄い人出でして、丁度桜も満開を迎えており、またお天気も最高の晴れ間sunというか凄く暑い一日になり、上はカッターシャツ1枚で十分な気候でした。

それにしても大勢の人・ひと・人、流石の人気景勝地ですなsign01 それでもここでじっくり見学時間をとり、庭園の隅々まで見て回りはいたしやした・・・1人旅で寂しいものではありますがcoldsweats02

そして目の前の金沢城公園へ向かいまして、ここでも小一時間散策です。初めてでしたが、ここもなかなかのものでしたなpunch

お昼頃向ったのが”ひがし茶屋街”から主計町茶屋街。趣があってよいところ・・・粋なことにひがし茶屋街では結婚式に遭遇しましてなhappy01 式ではないのでしょうが景観をバックに記念撮影やら、町練りやらをぞろぞろと・・・案外よかったですなpunch

1時半ごろにホテルのある金沢駅ビルに入りまして、ここでやっと昼食をとりました。我慢していた生ビールを一杯sign01 木金の天候から冷える?というか寒い一日を予想していただけに、10日の暑さには驚きました。下手したら20℃ぐらいなかったかな?少なくとも18℃はあったでしょうsign01

チェックインは3時と言われ・・・3時前にもOKだと聞いていたのになぁ、weep 荷物だけ預けて大会会場へ向かいました。駅の反対側のホテルでの開催です。

今回は全国から630人ものお集まりです。いつものごとく昨年度のキャンペーン成績優秀者の表彰から始まり、大勢の方が表彰されました。これもいつものごとく私が表彰をうけることなどありませぬhappy02

2時間ほどの式典が終わり、休憩ののち懇親会の始まりへと続きます。このところ三重からの参加者は少なく、今年は5人ですが、昨年よりは美味しいフレンチ風の食事会でした。

芸妓さんのお囃子に始まり余興も数々行われています。ご陣乗太鼓?は大迫力で会場を魅了の渦に巻き込んでました、素晴らしかったです。どなたか歌手が見えてましたが名前はでてこなかったなぁ、酔ってもきたし・・・。

こあとは地方本部主催の2次会へ・・・10時過ぎまで騒いでおりました。

二日目は9時にホテルを出まして尾山神社へ参拝し、長町武家屋敷景観を散策、にし茶屋街も散策し最後に近江町市場へ。武家屋敷跡景観はよろしなぁ。にし茶屋街はちょっと小さい街並み。ほかに忘れてるところはないかな・・・それにしても昨日とは打って変わり、小雨が降り10℃も低い気温の一日で、持って行ったジャンパーは手放せませんでした。

最後の近江町市場、やはり大勢のお客さんでしたが、たまたま地場のサクラマスが売っていたので購入(¥850)、青森さんで体こうのよいのが¥600でしたが、高い方を買っちゃったbleah 今朝お刺身を呼ばれましたが、正直は先日釣ったサツキマスに軍配を上げますなsign01 サツキマスのほうがサーモンに近い気がしますな。

また、ここの市場寿司(回転)さんで待望の海鮮丼を食べましたなcoldsweats02 しかし安めのやつを頼みましたので、バカうま!?には程遠く・・・けちったらあかん!?を実証できた感じbearing

午後1時半過ぎに金沢を後にして帰路に・・・。

迷った挙句、北陸道を北上し小矢部JCTから東海北陸道周りで帰ることに・・・。

五箇山ICを超え、10kmにも及ぶトンネルを超えて白川ICへでて驚いたsign02 山肌には残雪が多く残っているsign01 ひるがの高原スキー場も雪だらけ、当然氷のようなざらめの雪でしょうが、まだこんなに多く残っているとは思っていませんでした。飛騨清美、ひるがの、高鷲あたりも沢山ありましたな。

名神の一宮もしくわ中央道小牧から名古屋までの渋滞が心配のため、土岐で東海環状道へ回り美濃加茂SAで休憩、牛の串焼き食べたいと思いながらパスcoldsweats02 このあたりですぎーKさん、TAKEちゃん等からメールをもらっていたようだが、運転中と電池不足で失礼いたしやした。

豊田~伊勢湾岸道周りで帰りましたがやはり距離は100kmは違い、前日より1時間以上余分にかかりましたな。だが渋滞はなしでした。

まぁ楽しく過ごせ、無事に帰りつきホットしておりやす。遠回りのおかげ?もあり~の、行きも帰りも¥1000円表示でございやしたsign03

|

« 釣魚好人[釣りの履歴書] 14 釣り具店のこと | トップページ | 負けてしまった・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537195/48066411

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢旅行顛末記:

« 釣魚好人[釣りの履歴書] 14 釣り具店のこと | トップページ | 負けてしまった・・・ »