« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月29日 (水)

明日は紀州さん

さあ、明日は和歌山は広川の紀州さん行きだ

1日に行ったときにはまずまず釣れた(大会としては敗退したが・・・・)

ここ暫く三重の釣堀では成果が上がっていないので、できれば10匹釣りたい

珍しくもモックンが同行することになってはいる

が、昨日の電話では危ない・・・・・??

雨が降ったら高速運転が怖い(津までだよ)のでドタキャンだという

K村さんや好人を見習いなさい 歳をとってもとても元気だよ

“年寄りの冷や水” という陰口もあるんだろうが・・・・・

まぁ楽しんでこよう

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

7/23ニコニコ釣果

傳八屋ニコニコデー

と き:2009/7/23(木)06:30~13:30   2009#30

ところ:三重県南伊勢町迫間浦 海上釣堀「傳八屋」さん 10号小イカダ 東南 5人乗り

気 象:曇り 雨なく快適

潮 目:大潮  満潮06:12 干潮12:55 の下げ型

好人釣果:真鯛4、シマアジ1、ガシラ2匹の7匹と思い通りにいかず

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この週に釣行予定はなかったんです

ところが、22日の朝、なにげなしに「明日は休みやでな・・・」 っと嫁さんに言ったんです

帰ってきた言葉が

「明日は釣りに行かんの? 安い日やろし、土曜日に行かれるよりええから行って来たら・・・」

と、のたもう!?  こんなことは始めてである・・・・

ということで昼前には傳八屋さんに電話を入れた

当日、もちろん1人釣行である

久しぶりのニコニコデー、そう魚の放流は無いがその分釣り料金が半額の日である

いつもの顔見知りは少なかったが、それでもお話はたくさんとできた

顔なじみの四日市の次郎ちゃんもいたが・・・・イカダの話をしたら嫌がっていた

実は今日のイカダなのだが、なんとはなしに八角形なら混まないだろうとの予測からと、サビキでアジを釣りたかったので、外に竿を出しやすい10号(八角形)イカダにして? と大将に頼んでいたのであった

これは失敗の始まりだったようだが・・・・

お願いどおり10号にしていただき、そうしたら乗り合わせに滋賀の4人さん

1人は顔なじみの菊井さんであり、話も弾むなと思ったのだが・・・・

外出し竿の関係で東側に入ったのだが、これも失敗だったなぁ・・・・

5.5ヒロ生ミックでの第一投。

すぐさま居残りの真鯛をゲット 横の方にも真鯛がきた~

2匹目も直ぐにきた~

が、そのあとし~~ん!? 

その後に西側に入ったひとによく引く当たりでシマアジがゲットされた

続いて同じ人にシマアジ・・・・どうも魚の居場所が変わってしまった??

東北の菊井さんはイサキにガシラと小物に遊んでもらっている

段々東南側での当たりがなくなり、潮の加減か根がかりばかりするようになる

左の人は早々と空いていた西北に変わっていった・・・・これが正解

あまり釣れないのでお外の準備

1本針の竿とサビキ竿の2本を南側に出してはみた

今日は小さなイワシ(キビナゴクラス)が2匹きただけ・・・・お外も最後までだめだった

10号では南西位置の滋賀の方も、アミエビサビキをされていたが全くだめ

ただ、11号(大イカダ)貸切のこちらも滋賀軍団の方に海タナゴなどが釣れてはいましたな

さて、あたり場所が変わって?いった10号ですが東北の菊井さんと西側のお2人に当たりが集中しだしました

鯛、シマアジ、ガシラなどが当っています

どうも南側半分に魚がいなくなってしまったような?????

ところが、棚変更しようと思い道糸を手繰っているうちに・・?? 

