« 5/9 傳八屋さん釣行記~1~ | トップページ | ナビゲーション »

2009年5月12日 (火)

5/9(土) 傳八屋さん釣行記~2~

5/9(土) 傳八屋さん釣行記~2~

と き:2009/5/9(土) 6:30~13:30の夏時間

ところ:南伊勢町迫間浦 傳八屋さん 10号(八角)イカダ 東南側 8人乗り

気 象:快晴(風が心地よい) 大潮(中) 満潮5:17 干潮11:55(鳥羽港)

同行者:jackyさん、マナブンさん、おさむちゃん、若ちゃん、モックン、京都人&かずこは~んご夫婦と好人の8人

好人釣果:fish真鯛7・ヒラマサ2(Big1)・シマアジ2・ヒラメ1・イサキ1の13匹と魚種もよろしく大漁の部類でしたねぇsign03

~~~~~~~~~~~~~~~~~~2~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日はモーニングサービスがよく、魚ちゃんの活性が高いのではないかと思った、うん、おいら達の場所だけ??・・・smile でもおさむちゃんにも若ちゃんにも当たりがあったもんなー・・・。

時間的経過がもう薄れちゃいましたが、放流までに2~3匹釣れここ暫くの釣行との違いを思っていた(放流まで1匹どまりが多かったcrying)。

1回目の放流fishが早くも7時半頃にはやってきた。鯛・イサキ・石垣・シマアジ・グレとそれぞれ少々放流された・・・思ったよりすくないないなぁ、と呟く・・・。( ゚д゚)ポカーン

やっぱり放流があると活気付くrock 鯛にシマアジにと釣れて来るが棚は6mに変えている。真中近くの6mで鯛1もシマアジ2もきた。特にシマアジは隣の若ちゃんが最初に釣り上げたので、これはと狙ったら思い通りに喰ってくれて嬉しかったですなhappy01

そのうち東南の際にも寄りだしたのか竿下で当たりが出だしました。丁度マナブンさんが隣に出稼ぎに来ているときに、若ちゃんに当たりがあり急に魚が上っ面に浮いてきたんですsign02 そして東北側に走り出すsign01 うまく竿を上げその下をくぐってもらってお祭りにはならなかったんですが、なんと大鯛sign03 朝一から若ちゃんの前をグレに混じって泳いでいた魚ですが、いやぁ驚き驚きの大きさsign03 

実はこの時は余りの走りにプッツンしたんですがweep、大分たってからまた若ちゃんに釣れたんです。fish 多分同じ魚のように思うのですが、今度は無事にタモ入れされましてスカリの中に・・・。傳八屋さん備え付けのタモでは入りませんねあれwinkとにかくデカイsign03 どうして食べたのかなぁ、美味しかったのかも気になるところです。note

そのうちかずこは~んが横にやってきて座り込みます。confident虫エサをくれと言われイシゴカイを上げました。そしたら竿先がお辞儀をしはじめるじゃあーりませんか!despair しっしっと魚を追い払おうとしましたが叶わず、ギュンと竿先が入り釣られてしまいましたcoldsweats02、そう石鯛でした・・いいサイズでシュン太郎ちゃん・・戻ってきてあつかましくもまた虫くれという、そしてこともあろうに2匹目をゲットしたんですcrying石鯛fishクッソーでしたな。

好人も虫で狙ったんですよbleah でも来たのは鯛ちゃんで????? その後奥さんは好人に海に落とされると思い寄ってはきませんでしたなhappy01

モックンに石垣鯛やおさむちゃんにヒラメなどきてましたねpunch

今日のハイライトハは青物放流後に来ましたな。

まず不思議というかなんちゅうか・・・・。 活きアジで鯛釣りの巻きcatface

放流直後、折角買ったアジfishですので使わねばと思い、兼用竿に5号錘を負荷させて9m付近を狙ったんです。狙い通りに、ガツガツというか当たりを感じました。暫くして乗ったのを確認しての「青で~す!」コール一番乗り、皆に竿を上げてもらいます。coldsweats01 でも?よく引くのだけれど上がりが早い、うん?、鯛だ鯛だ・・・・happy02

