« 疲れた・・・がぎょっ!? | トップページ | えらいお天気ですな・・・ »

2010年3月20日 (土)

釣魚好人[釣りの履歴書] 5

子供と遊ぶとの名目で始めた釣り・・・サビキでの豆アジ釣りでしたが ・・・意外と面白かったんですね

それになにより釣った魚 が美味しく食べれる これがよかったんですな

大荒れの船釣りで釣りに嫌気 のさした子供達とは別に、好人目は釣りに没頭していくことに・・・

もう大部の時間 が経過しているので、時系列的なものは忘却してしまっていることが多いのですが、堤防のサビキ釣りから、浜などの投げ釣り、そして磯釣りなどに入っていきます

堤防でのアイナメ(クジメ含む)、やガシラ釣りに転換していきましたな。

もちろんサビキはやりながらなのですが、そうしていくと堤防や港に集まる人たちの釣りスタイルが気になりだします

色んな釣りを楽しんでみえますよね~、投げてる人や浮き釣りの人、当時も脈釣りいうてましたがテトラ回りをボケや蓑虫や青虫で探る釣り、などなど・・・いろいろ聞いてもいきました

サビキ以外に最初にとっかかったのが同じ場所でできる直落とし釣り(脈釣りの一種でしょうか?)でしたな

1.2~1.8mの短竿に小さな太鼓リールやスピニングリールで、エサはミズゴカイやイシゴカイに朝鮮ゴカイ(青虫のこと)で岸壁にそって際を落とし、寄ってくる魚を釣る、置き竿が多かったですな

その内にカレーなどに興味がわき投げ釣りに入っていったんだと思いますが、それ単独というわけでなく堤防から投げとサビキとやるとかでしたな

もちろん、浜からの投げだけにも挑戦してましたがどうにも釣果はあがりませんでしたな

でもこの時期から方々に出かけることが多くなりました

皆さんはボラの「風船釣り」というものを聞いたり見たりされたことはありますか?

当地方の鈴鹿市から津市の海岸にかけての釣り方で(他の地方にもあるかも?)、岸近くに回遊しているボラを風船に似せた原色のヒラヒラを付けた疑似で誘い、反しのない針で引っ掛ける釣り方です。

ルアーやジギングは疑似餌を引っ張る釣り方ですが、このボラ釣りでは疑似餌でおびき寄せる釣り方で、掛ったボラは空中を飛ばすやり方(カツオの1本釣り分かりますか?、引っ掛けたカツオを甲板にほおり投げる釣り方・・・反しがないから外れる)ですが、このときに使用する竿や錘が凄いのなんの・・・

竿は雨樋みたいに太く、振り出し竿だが鮎竿のように長い 錘というより小鐘のような分胴を竿尻につけ、竿を膝というか足に載せ、これをテコの原理にして仕掛けを上下させるんですな

それで大きな3本針が付いていて寄ってきたボラを引っ掛けるんですな 冬の風物詩として、鈴鹿の長太あたりや白子海岸なんぞでおじいちゃんの釣りでしたな・・・今、あんな竿売っているのかな? 売れ残りはあるやも?

好人はとても竿を買う気にも、まして釣る気にもなりませんでしたな

|

« 疲れた・・・がぎょっ!? | トップページ | えらいお天気ですな・・・ »

釣りに関して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釣魚好人[釣りの履歴書] 5:

« 疲れた・・・がぎょっ!? | トップページ | えらいお天気ですな・・・ »