根がかりとも思えたのですが、再度手繰りよせると魚の反応が・・・・

どうも網から離れた拍子にシマアジが喰ってくれたみたいです・・・ラッキー

菊井さんよりに浮きを入れてゲットできたのがガシラ2匹と真鯛1匹

真中深めで真鯛が1匹

5月だったか? かずこは~んに石鯛を2匹も横取りされながらもまぁまぁ数が稼げた日の再来にはならなかった・・・あの日は放流日でもあったし

そうそう、この日は遅がけにカンパチ、ワラサの2匹がきただけで青も活性が低かった

残念ながらこの青も好人の釣果にあらず・・・・

青物が釣れない好人でした

次回は30日の紀州さんですな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

楽しい一夜

先日はおうみ楽釣会とK村さんと一緒に釣る会との連釣り

当然?現地お泊りとなったのだが

予約段階でニュー浜口屋さんのおかみさんに「また泊ってくれるの?この前泊ったばっかやし・・・」と言われてしまった

常連のよしじいさんご夫婦と違い、そんなに泊ってはいないのだがたまたまである

今回のお泊り組は

釣りしてお泊りして釣りする組が、がK村さんに好人とロードさんにイモチャンの4人

泊って19日釣り組が赤ちゃまにjackyさん、それによしじいさんご夫婦の4人

都合8名での宴会となった

さて、18日の楽釣会では好人にK村さんとも大して釣れなかった

好人は一応ツ抜けはしたものの真鯛1匹、シマアジ1匹、イサキ(小)5匹にガシラ5匹の内容であり、K村さんも真鯛4にガシラ1だったかな

青物がいない

それでもイモチャンから石垣鯛とキジハタもだったかな?の提供を受け、全てをおかみさんに供出した

交通渋滞で赤ちゃまとよしじいさん等の到着遅れもあり

K村さん、ロードさん、イモチャンは延長釣りしていたことなどもあり旅館到着は遅くなった

なので“ゼロ次会”はささやかなものになった(前回は相当飲んだが・・・・)

期待の食事時間には

シマアジ・イシガキ・キジハタに真鯛の刺身盛り

さらにガシラの甘煮つけ、イサキの塩焼きとてんこ盛り

ビールで乾杯

キジハタはうまかったしイシガキもいつもながらにうまかった

真鯛にシマアジも最高でしたな お刺身は美味しい

美味しいものをいただきながら話も弾んでいた

いやぁ楽しい時間でした

(盛り付け写真などはjackyさん釣行記を参照くださいな)

美味しいものが一杯で、付いていたすき焼きなどお返ししちゃったほど

| | コメント (3) | トラックバック (0)

釣堀チャンピオン「K村さん」と一緒に釣る会

“釣堀チャンピオン「K村さん」と一緒に釣る会”

と き:2009/7/19(日)06:30~13:30   2009#29

ところ:三重県南伊勢町礫浦 海上釣堀「辨屋」さん 11号小イカダ 東北 9人乗り

気 象:曇り 雨なく快適

潮 目:中潮  満潮02:19 干潮09:43 の凹型

好人釣果:真鯛4、シマアジ1の5匹でぼすにゃん杯同様沈みました

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

5月28日の釣堀チャンピオン大会決勝において、見事優勝された「K村さん」の祝賀釣り会が開催でき、23名もの参加者が集まってくださった

当方例のごとくお手伝い

釣りだけでなく少々BBQもしたいと、皆さんには適当に段取りを手分けしておいた

天気は曇りで適度に風もありよろしい雰囲気

さてイカダなどは6月の予約の段階で、皆が行き来できるよう9・10・11号を抑えておいた

その後当日まで詰めてはなかったが、無事3イカダが借りられた

なお、イカダへの割り振りは幹事の特権として事前に作成し、参加者名簿として各人に配布した

ただ、各イカダの釣り座決定についてはイカダリーダーにお任せとした

好人は前日に引き続いての連釣りである

昨日は小物ばかりでツ抜け 今日もとおもってはいたが・・・・・

好人のイカダは11号 ジャンケンの結果(負け組)で東北に 澤ちゃんが東南に

他の相乗りは、北のテント側にsasapuuさん北東、さちさん北西、西側のしんさん西北、万年...さん西南、南側にcdw26930ご兄弟と相成った(時計の逆周りで書いてみた)

そうそう主賓のK村さんは10号イカダでした

さて、みんなの準備をまってから、好人の笛の合図で6時半一斉スタート!!

11号ではし~~ん 9号ではおおはしゃぎ というか活性がでている 大きな違いじゃった

そのうちに真鯛が釣れてくれましたが、その後もし~~ん どないもならん状態でしたな

期待の1回目の放流後も活性は上がりません

それでも、放流された2匹のシマアジのうちの1匹が好人にきてくれました

3匹目の真鯛をゲットしたあと、またし~ん どうにも当たりがだせません

2回目の青物放流に期待したのですが、こちらも当てが外れまちた

誰よりも早く喰わせられそうになったのですが・・・・??

3回もの当たりらしきを外してしまい、ジ・エンド

その後鯛を1匹ゲットして、それこそ一日がおしまいどした

この日も釣り以外のお楽しみと言うことで、BBQの用意をしていきました

皆さんにもビールや具材の持ち寄りをお願いしておきましたが、火の当番を赤ちゃまに押し付けてちまい、申し訳ありませんでちた、感謝です

今回は本物の炭を持参しましたので、火おこしがたいへんだったみたい

沢山の具材がありながら、定番のししゃもに丸干し系や串し物が人気だったみたい

ただ、大勢の参加者の割にはBBQに関心あるひと少なく、やはり釣りが大事なんだろうなと思った次第・・・・

太郎さん提供の大スイカも甘味が強く大変美味しかったです

K村さんからは最後にひおうぎ貝(あっぱ貝)とサザエのお土産もいただき感謝です

ご参加の皆さんに感謝・感謝です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

おうみ楽釣会

18日も19日も釣りでした

18日は、ロードさんの“おうみ楽釣会”に混ぜてもらっての傳八屋さん

12号13号の小イカダ

で好人は12号の西南へイモチャンが西北と並びで入りました

北側1辺にはお初の横山さんご夫婦が、東側は若い井上さんご夫婦?(ではないそうな)が、こちらは2回目かな?

