« 明日は紀州さん | トップページ | 心配なこと »

2009年8月 2日 (日)

7/30釣堀紀州さん

和歌山 釣堀紀州さん釣行

と き:2009/7/30(木)08:00~13:00   2009#31

ところ:和歌山県有田郡広川町唐尾 海上釣堀「紀州」さん A大イカダ 西南 10人乗り

気 象:晴れ    潮 目:小潮  満潮15:02 干潮06:59 のずっとの上げ型

好人釣果:真鯛6、シマアジ4、ハマチ2、カンパチ1の13匹と快釣りかな

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

7/30は雨によるドタキャンもなく? モックンと2人で紀州さんまでドライブ&釣りに行ってきました┐(´д`)┌ヤレヤレ

しかし、出かけた直後からが降りだしましたねぇ

関から上野までまぁまぁの降りで心配しましたが、名阪を進むにつれて小止みになっていき、現地へ着く頃には良い空模様になっていきました。

現地着05:58頃、やっぱりK村さんはエサのアジ釣りをしてござった;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

当初、紀州さんの休業日開けの29日にと思ったのですが生憎満員で、丁度好人の公休日の30日になった経緯があります。

最初はK村さんと2人だけだったのですが、声かけしてみたらモックンが行ってみようかとなり、押し切ってご一緒することになりました

日が近づいてくるにつれ、マッキーさんも行かれるが単独釣行との話がK村さんから伝わりました。

都合4人が集います

エサの販売が06:30頃から始まり、今日はシラサ1杯にカニ10匹、カツオ2匹入りに魚かしエビ団子の素(黄)を買いました(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

家からは生ミック、キビナゴ、黄アマエビ、黄ササミその他多数を持参するも・・・・ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

さて受付するときに、2人づつにイカダを分けてくれないかと頼みましたが却下

07:15過ぎに出船

イカダに渡り、結局この日は4人組みとしてAの大イカダに割り振られました

Aの大イカダに10人の相乗りだそうでしたが、CにE・Fなどは貸切り、Dは空きイカダとなりました

好人が抽選棒を引き見事に一番クジを引き当てました、超ラッキー

ところが組で横並びには入らずに皆が思い思いの場所に入りまちゅヽ(*≧ε≦*)φ

これは、釣り慣れたもの同士の食い合いを無くす方策でもありますが・・・・

結局好人は西南を選び2人並び。マッキーさんは南中へクーラーを降ろします。K村さんは東中に陣取り、モックンはK村さんの言われるまま北東に入り、4人が1辺にいる布陣となりました

ところが5番クジの人が好人とマッキーさんの間(南西で右隣)に割って入ってきまちた

困った困ったちゃんですが10人乗りですから、1辺3人のところも2箇所できるわけで止むを得ません

釣り準備と活きアジ買いで開始を待ちます

好人はこの間、3本の竿を用意しました

小物専用2号2.7m(浮き釣り)、青物兼用3号3.9m(浮き・ズボ兼)、ほかに小物用2号3.9m(探り用)を用意し、エサは生ミックとえび団子の素を主力に配置したのでした

08:00~:合図とともに一斉に釣り開始です

開始前に鯛の放流(1回目)はありました

生ミックのエサ、棚5.5ヒロ、竿2本先への第一投

すぐに当たりがあり、幸先よくシ・マ・ア・ジちゃんがきてくれまちた~

南西(右隣)に入られた方にもシマアジが・・・・うう

続いて好人には真鯛ちゃんが・・・・開始後5~7分ぐらいまででしょうか?、出足は好調です

しかしこの2匹で当たりが少しの間途絶えました

棚を深くしたり、狙い場所を変えてみたりとちまちたがしばし音沙汰なく・・・

07:30頃にはシマアジの放流があったでしょうか

その頃から当たり復活、まず南西の方にシマアジが釣れだします・・・・棚は??

