« 楽しく過ごせた一日 | トップページ | 2日間遊びまくり・・・ »

2009年7月 8日 (水)

7/1 紀州予選会

7/1(水) 海上釣堀王!決定戦 紀州さん予選会釣行記

と き:2009/7/1(水) 08:00~11:30   2009#26

ところ:和歌山県広川町唐尾 釣堀「紀州」さん C号イカダ 北西&西南 7人乗り

気 象:曇り 一日中暴風typhoonwave(南および南西の風強し)

潮 目:小潮 満潮14:39 干潮07:52 の上げ型だが動きは悪かったかも? 

好人釣果:fish真鯛8、シマアジ4、ワラサ(ハマチ)1の13匹でしたが、今回も圏外どしたcrying

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

サンテレビの40周年記念、ビッグフィッシング“海上釣堀王!決定戦”紀州予選会に出場したpunch

すでに辨屋予選会に出て5位となり、決勝進出へは圏外だったのに性懲りもなく出てきたbleah

結果は多分6位shock

5位のマッキーさんとは1ポイント差なので、多分それぐらいだろう?

この日は6イカダ。各イカダ8人づつ(大小問わず)の計48人(欠員1?)の出場であったが、多分三重からの出場は好人とマッキーさんの2人だけだった?と思う

開催日の直前「赤ちゃま」が応援に来てくれることになり、3人で出かけたrvcar

現地ではK村さんも応援に駆けつけてくれnote、青物奮闘の檄をいただいたがむなしく散った

大会は8前半と後半、合せて3時間の釣り

08:10~09:40 が 前半(鯛・シマアジ放流) 10:10~11:40 が 後半(青物放流) である

開会式の後釣り座の抽選にて、前半「C-1」を引き当てる、後半は「C-7」である

はてさてイカダは分かるが釣り座が???

渡船shipに乗るが海は荒れておりwave、直進では進めないweep(いや進めていない???) 回りこみながら時間がかかってイカダ到着(船の中でお神酒beerをいただく・・・catface

rainはなく曇りcloudなのだが南の風typhoonが相当強い、お陰でイカダが大揺れだ

肝心の釣り座だがC-1は北西の釣り座であった 東北か北東がよいかなと思っていたのだが、まぁいいかcoldsweats01

しかし、北側が不運な結果になろうとは・・・・bearing

なお、欠員分がCイカダだったようで、「C-6」、そう好人の真向かいには人がいない(空きスペースとなった)

左隣が北東。ここには野口?さんという何度も顔を合わしている常連さんなので、抽選段階から今日は声かけしていたが、2人ともえらいめに・・・crying

08:10 いよいよ釣り開始なるも竿下にしか浮きが出せない状態。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

まともに真向かいから暴風typhoondashが吹きつける、右側からにも回りながら吹き止まないsad

そんな中釣りしなければいけないのだが、第一投は小物竿で8.5mの棚、エサは生ミックで投入。竿下だが直後に当たりがあり~のもスカッ!?pout 3回目の当たりで真鯛fishをゲットsmile

次にも真鯛が来てくれましたので北側でも当たりが出るかな? 予想が当たりかなと思えたのはここまで

野口さんも真鯛1匹から当たりが止まってしまった

開始直後に真鯛の放流もあったのだが????? 蚊帳の外coldsweats02 浮きが手前に流れてくる

釣りずらいbearing

シマアジfishの放流があってから、西南というか南西の1/4の面で当たりが頻発しだした

1発目のシマアジを皮切りによく釣れだしたupwardright

北側面および西北面ではまったく当たりが途絶sadえてしまっている、なんとかしたい

なんとか真中まで浮きを飛ばしたいのだが、1.0号錘では強風に戻されて飛ばせないcrying

それでも西北、西南の人が竿を上げているスキを狙って真中に投入できた時sign01

即さま当たりsign03 シマアジfishさんでした

同じ要領で浮きを飛ばしてシマアジfishを4匹ゲットsign01 とにかく真中付近でないと当たりがでない、時間だけが過ぎていく~(´;ω;`)ウウ・・・

真鯛も1・2匹?追加できましたでしょうか、ここまで生ミックとエビ団子(黄)と団子系オンリー!? 他の皆さんはご同様ながら生ミックばかりだったみたい・・・・

とにかく真中および南側半分でしか当たりがでない状態、風typhoonがなければ釣りやすいんですが、よほどうまく放おれないと人の邪魔をしたり、あらぬ方角に飛んでいくなど失敗ばかりwink