南側には和尚さんと成年のお2人、で都合9人

ロードさんにK村さんや馴染みの先生らは13号でした

さて生簀ではグレとシマアジが悠々と泳いでいるのが確認できてます

第一投めから真鯛があがり気をよくしたのでしたが、その後はさっぱり・・・・・??

放流前後だったかの記憶が定かではないのですが、井上の旦さんがシマアジをふかせ釣りの要領でゲットしはじめました

好人も棚とリ竿でシマアジを狙いますが喰ってはくれず、あざ笑うように泳ぎ回っています

そこで、グレなど浅棚専用竿(0.5錘仕様)を用意して狙ってみることに・・・・

錘が軽いのでオキアミのエサで、ふかせの要領で狙うと一発!!

こんなにうまくいくとはおもいませんでしたが、いいサイズが喰ってくれました

ただ、その後がいけやせん・・・・・シマアジも鯛も魚が喰ってはくれまへん!?

ところが救いの神現る!?

放流直後からはイサキちゃんがまぁまぁ来てくれました・・・都合5匹!

今回は大変小さめですが、釣れないよりは・・・・

また、ガシラも時々釣れてきては皆を楽しませてくれました

好人はこちらも都合5匹

両方ともその晩の浜口屋さんに持ちこみまちて

イサキは塩焼きで、ガシラは甘煮で美味しくいただきました

これ以外の当たりはありませんでしたなぁ・・・・・・(#゚Д゚)y-~~イライラ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

さあ出かけよう!

今日は朝方に雷とともに降った雨のおかげで、昨日一昨日の暑さが和らいだ

夕方になりまた雨が降り出している

明日は止むのかな?

今日は早帰りして明日の用意をしなくては・・・・

明日は“おうみ楽釣会”さんに混ぜてもらって傳八屋さんでの釣り

その後は、“ニュー浜口屋さん”でのお泊りとなる

そして明後日は“K村さんと釣る会”にて辨屋さんでの釣り

主役のK村さんいれて23名もが集っていただく

涼しいほうがいいなぁ、あんまり暑いのはどうもなぁ・・・・・

さあ二日間釣り呆けだぁ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

お暑うございます

昨日今日と特に暑さを感じます

昨日は今日と変更してお休みしてましたが、3時過ぎまで動く気力なし

夕方ようやく釣りの道具のある倉庫まで・・・・

前回折れた買いだめ品ながらも新品のリール・・・・(竿止めアームが折れた)

3号竿にまた新しい3500番のリールに付け替えを行なった(これも買いだめ品の安物リール)、これには5号糸が・・・・

ビールを2本飲みながら作業していたら時間が来てしまい

やろうと思っていたことの1/3しか事が運ばなかった

一応これで18・19の連釣りの釣りの準備は整えた

あとは夜の部のつまみと、昼の分のBBQの準備だ

休みがないが今日と明日中になんとかしないと・・・・・

荷物が多くなりそう・・・!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

讃岐うどんと金刀比羅宮参り

11日の土曜日、四国まで讃岐うどんを食べに行ってきました

会社の小父さん3人連れでのドライブ兼讃岐うどん&金刀比羅さん詣で&高速料金1,000円実感の旅でした。

呼びかけ人は好人

以前から高速道路1000円の旅を実感してみたいというのがあったのですが、家族にも相手にされなくて、気のある連中に恵まれずにいました

たまたま今回は、作業予定的にも土日がポッカリと空いていたのも幸い、安価な経費で行けることをPRしただの、若い社長が乗ってくれたりだの、空気がよかったなぁ

50前後の2人に60前半の小父さん同士3人の旅、ましてや車はハイエース!? そう会社の車を使う予定ですので、派手さや若々しさはゼロ

でも、まぁいいよね 楽しければ・・・・

そんなわけで11日は朝6時亀山集合&発予定で行動開始

菰野・鈴鹿・津市からの集合にて亀山店の従業員駐車場で待ち合わせ

1号線→亀山IC丁度06:01→亀山Jctから新名神→草津Jctから名神へ、ここまでは朝も早いせいか順調そのもの、追い越していく車のナンバーは名古屋や東京近郊と地元の車はまだでていない

しかし中部圏は分かるが関東圏の車など何時頃に出てくるのだろう??

吹田Jctから中国道に入ります→千里IC当たりから道が混みだしまして、いわゆる渋滞

止るわけではないが数珠繋ぎ状態で、これが宝塚の先まで続きましたか、西宮名塩SAあたりで混雑はなくなりましたか、この間随分時間をロスしています

一旦西宮名塩SAで休憩(08:20頃)し朝食を軽くとりました(うどんを考え・・)

ここで運転手交代

神戸Jctから山陽道へ入ります→三木Jctでは淡路島方面に曲がらず岡山方面にひた走ります→加古川・姫路・竜野・相生を抜け、赤穂市を越えて兵庫に別れを告げ岡山県に

岡山県内の山陽道を突っ走り岡山Jct→倉敷Jctから瀬戸中央自動車道に入ります。

倉敷市内の粒江PAでトイレ休憩し、好人の運転にかわりました

珍しいことに、このPAで三重ナンバーの車に遭遇・・・どうもお葬式に出るみたい?

