« 明日はD8さんへ | トップページ | 讃岐うどん »

2009年11月10日 (火)

11/9 乗り合いで傳八屋さんへ

昨日の9日、思い立って(我慢できなくなり・・が本音)釣りにでかけました

ゆっくりと3時起き、朝風呂と準備して4時に家を出まして、ゆっくりと下道を走ります

それでも4時50分には玉城ICのエサキチさんに入りました・・・・近頃はエサキチさんばかりです・・・・シラサ1杯、青虫(赤ちゃま前日お勧めにて)、カメジャコ(ボケがひ弱そうだったので)、オキアミ(生)を購入し迫間浦へ

途中魚かし横で朝の挨拶(恒例)のクラクションを2度鳴らします

さて、昨日は完全1人釣行&乗り合いでの傳八屋さん予定で出かけたんでしたが・・・・

ところが現地についてすぐヤマトさんと出会い、はたまた馴染みの菊井さんとも出会い(2人とも滋賀県)、受付簿見たら久木さんの名前発見 ひさぴーさんではなかろうが叔父さんか親父さんだろと推測し、勝手に同じイカダにしてくれるよう大将に頼んだ・・・・これで4名は顔見知りで入れると喜んだ

この歳で顔見知りすることはないが、全く知らない人たちだと気まずくなってもいけないしねぇ・・・・

それ以外の、イカダの大小や希望号数などは何も頼まなかったが・・・・いや本当

一旦桟橋まで行ったが、エビ団子の素を車に忘れたのに気づき、もう一往復するは目に、早足で歩いたので少し疲れたなlぁ

ひさくんのお父さんか叔父さんを探しつつ桟橋の一番奥で待っていたが、分からなかった???

7時前にヒロヤ君らがやってきたと思ったら、直ぐにヒラヤくんからお呼び出し、岸壁前の船に乗ってくれときた

一番奥から人をかき分け、慌てて岸壁前の船に乗り込んだ・・・・たいへんだぁ~

これは一番か2番に間違いないはと思い確認したら、2番で7人乗りだと言う

乗り込み時に久木さんが叔父さんだと分かり朝のご挨拶を済ますが、マスクをされていたので分からなかった?わけだわ

2号小イカダで楽しい一日を過ごすことになったが、我ら4人と乗り合わせになったのは奈良の若い2人連れ

おやぁ6人しかいないぞ~?? と思いヒロヤくんに再確認、そしたら計算間違いで6人だけとのこと、こりゃぁゆったりとしていいぞっ

釣り座は思い思いのところへ

ひさくん叔父さんは前にトイレ横での爆釣の思い入れがあるらしく西北の位置に

奈良の2人ずれは東辺に入る・・・・好人狙っていたのだが あきらめて東側(テント側)に釣り座をとりました

菊井さんが南側に、ヤマトさんが西南側にそれぞれ陣取り釣り開始です 

好人この日の第一投は、カメジャコの餌を付け5.5ヒロで竿1.5本先へ入れました。

ほどなくして浮きが沈み、めでたく鯛があがります、一番乗りでやったね

ひさくん叔父さんにヤマトさんも続いて上がったように思いますが、3匹ほど上がってから静かになってしまいました

それでも7時半前になり、シラサに付け替えて狙っていた小物竿に当たりがあり、引きからして青物と確信しての「青で~す」コール、しばらく粘ってカンパチゲット、朝一からの青物 いやぁうれしい

隣の若者が北東の角でイサキを2匹ほど釣るのですが、寄って行っても何も当らない時間が30~40分程も経過し8時を回っていましたね

そこで思い出したのが赤ちゃまの「ア・オ・ム・シ」サイン、これでイサキにガシラを前日沢山釣ったよし

新鮮で大きな青虫を4等分にして針に付け北東角に落とし込みました、棚は5.5ヒロです。

それまで当たりを出せなかったのに、突然に浮きが「ズボッ」・・・音はしませんでしたがね・・・と消しこみました

ヤマトさんも偶然対岸から見ていたらしく「ええ入り方やった」と言うてくれてましたが、凄く思いっきり入ったんです(その前に気はあったんですが・・)

ひょっとしての思いの通り、西に向いて走った魚が浮いてきて縞じゃなく斑点模様がクッキリ そう石垣鯛・・・・とても大きく強い引きを感じながら無事タモ入れできやした

実は、好人の当たりで合わせを入れた途端だと思うのですが、同じ角を攻めていた青年の竿もしなりました

お祭りだけは避けなければと気になりましたが、石垣鯛がうまく西側に走ってくれたお陰? もあり、南側に引き出して釣り上げられましたが、なんと大きなハ・タ・マ・ス

残念なことに当人は魚が何かもご存知なく、「魚の名前は?」「美味しいんですか?」「どうして食べるんですか?」などとのたもう いやぁ真面目な好青年でしたが、聞くと、「釣りは好きなのだが魚は好きでない」と言う いやぁ、こういう人はたまにお見えになるんですな

