« 昨日・今日・明日 | トップページ | 2/22 紀州さん釣行記Ⅱ »

2010年2月23日 (火)

2/22 紀州さんでのシマアジ釣行

晴れて暖かな22日、またまた紀州さんのシマアジ専用生け簀に、K村さん&マッキーさんの3人で釣行をしてきました

27日のお誘いもあったのだが人数過剰みたいになったとのことなのでお断りし、釣り回数減をと思っていたが・・・ K村さんのお誘いに乗ったのである

前回(2/4)には、総数10匹も釣れながら、好人だけが紀州さんの釣果欄に載せてもらえなかったので、今回はぜひとも載りたいとの思いがあった・・ハハ

今回はマッキーさん同乗で3:30 丁度に津を出発 ゆっくり目に走り香芝SAで休憩とスモーキングタイムを取りながら広川ICへ。降り口のローソンで買い物して現地着6:15分となる。

駐車場にはK村さんの車ほか数台が停まっており、みな仮眠中です 

6時半ごろには従業員も出てきてざわざわするだろうと思い、荷物を降ろしているとK村さんも起きてきた その後ぞくぞくと車と人が詰め掛けた

今回の事前情報ではシマアジ専用へは我々3人しか希望がなく、結果3人での貸切状態ではないかということであった がいかに・・・

受付はマッキーさんにお願いしたが、どうもシマアジ生け簀8人乗りとのこと・・・?? 一般希望者が多く満員になったので、シマアジ生け簀に回ってもらったらしい

まぁ8人でもゆったり釣り座なのでよいのだが、3人貸切の思惑は外れた~

今回は、マッキーさんからの特別団子をもらえるとあって期待していた 絶対シマアジが釣れるし、好人苦手な団子まとめが簡単にできるらしいので・・・

持参エサはカツオ・イワシ・・・シマアジ専用なのに・・・ほか青虫・イシゴカイ・ササミ・えび団子の素に生ねり団子の素、生ねり団子(黄)、オキアミに生ミック・キビナゴなど多数 まったく使わないものも多数あるというのに・・・黄甘エビは在庫なく持参しなかった・・・作る間がなかったのが本音

なお、紀州さんではシラサのみ1杯を追加購入しました

黄色い旗の船に乗船との指定を受けて乗りこみ、7時15分ころに出船、10分は掛けて島影のイカダ群に到着。ここから釣り座の抽選など8時の開始までに時間がたっぷりある

前回みたいにEイカダだろうと思い、重い道具箱を運ぶが違っていた 今日はHイカダだそうで、年末に新設された2基の内の1基だ、というので場所移動

まだ、シマアジ専用希望者全員がイカダに到着していないとのことで、釣り座抽選までに待ち時間があり潮の干満など聞いておいたが、思惑と違っていたので??だったが、3人でどこがいいかなど話題にして時間を待った

30分頃だったか希望者全員が揃ったので抽選が始まる

希望者は我々3人と2人釣れが2組に個人が1人の計4組であった。マッキーさんに代表抽選してもらった結果4番のベコ(大阪ではベベタというらしい)になっちゃいました。

西と東に二人連れの方々がそれぞれ入られ、お一人が南西を選択されて入られた。残りは北の一辺と南西の一角である そこで3人でまたジャンケン、結果はK村さんの勝ち で南を選ばれた・・・ここぞ!?っと喜んでいたがなぁ ・・・それでマッキーさんと二人で北側とおもっていたら、なんか考えがあるらしくマッキーさんは南に入るという 南に3人に北に好人一人という変則になった

実は、好人この時点で今日は惨敗ではないかと思っていたのであるが・・・

8:00スタートまでにゆっくり準備するが、小物竿(通常狙い)・青物竿・小物竿(浅棚用)の3本を用意する一方、活きアジを買うか迷いながら止めることにした。

3本の竿の棚を時間内で再確認しておく、これが大事 だが、好人は棚取りは行わない 自分の決めた上から(浮きから針までの・・)の棚攻めオンリーなのだ~

スタート前のシマアジ放流は行われなず、他のイカダには威勢のいい「真鯛放流しま~す」の声が聞こえる 気分が高まる

8:00のスタートで魚かし特製団子を選択・・・そう!今日の特別団子である・・・針につけようとするがベタベタで、針より手に着くほうが多い が・・・

なんとか付けて8.5mへの第一投。 エサの比重がどれくらいか分からず、浮きの沈み具合を見ているが、どうも浮きの沈みが早いような ええい っとしゃくってやったら誰よりも早く真鯛が釣れた 大きくてよく引く真鯛である。