鷲羽山を越えだすと大橋が目に入ってきます。

好人には2回目、あとの2人には初めての瀬戸大橋にて興味津々

与島SAでしばし休憩、車はそこそこ停まっています

瀬戸大橋の全貌が眺められます(この頃で09:40ぐらいか?)

展望台で記念撮影(携帯カメラですよ)もし、通過の列車も上下見てカメラに(遠すぎか?)

いよいよ北備讃瀬戸大橋を渡り、四国に入ります

瀬戸中央自動車道をもう少し走りまして丸亀市内は坂出ICを降ります

さぁ、目指すは讃岐うどんの1店目“なかむらうどん店”へ向かいます

ここは丸亀市内にあり、金毘羅さんに向かいながらも途中から土器川の堤防を走ります

ナビが教える通りに車を進めますとありました!?

看板もなにもないのですが、いや鯉のぼりが目印かな? 左土手の下にあるみたいでガードマンが誘導してます

堤防上の空きスペースが1台分丁度あり店向きに駐車

車を降りて眼下の店を見てビックラ 大勢の行列です。店からはみ出した人は、ゆうに40名はみえるでしょうか?

ここで引き返すわけにもいかず、並んで待つことに・・・この時間が10:30頃

並んで待つのですがなかなか進みませんねぇ??

雨がなかったので良しですが、雨の時はどうするんでしょうな??

30分~40分は待ちましたでしょうか? いよいよ中に入りますが注文の仕方など分かりませんので、探りをいれます

また、丁度麺が切れたみたいで我々3人の前で暫し待ち時間ができました

麺は温かいのと冷やしの二通り、玉が1つ(小)か2つ(大)の2種類、あとは卵希望(50円)と天ぷら各種が100円

薬味のオロシや生姜はお好みでお客が擂ります。ネギは刻んでありお好みで入れますがここらは無料でしたね

やっと麺茹でが完了し、好人は温かい小に卵で「釜玉うどん」で200円、これにかき揚げをつけても300円でした

釜玉うどんは大変美味しゅうございあした、かき揚げはいらなかったかも?

このあとのうどん巡りを考えて1玉の小にしましたが、1玉では少々物足りないでしょう・・・と思う

腰のある麺、だしの味もよく本当に美味しかったです

ただ、どうしてあんなに待たなくてはいけないのか疑問はとけませんでした

「なかむらうどん」さん、るるぶにも載っていた有名店でやはり待ち時間はかかり、結局1時間少々かかってしまいましたね

次に向かったのが「山越うどん」さん

丁度12時15分頃になってしまいましたが超ビックラ!? 

なかむらうどんさんの比ではなく大勢の人・人・人ですわ! 

まずお客さんの数からして違う!? 家の周りをぐるっと取り囲んでいる!?

駐車場は何箇所も、ガードマンは10人近くも・・・・

前を走っていた神戸ナンバーの観光バス(小型)も駐車場に入りたそう!?!?!?

余りの驚きにここはスルー、待つ気にはなりませんどしたが開店前には並ばないといけないでしょう!?

金毘羅さんまでにもう一軒、腹も満腹ではないので・・・・・

そこで向かったのが「やまうちうどん」さん

ナビ検索したら山越うどんさんを通り越したまま案内開始

着いたところが山の中の一軒家!? こんなところに!? と思う場所にありました

比較的お客様も少なく、少しの待ち時間で済みましたが店内では席が足りずに外で食べることに・・・・

決して綺麗ではないやまうちうどんさん、ここでたのんだのが釜あげ小に天ぷら で300円 

それでも腰があり歯ごたえよく、やまうちうどんさんも美味しゅうございあした(ここもるるぶにでています)

さぁ、腹ごしらえができたところで「金刀比羅宮」参拝にに向かいます

本宮まで785段?もあるご存知?石段の宮さん

ところが普段から山登りで鍛えている社長にジム通いの小父さんらは意気軒昂

ひょいひょいと駆け上がっていく・・・・・

くそーと思いながらも好人めの足は、膝が笑い、ふくらはぎがぱんぱんになってくる

それでも気力無くすことなく本宮まで上がりました

お参り後は携帯での記念写真など・・・幸せの黄色いお守りを3人とも買いました

奥の社までは行く人誰もおらず、すぐさま下段

降り切った所で食べたかき氷が最高に美味しかったです!