ところがですね、このあとjackyさんと他の誰だったか?にも同じ現象がおきたんです、そう、活きアジに鯛? 起こらなくはないが続くとは??? どうもサスケヤさん購入のアジが小さく鯛でも食べれるぐらいだったらしい・・・・happy02

そのあとjackyさんが鯛やシマアジを西側より底近くで釣ったようなので、シラサで攻めることにした。

大粒シラサを4匹の房掛けにして真中9mに投入、暫くして浮きが微妙に動いている・・・が一気には入り込まない。黄色の目印まで入ったのを確認してシャクリを入れた。重いsign01すぐに「青」コールするがなかなか上がらない・・・・青物竿ではないし道糸5号ハリス4号仕掛けなので無理もできなくて・・・・しばしの格闘後見えてきたのはBigヒラマサ。sign02 海面まで来るのだが何度も反転を繰り返しながらもマナブン?がタモ入れしてくれました。デカかったですね(検量時7Kgありました)。scissors

そのあとです、今度は9.5mともう少し深くして同じようにシラサの房掛けで投入したら再度の当たりです。今度も「青sign01」コール、気分よろしでー。note これも時間がかかりながら取り込めたのは先ほどよりは小ぶりですがヒラマサです。happy01

最後はヒラメpunch

3度目の正直? 柳の下のどじょう? 違う違う、2度あることは3度ある!? と思い、happy01  もう一度9.5mあたり、シラサの房掛けで今度は北よりの真中に放り込みます。と、まもなくして浮きがすーと入り大きくシャクリをいれまちたsmile 今度は軽いが魚の反応ありannoy急いでリールを巻き込みますと、上がってきたのはヒ・ラ・メnote ウレピーでしょうかgood

これで今日の釣りは終わりにすることに気持ちがなりましたが、楽しい時間を過ごせましたね。運で釣る好人目には幸せな一日でした。最初の人の組み合わせから場所抽選。ジャンケン負けてのベコ。空いていた場所が東南側、いい場所に入れました。もちろん結果論ですが、今日は東側に当たりが多かったと言えるでしょうね。ただ、潮の流れはわかりません? 自然の動きもわかりません? だから運なんですhappy01

今日は朝一8.5m(真中)、日中は6m(真中・際)、終盤は9m、いずれも好人の測りで。場所は真中に東南側と東側際。エサは花エビ、甘エビの黄色で鯛、シラサでヒラマサ・ヒラメ、ミックでシマアジが当りましたね。エビ団子の素及び団子は使わず来週用に持ち帰りでした。

今日ご一緒いただいたみなさんに感謝です。

|

« 5/9 傳八屋さん釣行記~1~ | トップページ | ナビゲーション »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

 ヒラメ タモじゃないのー(笑) シラサねえ-。
7日はシラサは駄目で 石ゴカイが良かったですが..
どしゃぶりとピーカンの差でしょうか。にしても よう釣らはるわねえ、あやかりたい。
 7日は梅雨グレモードなのか?グレだけは誘ってないのに遊びにきてくれましたー。シマアジご一行さんは行方不明でしたが。。

 17日は北進遠征頑張ってくださいねえ。天気は、まあねえー。日向はここ10年行ってませんが、なんせ深いんで,朝は重め錘でタナを必死こいて探ってましたねえー。当時はミックも魚カシも無くて 柔らかさの違う団子を何種類も持参して朝、昼と分けました。昔はパイプ椅子、クーラー持込みNGでしたが。。今はどうなのかなあー。 巾着状になってるんで、結構お外でから湖内に入り込んだハマチやら釣れて楽しかった覚えありますが。まだ早いか。台風明けが良かったような。

投稿: TAKE ちゃん | 2009年5月13日 (水) 02時48分

どーやったって、「運」だけじゃぁこれだけ釣れねーべ。(笑)

大漁おめでとうございました。
この調子で、17日もがんばってね~lovely

投稿: イケチャン | 2009年5月13日 (水) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537195/44985612

この記事へのトラックバック一覧です: 5/9(土) 傳八屋さん釣行記~2~:

« 5/9 傳八屋さん釣行記~1~ | トップページ | ナビゲーション »