棚の深さの探りを入れつつ、当方もいろいろチャレンジして3匹まで伸ばせましたが、南西の方は6匹釣っていられたでしょうか

そうこうしているとマッキーさんの竿下にシマアジの群れが見えると言いだしました

西側からは海面下が見にくいのでよくわかりませんが・・・・

南西の方の竿に注意しながら真中付近を狙うと、またシマアジが釣れました

西南の角で真鯛が1匹・・・・少し浅いです∑(=゚ω゚=;)

ヒートアップする隣のCイカダとは違い、我がAイカダは活性が低いです

がその中にあって、南半分の人たちにはそれなりに当りはきています

北側のモックンには焦りが・・・・

東側のK村さんにも青の当たりは出ません・・・・ が、鯛で遊んではリましたな

前半戦は鯛3・シマアジ3だったでしょうか?

後半はハマチの放流からです、狙わない手はありません

活きアジのエサにすぐ反応あり、幸先良く1匹ゲット

K村さんがカンパチを上げている間に追い食いさせてもう1匹

追い食いは本当はいけないのですが・・・人が青を釣っている間竿を上げて待っているのですが、活きアジなので海面下1mの所に留め置いていたら、浮き上がってきたハマチが喰ってきた・・・というわけで、南西の方にも見られており、パクッと食ったなぁ羨ましい!?と言われちゃいました

全体で何本あがったでしょうか一旦落ち着きました

そのあと直ぐにカンパチの放流がりましたが、何本入ったかまでは見ていませんでした

K村さんが都合2本、モックンも1匹上げてこの分は満足でしたでしょう

当たりが収まっていたので角を狙おうと、シラサを房かけして7mぐらい?に入れていた竿先が引っ張られるのに気がつきました(浮きの棚より浅くして)

鯛だろうと思いつつ3回目の押さえ込みでシャクリをいれましたらすごい引きですヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

多分シマアジだろうと(浅いところでそのように見えました)思い、「シマアジですは」いいながら引きに耐えていましたがどうも様子が変??

北西の角まで走るので、一応の「青コール」をかけてしのぎます

2号の小物竿ですので無理も出来ず、ぐあんばって徐々にあげてきたら“カンパチ”です

ポイントも上がるのでバラス分けに行かず、時間をかけて迷惑様でしたがなんとかゲットできやした。うれぴーですな

その後は青が静まりましたので、小物狙いに戻りましての角と竿下狙いです

丁度また南西のコーナー付近に真鯛が戻って?きたらしく当たりが出始めました

5.5ヒロで当たりがきます

モックンがきたいと言うので南西の方の許可をもらうように言い、入れてもらいました

だいぶ頑張ってましたが釣れずに帰っていきまちたが・・・・・

好人はこの間、都合2匹?の真鯛を追加しつつ機嫌よく遊ばせてもらいました

記念撮影用にスカリを預けてからも真鯛1、シマアジ1を追加できまして、これも写真撮りに間に合いました

教訓)

今日は一番クジとなり運良く場所選択に優位性できたこと

7/1の時の潮と同じ位であり、その時は大荒れの天気なれども、その時に釣れていた方角に釣り座が構えられたこと(イカダは違います)

棚はいろいろ探りましたが、やはり探るべきであり、かつ時間での違いを感じること

エサは団子とシラサが当りました

他のエサは使わずにて、いつも無駄をだします(南西のかたは生ミックと赤玉のみにてシマアジ・鯛は釣っていた)。これからはもっと絞ります

マッキーさんのエビ団子の素は強力なエサです、この近くに竿出しができたことも喜びの一因でしょうヽ(*≧ε≦*)φ

*釣りって本当に楽しいですね・・・魚って本当に美味しいですね

|

« 明日は紀州さん | トップページ | 心配なこと »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

いいなぁ沢山釣れて
釣果写真のカンパチとシマアジ、とっても美味しそうでした。

「棚はいろいろ探りましたが、やはり探るべきであり、かつ時間での違いを感じること」
なるほどねぇ・・、でもこれが毎回よくわかんないんだよなぁ・・・

投稿: イケチャン | 2009年8月 3日 (月) 07時48分

竿を変えたり(浮き釣りの宿命で・・・)、エサを変えたり、ハリスを変えたり、投入場所を変えたり、棚は3m~9mの間で変えて見ました。

基本の棚は持っていますから、8割がたはその棚で遊んでいます。

投稿: 釣魚 好人 | 2009年8月 3日 (月) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7/30釣堀紀州さん:

« 明日は紀州さん | トップページ | 心配なこと »