止めた駐車場付帯のお店でお土産も買いました

それでもう一軒うどんやさんを回ろうかと提案しますと「ノン!?」

そんなに膨らんだお腹ではないのですが、金毘羅さんの階段上り下りのせいか受け付けなくなってました

そこで次の案内地へ向かいます

そこは高松市内の“栗林公園” 国の特別名勝に指定されてますが付き添いの?二人にはあんまり好評ではなかったみたいな感じ

それというのも庭園を1時間近く歩くのですから・・・・金毘羅さんでのタフな2人もわざわざまた歩かなくてもという感じだったかな?

時刻はゆうに5時を回っていたでしょうか・・・・最後の屋島周遊に向かいますが、ナビが周遊道路ではなく山頂に向かう有料ドライブコースを案内してしまいました

ぐるっと回って帰路につこうと考えていたのですが、近くなのに変なところを教えたのでこのまま帰ることに・・・・

さぬき三木ICから高松自動車道へ乗り、帰りは淡路鳴門ラインへ

瀬戸内海を眺めながら走り鳴門市から鳴門海峡へ、四国とのお別れです

大鳴門橋下の有名な「うずしお」は、残念ながらこの日は潮の加減(時間的)悪く見れませんでした

広い淡路島の神戸淡路鳴門自動車道を突っ走ります

暗くなってきた頃、北淡あたりというでしょうか淡路SAで夕食をとりました

もううどんは要らないそうで、3人とも「せとうちどんぶり」?の天ぷらゴハンモノでした

ライトアップされた明石海峡大橋を渡り、神戸市のハズレを通って三木Jctから山陽道へ

ここから往きと同じ道を逆さ帰りで帰ってまいりました

総走行距離は測ってませんが、計画段階で四日市から金毘羅さんまでは360kmでしたから、いろいろ走って2.5倍の900km弱でしょうか?

肝心の高速料金ですが、朝坂出ICで降りたところで3,400円、帰りは、四国内で1,000円に最終亀山IC出口で2,100円の表示がされました。

合わせて6,500円となりましたが3人割で約2,200円、ガソリンは途中5,000円分のセルフで追加で入れましたが合わせて12,000ぐらいでしょうか?

それにしても面白いと言うかなんちゅうか、うどんは1軒300円、2軒合わせても600円だけなんですね・・・・・わざわざ喰いに行く価値があったのか?と問われると・・・・・

これも話の種なんですよ、でも、味は美味しく腰のある麺どした

今度は高速環状線乗り放題とかにも出かけたいですし、観光地めぐりとして

①若狭~舞鶴~天の橋立~伊根方面巡り

②白川郷~高山巡り

③草津温泉巡り

④日光・鬼怒川巡り

⑤大町~黒部ダム

⑥宇奈月温泉~欅平観光

⑦北陸周り

などなど、遊ぶところはありますねぇ、ご一緒いただける方はいないかな????

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

7/4(土)ぼすにゃん杯in辨屋

7/4(土)2009ぼすにゃん杯HP対抗戦in辨屋さん

と き:2009/7/4(土)06:30~12:00   2009#27

ところ:三重県南伊勢町礫浦 海上釣堀「辨屋」さん 6号小イカダ 北西 9人乗り

気 象:曇り時々晴れ 雨なく快適

潮 目:中潮  満潮02:51 干潮10:02 の下げ型

好人釣果:真鯛4、イシダイ1の5匹で仲間の足を引っ張りました

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

何回目かの“ぼすにゃん杯” 4月頃案内がきてから日にちがたったが、無事48名もの大勢の参加者を得て開催された

この“ぼすにゃん杯”はHPチームごとの対抗戦となっており、負けたチームには非情な?    いや人によっては嬉しい?罰ゲームが予定されている

好人にとってはくわばらくわばら・・・・なのだが

今回、ぼす姐さんからお手伝いを頼まれまして、参加者表・受付表・イカダ割り表・釣果表・釣果一覧表などと一生懸命作っていったのですが、お役に立てたのはほんの一部にて、寂しゅうございあした

主催者ではないため事前の打ち合わせが必要との思いを強くいたしやしたが、大勢の参加者にリーダークラスが多いためいたしかたのないところかも・・・?

「ぼすにゃん杯」 今年は2年ぶりじゃったろうか?

参加チームも沢山で、ベテラン揃いの「ぶらっと釣りある記チーム」、「よしじいの部屋チーム」、「釣り堀ファン倶楽部チーム」、「大漁!!大漁??チーム」、「いつもふたりは絶好釣チーム」、「イケチャンの今日こそ爆釣だー!?チーム」の各6チームに我が「jackyの本日釣曜日!チーム」が2組?、合計では8チームと相当数の参加であり、久しぶりに電脳爆釣団として賑わった