石垣の後にはシマアジがきてくれましたな エサはシラサで底狙ってました

2回目の放流で青が何本放流されたでしょう、楽しみにして活きアジを投入(6ヒロ)

そうそう今日のアジは少し大きく、動きを抑えるのに苦労して9号錘ながらもシッポをチョン切りましたぞ

それのお陰かいの一番にあ・た・り ワラサが釣れましたが大きかったです

続いてもう1匹青物がかかりましたがどだいにも重たく上がってきません 皆さんにはご迷惑をかけましたが、結局はスレ掛かり 胸ヒレの前に針がささってました、本当に重たかったです

これで少し疲れてしまうし今日は青が3本も釣れましたから、後は真鯛が少ないので釣りたかったので小物狙いです。

ヤマトさんが底で当ると言われるので思い切って棚を下げました。7ヒロまで落としてシラサで狙いますとガシラが何匹きたでしょう・・・・最終的には5匹釣れてましたな

あと真鯛も底近く(少し上げて)できましたが、この日は角での当たりを出すことはできませず、どちらかと言うと「真ん中寄りの底」ということになりましたね

この日の皆の釣果ですが、ハタマスが2匹(東北の角と南西の角の浅め、エサはマムシに青虫)、シマアジが2匹(底でシラさ)、青物は全部で8本かな? 久木さんも2本釣られ満足のご様子でした。

奈良の若者等は少し控えめですが、二人合わせて10匹はいったと思います。橿原からのお出かけだそうですが、時々傳八屋さんHPに乗っている自動車会社の同僚(T)らしいですが、礼儀正しくおとなしい好青年たちで又の再会をお約束しましたな

真鯛はヤマトさんが10匹だったっけ? 多くは西南側でした。

イサキは東北の角でだけ当ってましたな、ガシラは角でもきましたが真ん中底でも多く上がりました。

まぁこの日は終始当たりがでて退屈な時間は少なくて済みました。また、3号イカダでもマッキーさんらが貸切で沢山の釣果があがってましたな、「エサがええもん」 とのたもうていましたぞ 

いやぁ釣りって楽しいですな、お魚は美味しいですな

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

11/9 傳八屋さん釣行の巻

と き:2009/11/09(月)07:00~14:00   2009#47

ところ:三重県南伊勢町迫間浦 釣堀 傳八屋さん 2号小イカダ 6人乗り合いで北側 

気 象:曇りのち晴れ(暑い) 潮 目:小潮  満潮11:12 干潮04:13 の上げ型

好人釣果:カンパチ1、ワラサ2、石垣鯛1、シマアジ1、真鯛5匹、ガシラ5、イサキ1の16匹と魚種も豊富で大満足

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

|

« 明日はD8さんへ | トップページ | 讃岐うどん »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

校長 絶好調。違うか。 菊井さんもメールいただき 沢山釣った様子で、2号筏は 競争きびしかったんでしょうねえ。 青も連続で3匹? 来週の大会も頑張ってねえー。 

投稿: TAKE ちゃん | 2009年11月10日 (火) 21時57分

好人さん、沢山釣れてよかったですね~
15日もこの調子で爆釣期待してますよん。
包丁研いどきますんで・・(笑)

投稿: イケチャン | 2009年11月11日 (水) 21時18分

青物三本も釣れて羨ましい。
鰤の放流が始まったら、傳八屋さんにも釣行します。
またよろしく

投稿: コンちゃん | 2009年11月12日 (木) 18時56分

ぎょうさん釣れましたなあ。よろしいなあ!

投稿: Jacky | 2009年11月12日 (木) 20時54分

これはこれは、みなさんいらはりまっせ!

お喋りができ楽しく釣りができていたので、退屈しなったんだとも思います

それでも真鯛は5匹でっせ ここ暫くの悩みになってますな、真鯛の少なさ
まぁ何でも釣れれば嬉しいんですけどね

15日は釣り大会でして、釣り時間も短くていつものごとく上位入賞は難しく、よい景品が当ればとの思いです。

投稿: 釣魚 好人 | 2009年11月13日 (金) 11時01分

先日は楽しい一時をありがとうございました    僕はいつも乗り合い派です。知らない方といつもお話させていただいて楽しく釣りをさせていただいてます。そして釣りだけじゃなくいろんなことを皆さんから教わってまーす。
また15日よろしくお願いします

投稿: ヤマト | 2009年11月13日 (金) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11/9 乗り合いで傳八屋さんへ:

« 明日はD8さんへ | トップページ | 讃岐うどん »