同じエサで続けて2投・3投と続けて釣れてきます 場所は手前よりも真ん中に近く、西側の人達の前ぐらい

みなさんにも真鯛アが釣れていますが、好人4~5匹まで次々と当りが出て真鯛が釣れてくる・・・よく当るエサだが・・・うん?、シマアジが釣れないぞ と考え始めるも真鯛ばかりが釣れてくる

待望のシマアジ追加放流があってからだったか? 西側の人達にシマアジがかかりだしました 

使用のエサは魚かし生エビみたいでしたので、目先を変えるために好人は生ミックを選択し、1.5粒大にして投入しましたらビンゴ 待望のシアマジが釣れてくれました

気を良くしてミックで連投、真鯛・シマアジとあがってきましたな 棚は8.5mを変えていません。

3匹目のシマアジは・・・というと、前回から釣りたかった大シマアジちゃんがきてくれましたぞ~

なんと大きい 青以上の引きに耐えてあがってきたのは50㎝オーバーの大シマアジで、体こうと言い申し分ないお魚さんどした 

そのおかげで浮き止めが動いたらしく、次の投入では根・が・か・り 

そんなこんなでしたが開始30分ぐらいで8匹ぐらいは行ってましたでしょうか? もうウハウハです 釣れないと思い込んだ場所・・・実際手前の網際での当りは拾えなかった・・・でもこれは棚の問題であったようだが、その時は気付かず

西の二人釣れさんと好人以外の、特に南側のK村さんにマッキーさんともうお一人の方の当りは少なく、さぞ濁って見えたことでしょう

マッキーさんは途中であきらめたようだし、また頻繁に電話が入ってきていたのだが、途中でお昼寝タイムに突入していた

K村さんも当りの少なさからか、途中で活きアジを買いに行かれた 青狙いをするようだったが、青物は最後まで1匹もHイカダでは釣れなかった

東側の若者達にも鯛にシマアジが釣れ出したが、概ねシラサエサで掛けていたなぁ 好人の付けるシラサにはシマアジは何の反応もせず、真鯛だけしか釣れなかった  見ていて棚が浅く見えたので、6mで狙っても好人にはきませんでした

考えるに、問題は棚が一つ、次にエサの付け方かな? と思うのですが、明らかな理由はわかりませんでした

(続く・・・)

いやぁ釣りって難しいが楽しいですな ほんとお魚は美味しいですな

マッキーさんお魚ありがとさん、みんなにいきわたりましたよ~ 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

紀州さんへのシマアジ専用釣り釣行Ⅱの巻

と き:2010/02/22(月)08:00~13:00   2010#08

ところ:和歌山県広川町唐尾 釣堀 紀州さん H号小イカダ 8人乗り 北側 

気 象:晴れのち曇り  潮 目:小潮  満潮10:09 干潮03:48 の凸型で潮動かず

好人釣果:真っ赤な鯛11匹とシマアジ6匹の大漁でしたが棚の反省も。

|

« 昨日・今日・明日 | トップページ | 2/22 紀州さん釣行記Ⅱ »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

今回も爆釣おめでとうございます

私も土曜日にD8に行くので釣れるコツをこっそり
教えてください

投稿: ロード | 2010年2月23日 (火) 14時57分

おはようさんどす
釣れるコツをこっそりなんて…できないより、ありませんがなぁ

釣りたい思いのたけを竿先に集中する…そんなあほな
好人の釣りは浮きでののほほん釣りですから、コツは名人の方々にお聞きください
ただ言えることは「場所にエサに棚があうこと」だと思いますがな?

投稿: 釣魚 好人 | 2010年2月24日 (水) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2/22 紀州さんでのシマアジ釣行:

« 昨日・今日・明日 | トップページ | 2/22 紀州さん釣行記Ⅱ »