使用イカダは4(大)・5(小)・6(小)・7(小)・8(小)の5イカダであり、小イカダで9名配分、大イカダで12名となった

各チームからは3名が1組となり、2組づつ別れて他のチームの方と呉越同舟となった

この割り振りは、ぼすにゃん杯準備応援の好人の独断と偏見、いや公正なる目で持って行なったものであ~る

さて肝心の好人めの釣果であるが、これがはやなんとも・・・・・

参加受付順に割り振っていったら、好人はロードさん、吉山さんとの3人で6号小イカダとなったが、これが大ハズレ

好人の釣り座は北東、左側の東北にmatsunnさん、右が同組のロードさん、他には東南にタダチューさん、南東にWさんに谷川さんに博子姫、西南に吉山さん、西北に竹内さんの9人である

用意ドンで始まった最初のうちこそ当たりがでて、3回スカッ!?(近頃多いなぁ)のあと浮きが入り真鯛ちゃんをゲット

続けて生ミックのエサで真鯛ちゃん

しかし我々6号イカダではこの程度のあ・た・り

隣の7号ではすごい青物?フィーバーに沸いている

カトキチさんに太郎さん、トーマスさんまでギャーギャーワイワイは7号だけ???

我が仲間の赤ちゃまは好調のようだが・・・・しんさんにコンちゃんは朝は静かなようだ

6号では放流までにどれほどの魚が上がったろうか??? 寂しい限り・・・。

放流前か後か記憶が定かではないが、北東角でmatsunnさんが石鯛をあげられた

これを狙わない手はなく、青虫をつけて狙ってみたら見事に喰った!

石鯛ゲッチュウ!!

ここでロードさんが横槍りというか竿を通り越して攻めてくる・・・・同組とはいえ大会であるのでダメだしをするも、聞かずに石鯛を横取りしていった

4号や5号それに6号はどうも低調なるイカダだったようだ

特に6号はひどかなかったか???

鯛の放流後も、青物の放流後も大して活性は上がらなかったように思う

好人はあと真中狙いで鯛ちゃんが1匹

だらけた中盤に西南角へ竿出し(BBQでほったらかし)に鯛ちゃんがきてくれただけ

折角買っていった金魚にも子アユにも、奮発したアジにもハマチすらきてくれなかったなぁ

途中からは持参したBBQ(小型少人数用)で楽しんでいたが、焼酎を忘れていき悪いことをしまちたなぁ

また、イカダに橋渡しがなく、足の長い人しかイカダを渡れなかったのも響きましたな

6号と7号、それに8号の少ない人数で楽しんでましたが、食材をご提供いただいた方々には感謝、感謝

11時頃から釣りはそっちのけでしたな、うん!?

12時に大会集計に入り、そのあとも2時まで釣り時間ありましたが好人の釣果は伸びゼロ!?

わずかの釣果に内心罰ゲームがよぎりました? 

6号では好人最悪、吉山さんしかり、ロードさん少々アップ、7号の赤ちゃまは最高なれどしんさん撃沈、コンちゃんは大挽回したみたい!

8号でも澤ちゃんダウン、TAKEちゃんもダウン、K村さんも少々アップ、状態が見えなかった4号イカダでは火消し屋さんが頑張ってくれたみたい、清水さんはベコ?? jackyさんも大してよくなさそう?? (詳しくはjackyさんの釣行記参照ください)

陸に上がって氷をよばれる、最高! もう半分ちょ!?

いよいよ成績の発表

なんと好人にはクラブハリエのバームクーヘンが当る? どうゆう点数評価なのだろうか?

これは最高に美味しゅうございあした

その他全員に何がしかの景品が・・・・ぼすにゃんさんぐあんばりましたねぇ!?

さて、罰ゲーム!? 

覚悟したのですが、なんと「大漁!!大漁??」チームと発表

よかったなぁ!? でもちょっぴり残念の方もいたもよう

でもお化粧をしてもらって出来た面々を見やって「次回ぜひ・・」と思った人がいたろうか?

ぼす姐さんには企画のお礼を申し上げときます。

段々と電脳爆釣団の釣りの機会が少なくなっており、来年もぜひ企画をお願いしたいと思います。お手伝いはお任せあれ~~!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2日間遊びまくり・・・

昨日そして一昨日と遊び三昧

今週末も連荘での釣りだから、これも遊び三昧かな??

詳しくは別で書くとして、一昨日は讃岐うどんと金刀比羅宮参りの旅

片道約360km、うどん→うどん(通過)→うどん→金刀比羅宮→栗林公園→屋島(通過)

で回ってきた

有名うどん店でそれなりにうまかった!

疑問が残ったのが高速料金?

往きが3500円  帰りが1000円+2100円  う~む不可解???

昨日はナゴヤドームで野球観戦

デーゲームであったがドラゴンズの完封勝ち

いやぁ、楽しゅうございあした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

7/1 紀州予選会

7/1(水) 海上釣堀王!決定戦 紀州さん予選会釣行記

と き:2009/7/1(水) 08:00~11:30   2009#26

ところ:和歌山県広川町唐尾 釣堀「紀州」さん C号イカダ 北西&西南 7人乗り

気 象:曇り 一日中暴風(南および南西の風強し)

潮 目:小潮 満潮14:39 干潮07:52 の上げ型だが動きは悪かったかも? 