後半はC-7位置であり、現在の竿頭の位置に変わるhappy01、なんとかしたいgawk

09:40前半戦終了 真鯛3か4・シマアジ4だったと思うweep

後半戦は青物主体で狙わねばとの思いで一杯でしたが・・・・

休憩中にアジ5匹fishを追加で買った。追加というかマッキーさんに三重から子アユを10匹買ってきてもらっていたのだが、ビニールに入れっぱなしで半分は弱っていたので買い足した格好である

K村さんの指示のもと、朝買っておいたカツオを3枚卸しにし小さく切っておくヽ(*≧ε≦*)φ

後半は釣り座の場所移動し、右の隣の隣C-7(西南)の位置となる、そうだ、前半の当たり場所であるscissors

青物を2~3匹は釣るか、シマアジをあと3~4枚追加するか、石垣鯛など高得点物を釣らないと入賞は無理だが・・・・wobbly

さぁ後半が開始された、みなさん青物狙いであるup

開始前にハマチが放流されたらしいが見ていない????down

当然、青物兼用竿で子アユをつけて8.5mで探ってみるが・・・・反応はないdown

9m、9.5m・・10mdownwardrightと深くしていっても反応はない

とそのとき野口さんから「青で~す」sign01の声が上がる。ハマチみたいだ・・・・notes

即、子アユをあきらめカツオの切り身fishに変更し投入するが、当たりがでるのは他人様ばかり

3人目がかけた頃か、お祭り防止に巻き上げてきた切り身に食いついたsign01 ハマチだっup 待望の青が来たーsign02

(本当のハマチサイズ・・・・ツバスより大きいよ、だがワラサほどもない)

しかし、好人にはこれ1匹down

野口さんは3本目のハマチを釣り上げていたようだが、どうも放流は7本で釣り上げたのも7本だそうな???

そのうちカンパチが3本?放流があったが、こちらはなかなか喰わなかった。

終了間際に、先日もご一緒した松井さんだかにヒットしたが、あとの2本はどうしたものやら・・・・

C&Dイカダは釣りずらかったし、青物の反応も良くなかった。AやBではよく上がっていたというのに・・・・weep

赤ちゃまやK村さんの応援や檄punchをもらいながらも、なかなか青物の食い気が出ないので、嫌気がさしてきてシマアジや鯛さんを狙うことにhappy02

時間は半分ぐらい過ぎてしまっていたか???

やはり西南の前には魚がいましたねぇsign02

真中付近の9m、生ミックおよびエビ団子で次々に当たりがでますupnote

スカッ!?を引きながらも投入ごとに浮きが消しこむんだなぁupwardright、赤ちゃまと顔を見合わせながら「ニッコリ」happy01

4~5匹は釣れたでしょうかscissors しかし、すべて真鯛ちゃんfish

せめてシマアジがきてくれて・い・た・ら、たら・ればの世界ですcoldsweats02

後半も半ばから真鯛の引きを釣りを楽しみましたが、狙いの青は1本しかきませんで、松井さんが掛けたカンパチを釣り上げている最中に時間がきてしやいやした

早々に撤収です

結局この日は真鯛が8匹、シマアジ4匹、ハマチ1匹で8点+8点+3点の19点だったと思います、残念!?

表彰の段階になり、マッキーさんは20点で5位でしたsign01

その段階で、好人は圏外だとは分かっていましたが得点計算しておらず、どれぐらいかは不明でした

1位が29点、2位が27点、3位が25点、4位が21点、5位が20点となりましたsign03

1位の方はカンパチ2とシマアジ6?が効いてますが真鯛はすくのうござる

やはり数より得点の高いものを釣らねば・・・・いつも思うのですが、青物が下手な好人ですcrying

|

« 楽しく過ごせた一日 | トップページ | 2日間遊びまくり・・・ »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537195/45544909

この記事へのトラックバック一覧です: 7/1 紀州予選会:

« 楽しく過ごせた一日 | トップページ | 2日間遊びまくり・・・ »