好人釣果:真鯛8、シマアジ4、ワラサ(ハマチ)1の13匹でしたが、今回も圏外どした

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

サンテレビの40周年記念、ビッグフィッシング“海上釣堀王!決定戦”紀州予選会に出場した

すでに辨屋予選会に出て5位となり、決勝進出へは圏外だったのに性懲りもなく出てきた

結果は多分6位

5位のマッキーさんとは1ポイント差なので、多分それぐらいだろう?

この日は6イカダ。各イカダ8人づつ(大小問わず)の計48人(欠員1?)の出場であったが、多分三重からの出場は好人とマッキーさんの2人だけだった?と思う

開催日の直前「赤ちゃま」が応援に来てくれることになり、3人で出かけた

現地ではK村さんも応援に駆けつけてくれ、青物奮闘の檄をいただいたがむなしく散った

大会は8前半と後半、合せて3時間の釣り

08:10~09:40 が 前半(鯛・シマアジ放流) 10:10~11:40 が 後半(青物放流) である

開会式の後釣り座の抽選にて、前半「C-1」を引き当てる、後半は「C-7」である

はてさてイカダは分かるが釣り座が???

渡船に乗るが海は荒れており、直進では進めない(いや進めていない???) 回りこみながら時間がかかってイカダ到着(船の中でお神酒をいただく・・・

はなく曇りなのだが南の風が相当強い、お陰でイカダが大揺れだ

肝心の釣り座だがC-1は北西の釣り座であった 東北か北東がよいかなと思っていたのだが、まぁいいか

しかし、北側が不運な結果になろうとは・・・・

なお、欠員分がCイカダだったようで、「C-6」、そう好人の真向かいには人がいない(空きスペースとなった)

左隣が北東。ここには野口?さんという何度も顔を合わしている常連さんなので、抽選段階から今日は声かけしていたが、2人ともえらいめに・・・

08:10 いよいよ釣り開始なるも竿下にしか浮きが出せない状態。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

まともに真向かいから暴風が吹きつける、右側からにも回りながら吹き止まない

そんな中釣りしなければいけないのだが、第一投は小物竿で8.5mの棚、エサは生ミックで投入。竿下だが直後に当たりがあり~のもスカッ!? 3回目の当たりで真鯛をゲット

次にも真鯛が来てくれましたので北側でも当たりが出るかな? 予想が当たりかなと思えたのはここまで

野口さんも真鯛1匹から当たりが止まってしまった

開始直後に真鯛の放流もあったのだが????? 蚊帳の外 浮きが手前に流れてくる

釣りずらい

シマアジの放流があってから、西南というか南西の1/4の面で当たりが頻発しだした

1発目のシマアジを皮切りによく釣れだした

北側面および西北面ではまったく当たりが途絶えてしまっている、なんとかしたい

なんとか真中まで浮きを飛ばしたいのだが、1.0号錘では強風に戻されて飛ばせない

それでも西北、西南の人が竿を上げているスキを狙って真中に投入できた時

即さま当たり シマアジさんでした

同じ要領で浮きを飛ばしてシマアジを4匹ゲット とにかく真中付近でないと当たりがでない、時間だけが過ぎていく~(´;ω;`)ウウ・・・

真鯛も1・2匹?追加できましたでしょうか、ここまで生ミックとエビ団子(黄)と団子系オンリー!? 他の皆さんはご同様ながら生ミックばかりだったみたい・・・・

とにかく真中および南側半分でしか当たりがでない状態、風がなければ釣りやすいんですが、よほどうまく放おれないと人の邪魔をしたり、あらぬ方角に飛んでいくなど失敗ばかり

後半はC-7位置であり、現在の竿頭の位置に変わる、なんとかしたい

09:40前半戦終了 真鯛3か4・シマアジ4だったと思う

後半戦は青物主体で狙わねばとの思いで一杯でしたが・・・・

休憩中にアジ5匹を追加で買った。追加というかマッキーさんに三重から子アユを10匹買ってきてもらっていたのだが、ビニールに入れっぱなしで半分は弱っていたので買い足した格好である

K村さんの指示のもと、朝買っておいたカツオを3枚卸しにし小さく切っておくヽ(*≧ε≦*)φ

後半は釣り座の場所移動し、右の隣の隣C-7(西南)の位置となる、そうだ、前半の当たり場所である

青物を2~3匹は釣るか、シマアジをあと3~4枚追加するか、石垣鯛など高得点物を釣らないと入賞は無理だが・・・・

さぁ後半が開始された、みなさん青物狙いである

開始前にハマチが放流されたらしいが見ていない????

当然、青物兼用竿で子アユをつけて8.5mで探ってみるが・・・・反応はない

9m、9.5m・・10mと深くしていっても反応はない

とそのとき野口さんから「青で~す」の声が上がる。ハマチみたいだ・・・・

即、子アユをあきらめカツオの切り身に変更し投入するが、当たりがでるのは他人様ばかり

3人目がかけた頃か、お祭り防止に巻き上げてきた切り身に食いついた ハマチだっ 待望の青が来たー

(本当のハマチサイズ・・・・ツバスより大きいよ、だがワラサほどもない)

しかし、好人にはこれ1匹

野口さんは3本目のハマチを釣り上げていたようだが、どうも放流は7本で釣り上げたのも7本だそうな???

そのうちカンパチが3本?放流があったが、こちらはなかなか喰わなかった。

終了間際に、先日もご一緒した松井さんだかにヒットしたが、あとの2本はどうしたものやら・・・・

C&Dイカダは釣りずらかったし、青物の反応も良くなかった。AやBではよく上がっていたというのに・・・・

赤ちゃまやK村さんの応援や檄をもらいながらも、なかなか青物の食い気が出ないので、嫌気がさしてきてシマアジや鯛さんを狙うことに

時間は半分ぐらい過ぎてしまっていたか???

やはり西南の前には魚がいましたねぇ

真中付近の9m、生ミックおよびエビ団子で次々に当たりがでます

スカッ!?を引きながらも投入ごとに浮きが消しこむんだなぁ、赤ちゃまと顔を見合わせながら「ニッコリ」

4~5匹は釣れたでしょうか しかし、すべて真鯛ちゃん

せめてシマアジがきてくれて・い・た・ら、たら・ればの世界です

後半も半ばから真鯛の引きを釣りを楽しみましたが、狙いの青は1本しかきませんで、松井さんが掛けたカンパチを釣り上げている最中に時間がきてしやいやした

早々に撤収です

結局この日は真鯛が8匹、シマアジ4匹、ハマチ1匹で8点+8点+3点の19点だったと思います、残念!?

表彰の段階になり、マッキーさんは20点で5位でした

その段階で、好人は圏外だとは分かっていましたが得点計算しておらず、どれぐらいかは不明でした

1位が29点、2位が27点、3位が25点、4位が21点、5位が20点となりました

1位の方はカンパチ2とシマアジ6?が効いてますが真鯛はすくのうござる

やはり数より得点の高いものを釣らねば・・・・いつも思うのですが、青物が下手な好人です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

楽しく過ごせた一日

昨日は辨屋やさんでの「ぼすにゃん杯」、予定通り行なわれて参加しました

心配した雨は降らずの楽しい一日が過ごせました

48名もの大勢の参加者

旧知の人、新しい顔ぶれの人、初めての人、沢山の人で賑わいました

この大会ならでの人数でしょうか 

頼まれていたお手伝い。受付だけは出来たけれども、事前の打ち合わせが出来ていない分、用意したスケジュールもなにも進行できなかった

船頭が多いとなんとやらのところもある

一番の問題、ポイント集計にもエクセル表を何種類か用意していたのだが、イカダの上でのBBQに気をとられUSBを渡せずじまい・・・・・

釣果は今一だったが、とっても楽しく一日が過ごせました

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

ぼすにゃん杯

明日は、電脳爆釣団の「ぼすにゃん杯」が辨屋さんで行なわれ、私も参加する

お手伝いも頼まれているので、準備に追い込みをかけなくては・・・・

この大会、HP対抗となっており各チーム6人での釣果を競う

面白いのは罰ゲームがあり、負けたチームには〇装が待っている

幸い好人は過去にチーム優勝などはあっても罰ゲームはない

そろそろ趣向を変えて、あえてチャレンジしてみるか・・・・って、ウソですよ

我が所属は「jackyの本日釣曜日!」で12人と2チーム分となっている

どうなることか・・・・

釣果集計後には小宴会をしたいと思い、BBQの準備もした

参加者全員にはとても振舞えないが、仲良き方々とこちらも楽しみたい

ただ、曇り時々雨の予報が心配だ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

昨日の紀州釣行

昨日の紀州さん釣行=海上釣堀王!決定戦予選会の報告です。

まずは結果・・・・まるで圏外でおました

釣果は真鯛8、シマアジ4、ハマチ1の13匹釣れたのですが、もっと釣った人が一杯

後半の青物狙いが不発に終わりました

K村さんのアドバイス、赤ちゃまの声援をうけてはいたんですが

青物の反応が冷たくて・・・・ハマチ1匹掛けるのが関の山

大物(多分?)も反応はしてくれたんですが、合わせを入れる前にふっと軽くなり、確認すると針がなくなってました

昨日の紀州予選会、終始暴風の中での釣りでした

これを言うと引っかかる人がいるのは分かってますが、あえて書きますと場所の良否がでましたね

南及び南西の風、風力7(??)の強風にて、普段なら営業休止にするところ(社長談)

そのため、特にDイカダはまともに釣りにはならなかったような・・・・

我がCイカダもイカダの中まで波立って・・・・・・

それでもお魚さんは南側に集中でした

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »